ポンド暴落

おはよう、しゃしゃ。
虎ノ門ニュースを見ていたら、ポンドが大暴落していた。
(日本時間午前8時15分ごろ、英国は前日午後11時ごろ)

ツイッタートレンドに「Twitter社」が上がっており、
経営難のツイッター社をどこの企業も買収せず、株が大きく下がった。

何が起きているのだろうね。

 

株が2割も暴落したツイッター社

Twitter社

ツイッター社は広告によるビジネスモデルをとっているものの、
それ以外の収入形態がなく、赤字続きだ。
経営難に陥って、どこかの企業が買収するのではないか?

言われていたんだけれど……どこも買収しなかった。
結果、株価が一気に下がったよ。
参照サイトでは買収のうわさが消えた記事と、
赤字になった理由について考察しているよ。

広告ビジネスだけではもう、成り立たないのねえ。
他にできることって何だろうね。
このままだと、インスタグラムも同じ運命をたどりそうだ。

参照:ツイッターが赤字になった理由

参照:買収の噂が消えてTwitter株、20%暴落

 

ポンドが大下落、何が始まる?

ポンド下落2

ポンドが下落して円・ドルの価値が高まり、
ドル・円高傾向となったよ(その後、すぐに回復)

現時点で速報は入っていない。

Twitter本社の株価下落が原因かなと思ったのだけど、
本社は米国にあるから関係ない

ポンドが大下落した時期はEU離脱投票だ。
離脱賛成が勝利を収めるとわかったとき、
ポンドは大下落し、日経平均株価も大きく下がった。
(反面、英国の株価は大した下がらなかった)

テロでも起きたらすぐ情報が入ってくるのに、
まさかとは思うけれど……システムがハッキングを受けた?
あるいは誰かが誤ってポンドを大量に売って円に換えた?

それとも意図的にイギリスを潰す意味で、
チームを組んで一斉にポンド下落を狙った

記事:EU離脱恐慌時でどの分野が儲けたの?

 

ジェイコム誤発注事件

2005年に株式会社のジェイコムでみずほ証券の担当者が、
誤って発注を間違えた。警告も無視した。

結果、株価が大荒れして儲けた人もいる一方で、
大損をこいた人も現れた。

ポイントとして機械でなく人間の手によって、
株式市場に混乱を与えてしまった

機械が間違えていなければ、
誰かが故意に金融市場混乱を起こしたと考えている。

 

他の相場で気になった

世界の株価

世界の株価より

ポンド大暴落は8:15ごろだ。気になる下落/上昇として、
「人民元/円」「カナダドル/スイスフラン」だ。
もちろんポンドは大きく揺れているよ。

ゴールドや原油を見ると、
ゴールドが下落した半面、原油が上がっているんだね。
後、バルチック海運指数も下がって、少し上がっている。
(どれも世界景気を示す一つの指標)

バルチック海運指数

ここらでも何かがあったのだろうか?
人民元も下がり(円高)、ポンドも下がっている。
英国は中国に原発発注をはじめとして、投資を頼み込んだ。

このときイギリスらしいずる賢いやり方で、
習近平国家主席を扱ったのだけど、
どんなやり方かはこちらを読んでね。

記事:習近平国家主席とエリザベス女王のやり取り

 

ポンド下落のメリット

ポンド下落はどういう形で日本に有利な状況をもたらすのか?
円高ドル安(ここではポンド安)のメリットを確認しよう。

海外輸入品や原油を安く仕入れ、
海外旅行にかかる費用も高くない。
(外国人観光客が減る。今回は英国人旅行者)

参照:円高のメリット・デメリット

FXは一瞬で大儲け/大損が確定するから怖い。
テロ事件が起きたときはもちろん、
多くの投資家が失望すると、円高になる。

相場は少しずつ回復に向かっている。
焦って対処するより、時を経てから対応したほうが被害は少なくて済むね。

原因がわかり次第、追記していくよ。

 

日記や作品情報

インスタグラムに乗せた画像を直接貼り付けると、
HTMLが長くて不便なので、ツイッターに一度アップロードし直し、
はりつけると……って、どうでもいい情報だね。

久しぶりに梨を食べた。みずみずしくておいしい。
旬に沿って、最も適したフルーツを食べる。
日本ではほとんど当たり前だけど、外国ではそうじゃない。

四季がある日本、おいしい梨に感謝。

何かを創造する場合も「感謝」することで、
感謝した先が持つ良さに気づくよ。
すべての物体にはエネルギーがある。
感謝して初めて「エネルギー=魅力」に気づくんだ。

記事:この素晴らしき気の世界の表紙が

気の世界について深く知りたいな~思ったら読んでみてね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket