小倉さん | tk8 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=33761996

小倉さん | tk8 [pixiv] うまいわw

おはよう、しゃしゃ。週刊文春が報じている。
覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された庄司哲郎容疑者
薬の資金源がとくダネの小倉智昭さんらしい。

驚いたのは逮捕された庄司哲郎容疑者の年齢が49歳
小倉さんは69歳なんだね。

彼らの関係については文春含め、
別のサイトが書くだろうから、私は違うところを見る。
もちろん、しゃしゃに通じる部分だ。

小倉さんが「何度も資金を渡していい」思った「決め手」
はどこから来るのだろうか、お金ん岡地について考えたい。

 

お小遣いを得すぎると安易な考えを抱きやすい

庄司容疑者は小倉さんに何度かお金を要求していた。
彼が描いたイラストを小倉さんに売ったり、
お小遣いとしてお金をもらっていた。

他人から「お小遣い」をもらえる事実に驚く。
(イラストを売る形で、ビジネスはやっていたそうだ)
小倉さんはなぜ許したのだろう?

庄司容疑者は小倉さんをかねてから「兄貴」と慕っている。
小倉さんは彼の姿を見て「情け」をかけてしまい、
支えてやろうと考えたのだろう。

人を支えるのは当人の自由だ。
問題は支えてもらっているにもかかわらず、
容疑者は小倉さんに迷惑をかける行為をやらかした

お小遣いをもらうと、自分でお金をきちんと稼ぐために、
あれこれ頭を使ってビジネスを行うのでなく、
「なくなったら、小倉さんからもらえばいいや……」
安易な考えが浮かんでしまうよね。

なお、庄司さんについてはこれらの記事を参照してね。

参照:庄司哲郎とは一体?

記事:覚醒剤逮捕の俳優は小倉智昭が資金源だった

文春:「とくダネ!」激震!小倉智昭が覚せい剤逮捕の俳優を資金援助

 

たかる能力について

人にたかる方法として、心が図々しいこと。
後、自分は相手に「対価」を支払っているんだと確信すること。

韓国が日本に行う技を見ると、
「たかる相手を攻撃し、後ろめたさを与える」
「表では威勢の良い発言、裏では土下座」と、
相手の心が持つ「弱さ・情け」がないと、たかりは無理だ。

ただ、たかり続けると……心が卑しくなる
気づいたら「こいつはたかる人」認識され、遠ざけられる。
人の噂にも立ってしまうのだ。

たかり能力は短い目で見ると「資金を得る」など、
物を得るメリットが大きいけれど、
長い目で見ると「人間としての器・信頼」が大きく下がる。

人間としての器が下がると、新しいことをやろうとしても……
自分の中にある「恐怖心」が邪魔をして、
せっかくやりたいことに対し、引いてしまう。

やりたいことは「いばらの道」であり、たかるのは「安易な道」だ。

安易な道にばかりいると、目の前に流れるチャンスに気づかず、
自分を反省する時間すら持たずに我欲がたまり、
恐怖が訪れる瞬間」におびえる。

しゃしゃはどうだろう?
安易な考えを持っているなら、捨てたほうが良い。
でないと、訪れるのは「恐怖」だからね。

心の中では、すでに気づいているはずだよ。
(気づかぬ場合、今すぐ哲学を勉強すべき)

関連:舛添要一元都知事の金銭能力について

 

相手に要求をしてもよいとき

「たかる」という言葉が独り歩きすると、自分がとてつもないピンチでも、
「相手に頼ってはいけない」行き詰まり、しくじる。

私は一度、大きなピンチがあっても誰にも頼らなかった。
結果、とんでもない目に会ってしまった。
そのため、時と場合によって「頼る」必要性を学んだ。

最近、仕事関係であるものを得なければならなかったが、、
今ある資金では購入できない。

そのとき、お仕事相手の一人から依頼の電話がかかってきた。
「対価もなしにたかるのは、人として最低」思いながらも、
得るべき商品が依頼人にも必要だと(勝手に)考えているので、

「すみません、先に前払いでお金をいただけませんか。
~がほしいのです、これはKさんにも必要です。
なぜなら~(理由を述べる~
、なのでお願いできますか?」

勇気を振り絞っていったら、
「いいよ、うちの経費で落としてあげるよ(俺が買ってやる)」

彼は快く承諾してくれた。まさかの結果に驚いた。
しゃしゃが「どうしても欲しい」ものがあり、理由もはっきりしている。
でも購入する金額がないから他人に頼ろうとする。

そのとき「理由があり、相手にも必要なもの」を伝えると、
相手が認めてくれる確率は高いよ。

必要なのは「説得する覚悟」と「相手の要求を満たす」ことだ。
要求を満たさずに資金をもらったら信用が落ちる。

関連:泉田知事と韓国フェリー

 

お金って何だろうね?

今回の事件、マスコミは大きく報じるかなあ?
小倉さんがとくダネに出ているから『配慮』するんじゃないか?
言われているよ。私にはどっちでもいい。

小倉さんは庄司さんに30万円以上の資金を渡していた。
彼にとって30万円は、たいした金額でないかもしれぬ。

庄司さんに30万円以上も「もらえる」能力(信用)があったわけだ。
信用を得るために、何をしたらよいのか?

そこをきちんと考え、誠実に生きることが大切だ。
(時と場合にはずる賢さも必要)

お金の本質について知るなら上記動画を見るか、
下記の本を何度も読んで、お金の本質を知るといい。

お金に振り回されると、相手に意思を乗っ取られやすい。
そういう人生がいいなら別にかまわないが、
嫌なら「お金の知識」はいろんな方面からつけておこう。

アマゾン:君は1万円札を破れるか?〜お金の洗脳を解くと収入が倍増する

 

おまけ:庄司容疑者の絵

庄司哲郎容疑者の絵

※ グーグルで調べた結果

私も絵を描く人間として、庄司容疑者の絵を見た。
お肌の陰影・光のさじ加減を良く描けている。
髪の毛の白髪が細かくて、すごいよ。

刑務所で脱・覚せい剤をしてほしいものだ。

絵のうまい人は文句なしに尊敬する私にとって、
絵を見てショックを受けているよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket