19450124 | 由岐シュウカ [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55051793
※ 19450124 | 由岐シュウカ [pixiv]より、1945年1月24日に時雨が轟沈。

ども、しゃしゃ。さっき入ったニュースにより、
アルゼンチン(南アメリカ大陸)が中国漁船を撃沈した。
中国漁船はアルゼンチンの停船警告を無視し、むしろ体当たりをしてきた。

面白くなってきたね。日本は今後これに続くのだろうか?

 

アルゼンチンと中国の関係

2015年10月時点で、中国はラテンアメリカへ投資を拡大している。
アルゼンチンは70億ドル(9,380億円)の融資を受けた。

しかし中国式取引もきちんと行い、現地で労働争議が起きている。
また商品のほとんどが中国製ばかりとなっている。

※ 中国式海外取引の一部
・融資する相手国の開発に中国企業の参加が必須。
・中国から労働者をアルゼンチンに派遣せよ。
・中国製の資材を使え、現地産は使うな

中国式取引の問題は「現地にお金が下りない」ことだ。
一部の人にお金が渡るだけであり、納期や資金も保障がない。

日本でも中国を利する行為を行い、
自国内に損を取らせる選択を取る人はまさに、中国式取引を交わしたとみていい。

参照:ますます増大する中国のラテンアメリカ投資

参照:中国がアルゼンチンに融資

 

中国式海外取引と他国

[blogcard url=”https://www.megabe-0.com/archives/4785.html”] [/blogcard]

中国は色々と勉強になる国だ、海外における人付き合いや取引、
どうすれば長い目で得をするのか、短い目で利益を得るのか。

[blogcard url=”https://www.megabe-0.com/archives/3971.html”] [/blogcard]

世の中を少しでも広く見渡したいなあと考えているなら、ぜひ読んでおこう。

 

アルゼンチン経済

アルゼンチンGDPは約6,103億ドル
放漫財政やフォークランド紛争の敗退などを通し、
2001年にデフォルト(通貨が紙くず)になった。

その後南アメリカ諸国の関税同盟(メルコスール)を結び、
EUのような自由貿易を結んでいるよ。

アルゼンチンの地図

日本はアルゼンチンに対し、どのような対応を取っているか調べた。
外務省によると、鳩山邦夫(アルゼンチン友好議員連盟会長)議員が昨年訪問。
それ以外はあまりやっていないんだよね。

参照:アルゼンチン(外務省データ)

 

尖閣諸島沖漁船と変わらない

2010年(当時民主党が与党)に、中国漁船が日本の海上保安船とぶつかった。
その後、動画があったものの政府は公開しなかった。
しかしsengoku38こと一色正春氏により、見事に公開された。

公開後に中国との関係はますます冷えたが、
日本の内政にはたいした悪影響が出なかった。
むしろ民主党が中国に配慮しすぎて、国民から不満を買った。

今回アルゼンチンはきちんと漁船を撃沈した。
中国側から反発が来ても、毅然と対応すればいいだけの話。

日本はなぜこの対応ができないのだろう?
海上保安隊だって攻撃を受けたのだから、撃墜をしてもかまわない。

撃墜すると、メディアや一部の市民が騒ぐだろう。
そこを想定して攻撃しないのだろうか?

海外から見ると滑稽に見えるかもしれない。
「自国内に違法商業船がやってきて、警告しても無視して体当たり。
撃ち落としたら日本国民が『撃ち落とすな、戦争だあ』って騒いでいる。
先に日本が攻撃を受けたのに、こいつらは何を言っているんだ?

 

休憩:ホワイトデーにケーキ

動くいちごちゃん

先日ホワイトデーだった。私や子供の誕生日・卒園式他、
色々含めて購入した。イチゴがまるで生き物みたいに見える。

 

国民がどう考えるかだね

アルゼンチンのような事例が起きた場合、
日本は違法漁船がぶつかる動画を保存し、きちんと公開する。
国民だってバカじゃない。現実を認識して考える。

だからこそ私たちに必要なことは一つ。
日本が置かれている「軍事による現実」を直視しよう。

 

影にある情報戦

私は「すでに戦争は今もこれからもずっと続く」考えている。
戦争は何も武力による攻撃だけではない。

今回のアルゼンチンに対する中国の対応や情報戦略。
大きな目で見れば戦争の一つだ。
何しろアルゼンチン国内に仕事が下りず、貧しくなる一方、
スーパーマーケットでは中国商品ばかり置かれている。

2016年を通して国民が知る事実は一つ。
「マスメディアの意見はあてにならぬ」

いろんな国が仕掛ける「情報戦略」を通し、少なくとも騙されにくい人間にならないと、
これから先、しゃしゃが大損をこいてしまう。

そうなってほしくないと強く考えるからこそ、情報を分析する訓練を怠ってはいけない。

 

情報分析の入門

分析入門は「受験現代文」の勉強をすべきだ。文脈把握を主な目的としている。
文章の中から主要な情報を見抜き、「相手の話を疑う力」を身に着ける。

もちろん、私の話も疑った状態で冷静に読んでいこう。
少しずつ感情を統制できるからさ。まずは文書読解から初めていこう。

[blogcard url=”https://www.megabe-0.com/archives/1328.html”] [/blogcard]

上記サイトで現代文について扱っているから、そちらも読んでおくといい。
また佐藤優氏による「読書の技法」は基礎知識がないと、
速読もインテリジェンスもできないという事実を述べている。

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

今すぐ知識を付けて、今後の社会情勢を冷静に分析したい。
考えているなら読んでおくといいよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket