茨城県地震

おはよう、しゃしゃ。
熊本地震から1か月、今度は茨城県で地震が起きた。
中央構造線に従って、地震が起きている。

あるスレッドでね、2062年からきた「未来人」が、
大地震について予言をしていたらしいんだけど……

 

南海トラフ地震の引き金?

南海トラフ

16日の午後5時50分あたり、日向灘を震源とする地震が起きた。
これが「南海トラフ」地震につながる確率が高い。警戒をしているよ。

南海トラフは上記画像において、囲んだ場所。
四国の南に位置する海底にて、非常に活発で大規模な地震発生帯だ。

仮に大地震が起きて、津波が発生したら……
国内被害だけでなく、防衛を意識しないと「乗っ取り」に来るだろう。
色々な意味で備えなければならない。

参照:日向灘沖⇒南海トラフ玉突き大地震に注意が必要

 

エクアドルでM6.7の大地震(18日)

18日になり、日本では地震が起きなかったけれど、
南米エクアドルで再びM6.7の大地震が発生した。

ただ大きな被害は報告されていない。
未来人の予言は外れた。未来は誰も分からないという事実だね。

過去記事:エクアドルで地震発生、株価とのつながりは

 

電磁波と地震

電磁波データ

参照サイトにて、未来人の地震予測について書いてあった。
熊本地震があったよね。

14日に震度7が訪れ、あさって16日に震度6の大地震がやってきた。
震度7は前触れで、あさってが本震と。

私が師匠から知ったデータの一つに、磁気嵐(ETS8 MAM)データがある。
データに乱れが訪れると、異変が起きる確率があると述べていた。

岩石の一つに「石英」がある。
石英:無色鉱物でNa+やSiO2成分が多い酸性岩)
地殻変動によって石英に圧力がかかり、電磁波を発する。
電磁波:電波と磁場が直交しながら進む波

地中において「多くの」石英が破壊されると、
断層にまで影響を与える、これが地震とされているよ。

ただし、確実に来るというわけではない。
あくまでも「確率」の話として、押さえておきたい。

参照:2062未来人の地震予言が的中

参照:電磁波ノイズと地震の関係

参照:宇宙環境計測システム

過去記事:地学の参考書って少ない(センター対策つき)

 

信じるよりも備える

上記参照サイトにおける、未来人が本当にそう述べていたか。
いたずらに不安をあおっているか。私にはわからない。

データの一つとして未来人の意見を聞くなら、
何もしないより「やってくる」と想定し、意識して対策をとろう。
今、数秒後に訪れてもおかしくはないからね。

過去記事:熊本地震において注意せねばならぬこと

過去記事:リポートハラスメント(リポハラ)のひどさ

熊本地震において、課題は結構あった。
休む場所や水の確保などだ。

しゃしゃの住む家において「崩れるかもしれない」
不安を抱くなら、テントを確保しておこう。
近くのホームセンターやネットショッピングで手に入れるといいよ。

テント(楽天へ):ワンタッチ「ポップアップテント」

テント(アマゾン):キャプテンスタッグ テント クレセントドーム テント [3人用] M-3105

お水はお風呂に水を張る人もいれば、
ペットボトルを購入する、水道水を沸かし、
やかんやポッド、空のペットボトルに入れるなど、対策がある。

飲料水の予備確保として:クリスタルガイザー(500mL*48本入)

デスクトップやノートパソコンをお持ちなら、
バックアップは必ずしておこう。

おすすめ:EaseUSバックアップFree

18日に何も起きなければよいけれど、
「もしかしたら」を考え、備える行為こそ大切だ。

 

地震や災害の多発は何を意味する?

地震や災害、あとは他国による脅威など、
日本としては「危機」に立たされているような印象を受ける。

基本、人が危機に陥ると夢から覚める。
そして「事実」に従って行動する。

さらに東日本大震災や熊本地震や、
寄付(中には悪用する愚か者もいる)を通し、
「日本とは?」「日本の良さ・課題」について考えさせられた。

東日本大震災において、政治に関心を持った人は多かった。
(それ以前に尖閣諸島沖による中国漁船の衝突かな)
政権交代に続く伏線だったね。

しゃしゃはどうだろう?
日本に住んでいるなら今一度、日本を見直してはいかがだろう。

このブログは海外でも読まれています。
ご自身が住んでいる国の歴史を今一度、調べ直してみましょう。
すると、色々な事実や不都合な出来事が見つかると思います。

 

未来人は目の前にいるんだよ

未来人が本当にいるかどうかなど、私にはどうでもいい。
予言もしょせん、確率の一つだ。
確率がゼロではないのだから、意識して備えておこう。

それだけの話。
ところで、しゃしゃの中にも「未来人」は存在する。

例えばしゃしゃがRPGを行う際、ボスと戦っているとする。
「ボスはこういう攻撃をしてきそうだから、次はこれで対処してみよう」

「相手」の動きを予測し、対策を練る行為。
まさに「未来人」が述べているようなものだ。

未来は常に予想外をもたらし、何が起きるかなどわからない。
だからこそ、現時点でつかんでいる情報を頼りに推測を行う。

未来人はしゃしゃの中にいつもいる。
「この先」自分にどんな人生を歩んだら面白いか。
そのため「今」何をすればよいか。

少し先の未来を見渡したうえで、今できる行動をしてみよう。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket