Pocket

おはよう、しゃしゃ。
私はインスタグラムにイラストを投稿している。
色鉛筆を使って画用紙に人物を塗っている。

ところで、色鉛筆を使っていると、
「白って何に使うのだろう?」気になるんだ。

YOUTUBEで色鉛筆と検索すれば、色鉛筆の塗方がいくつか出る。
白色を使う機会を全く考えておらず、調べてすらいなかった。
昨日、色鉛筆に関する本を書店で見つけたとき、

「ああ、白ってこういう使い方をするのか」気づかされたよ。

 

林亮太氏の色鉛筆本に気づく

「すごいな」思う画家に出会った。
林亮太氏が書いた色鉛筆のテクニック本だ。

「少しでも色鉛筆塗りのレベルを高めたい。
もっと滑らかに、もっとリアリティを出し、
もっと、もっとうまくなりたい」

思っているなら今すぐ読んで取り入れてみて。

本:色鉛筆リアル画 超入門 (The New Fifties)

どう塗ればリアリティを出せるか。
絵具やCGペイントに負けないイラストを描けるか?

色鉛筆で柔らかく、色を重ねて塗っていく。
色鉛筆以外の「道具」にも衝撃を受けたよ。

少しでも色鉛筆技術を上げたいなら読んでみよう。

 

色をなじませる白

白色鉛筆比較

白色を使う(画面右)と、色の「強さ」が収まっている。
はっきりと対照(コントラスト)を出すなら使わない。
ぼやかして、対照を弱めるなら白色を塗る

白色を使った後に他の色を塗ると、
筆圧を強く入れないと、きちんと塗れない

白の使い方に気づいた後、知恵袋で調べてみた。
「今更調べるのw」自分に突っ込んでしまうけれど、
「白って何に使うのか?」疑問を抱くまで、関心がなかった。

ある物事に対し「疑問を抱くまで」関心すら持たない。
ビジネスはもちろん、創造にも大切だ。

 

おまけ:Dropboxを使って

dropboxと色塗り

パソコンからスマホ、
別のパソコンへ共有するソフト、DropBoxがある。

ダウンロードはこちら:Dropbox
(スマホアプリならDropboxと調べよう)

Dropboxを使うと、ファイルを共有できる。
ひとつの使い方として、自分が今作成中のイラストをパソコンにあげる。

スマホのカメラ機能を使い、写真を撮った後、
Dropboxアプリを開き、パソコンへ写真を送る。

CGイラストをパソコンで描いているなら、Dropboxを使ってスマホへ送る。

別のパソコンを持っているなら、別のパソコンにも送って確認する。
私はCGイラスト制作用のパソコンと、記事を書くノートパソコンを使い分けている。

いろんな媒体で画像を見つつ、気になるところをメモ書きしていくと、
「次は何が必要か?」がわかりやすい。

祈り

画力が上達すると、少しずつ色塗りについて意識する。

「何も考えないで塗る、流れ作業のように塗るよりは、
肌一つにも感情を込めよう。骨や筋肉、こうだよな、違ったかな?」

職人は私たちが意識しない部分ほど気を配っている。
気を配る箇所を増やしていくのが、上達のコツだと考えているよ。

「画力を少しでも高めたいなあ……」思ったらぜひやってみてほしい。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket