Pocket

ティラノスクリプトをインストールした後、
ついでにティラのビルダーも入れておきますと、
色々役に立ちます。

 

文字入力はスクリプト

ティラノ

HTMLができる人はティラノスクリプトで入力したほうが、
やりやすいと思います。
ほとんどHTML入力と変わりありません。
特に文章を打ち込むときはスクリプトでやった方がいい。

ビルダーだと面倒なんですよ。

 

ティラノビルダーの改行問題

スクリプトの中

例文を出します。

やった、千鶴は思った。
あの時私は自分の宣言したことが間違っていなかったんだ。
間違っていたらやっぱりきついもん

普通にティラノビルダーで打ち込むと、

やった、千鶴は思った。[p]
あの時私は自分の宣言したことが間違っていなかったんだ。[p]

なってしまい、改行になかなか結び付かないのです。
やりたいことは改ページでなくただ改行すること。

やった、千鶴は思った。[r]青時私は自分の宣言したことが間違っていなかったんだ。[r]

[r]をくっつけることです。
以下のようにしてはいけません。

やった、千鶴は思った。[r]
青時私は自分の宣言したことが間違っていなかったんだ。[r]

これで実際にサンプルゲームを見ると

やった、千鶴は思った。[r][p]
青時私は自分の宣言したことが間違っていなかったんだ。[r][p]

改ページになってしまうのです。
だから、ビルダーでやる場合は文章をくっつけること。
ただ、見にくい上に面倒くさいので、私は使っていません。

 

マクロ作成のヒントにビルダー

ビルダーの中身

マクロ記述することで、文字数を最小限に減らすことができます。
この時、ビルダーのksファイルを見ながらマクロを作ると、
色々書きやすいと思われます。

例えば、背景タグを出す場合、

※ 背景マクロタグ
[macro name=”base”]
[backlay]
[image layer=base page=back storage=%storage]
[trans layer=”base” method=%method|crossfade children=false time=%time|2000]
[wt]
[endmacro]

実際、シナリオファイルに入力する場合

[base storage=風呂.jpg]

%storageという部分に注目しましょう。
「%」は文字入力する際、省略可能です。

なお、マクロタグを入れない場合は

[backlay]
[image layer=base page=back storage=風呂.jpg]
[trans layer=”base” method=%method|crossfade children=false time=%time|2000]
[wt]

このように入力しないといけません。
マクロが分かる場合、タグを入れることで省略ができます。
で、マクロのヒントとしてビルダーがあります。

私がお世話になったのは選択肢です。

[glink  color=”black”  storage=”sentaku.ks”  size=”20″  target=”*tpo1″  text=”aoi”  y=”50″  width=”200″  height=”20″  ]
[glink  color=”black”  storage=”sentaku.ks”  size=”16″  text=”akai”  y=”100″  target=”*tpo2″  x=”300″  width=”200″  height=”20″  ]

長いですね(汗
このうち、常に変える必要があるのは
storage、text、xy座標くらいでしょう。
後は状況に応じて変えていけばいい。

ただ、自分で作るよりはビルダーからスクリプトを開き、
参考にして作り上げていくといいのではないかと考えています。

 

終わりに

基本、スクリプトを使うこと。
ビルダーはティラノスクリプトの辞書代わりとして使うといい。

なお、ティラノスクリプトを使う際、かならず最新版を使うこと。

ダウンロードはここから

最新版が出ていた。
ワードプレスと違い、ちょっと面倒なのよん。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket