社会人の英語学習法!留学経験なくても独学でここまでできる!!

あけましておめでとうございます、今年もよろしくね。

さておはよう。
私は去年秋ごろから英語に手を付けた。

10年以上前から私は「人生をやり直す」意味で、
大学受験用の勉強に手を出した

はじめは現代文、次に数学、次に理科全般、そして社会全般、
現在は英語に手を付けている。

現代文がわかってくると、時間の制約もあって勉強法が雑になる。
受験時代なら「絶対やらなかった」方法で私はやっている。

さて今英語を勉強していて面白い事実に気づいたんだ。

 

前提:機械翻訳も「マスコミ」の一部

上記ツイートを見てほしい。

Inaugural parade viewing stands were taken down.

ツイッターにて翻訳機能があるから使ったところ

初のパレード観覧スタンドが設置されましたdown.

しかし別の翻訳機や言葉のみを切り出して翻訳をかけると

グーグル:初のパレード観覧スタンドが撤去されました。

DeepL:就任式パレードの観覧席が撤去されました。

Weblio:就任パレード見物席は取り壊されました。

ツイッター翻訳はなぜ[down]を翻訳しなかったのか?

単語と文法
Inaugural parade :就任(形容詞、名詞を修飾)パレード
viewing stands:viewingは現在分詞、standsは名詞、viewing standsはparedeを修飾。
were taken :be+過去分詞で受け身を示す。
過去形を使う時:過去の出来事や状態で「今」は違うので過去形。
take down:(他動詞+副詞)は「降ろす、壊す」を示す熟語。

文章だけをみてはわからぬ。

背後事情として米国大統領選挙があり、ツイッター社はバイデンを応援していた。

応援だけならまだしも、現職大統領のトランプさん側に堂々とした検閲を行った。

「政治と会社の事情」が絡み合った結果、
上記元ツイートはバイデン側にとって不都合な情報なので、
わざとdownを翻訳しないまま載せた。

機械翻訳だからといって、すんなりと信用できない。

英語を学ぶ際、政治事情を考えながらやると、
英語を学ぶ意味が理解できると考えているよ。

人からの翻訳は「嘘or扇動」も混ぜ込む確率があって、
結果としてあなたが損失を被るだけ–詐欺–を示している
んだ。

 

なぜ英語の前に現代文が重要か

&

もし私が塾の先生なら、はじめは現代文を学ばせる。
最重要箇所は「出題者の狙い」に気づき答える対応だ。

課題文を読む前に出題者の狙い(=質問の意図)をつかみ、
狙いに沿った形で答えていく。

出題者とあなたの間できちんと意思疎通を図る。

でないと勉強は一方的になってしまい、
出題者が求めてもいない答えを出し、間違ってしまう。

現代文を通して出題者(筆者ではない)と対話できると、
数学や社会、理科などありとあらゆる問題が会話になっている。

もちろん英語も出題者とのコミュニケーションに変わる。

相手が尋ねている事柄をつかみ、きちんと答える。

ビジネスはもちろん創作においても重要な技術だ。

※創作の場合「自分自身が出題者となって狙いをつかまねばならぬ」

 

社会人の英語勉強法と目的

受験生はスマホやパソコンなど、必ずしも必要としないけど、
「英語の深み」にハマるならあったほうがいい。

むしろ今あなたが読む記事はパソコンorスマホでないと読めないから、
最低限の条件を乗り越えているね。

社会人の英語学習法として基本、大学受験と同じ教材を使う。
大学受験が難しいなら高校受験でもいい。

私が手に取っているテキストは

  1. 基礎英文問題精講
  2. 駿台の基礎徹底英文法
  3. 宮崎の英作文(和文英訳)
  4. 高校受験用英語長文(シグマ)

主に「古本屋」で手に入れた。厳しい基準などない。

購入ポイントとして

  • 基礎英文:英文和訳よりも名文に接したい
  • 駿台英文法:要点を突いている
  • 宮崎の英作文:簡潔に面白い視点で描いていた
  • 高校受験用英語長文:英作文及び直読理解の教材として

私にとってのゴールは直読理解及び英作文だ
英語のまま相手の訴えを理解し、日本語を一切頭に入れず、英語で返す

英語に費やす時間は最高1時間(ほぼ毎日)。

まず「英文を正しく読みたい」ため、基礎英文問題から手を出した。
基礎英文の構文と文脈編において、英文と日本文を手書きで書き写すだけ。

基礎英文

書き写す作業がポイントで「体に覚えさせる」ためにやっている。
類題や練習問題はすっ飛ばす。

文脈まで書き終えたらすぐ二周目に入り、少し考えてから今度は日本文を書く。
英文はもちろん全部書いて体に英語を叩き込む。

頭で勉強しても意味がない。
同じように英文法にも手を出し、英文は書くけど日本文はあまり書かない。

かわりに文法解説を書き写していく。名詞、動詞、形容詞、副詞、前置詞……

文法用語を書き込んでいくとだんだん英語が面白くなるし、
文法用語こそ社会人が英語を学ぶ上で大きな助けにつながると確信してる。

文章を読むときはもちろん、書くときも「文法」を頭に思い浮かべながら、
スラスラ読む/書いていくと、相手へ意見を伝えやすくなるし、
相手の意見を正しくつかめると考えているよ。

 

スマホorPCを使って文法の抜け穴を調べよう!

英語をはじめとしてすべての学習において最も楽しい部分は探索だ。

教科書に載っていない疑問がネットには転がっている
ネットだけでなく辞書にも載っているよ。

私が気になった部分として関係代名詞がある。who,which,thatだ。

whoは人、whichは物、thatは人と物両方に使える。
中学校3年生の英語で習う基本項目だね。

しかし次の疑問も生じる。

英語をしゃべる人は、どういう時にwhoとthatを使い分けるのか?
※先行詞が人を示している前提

英文を書く際、どういう時にwhoを使うの?
なぜthat(省略可)を使わない? ご丁寧にwhoを使う?

教科書に載っていないからこそ、ネットで調べたところ……

who, which のイメージ
「(たくさんの中の)どの人かというと・どれかというと」という感じで、他の複数のものの中から「この人!これ!」と指定するイメージ

that のイメージ
「その人はね・それはね」という感じで、軽く説明に入るイメージ

引用:これが関係代名詞の使い方|who, which, that の違いや省略について

教科書に掲載されていない「答えorヒント」がネットにはある!
勉強の面白さは「スキマに生じた疑問」と「解決」だ。

ネットになければ知恵袋で意見を集めればいい。

なお「動名詞」と「不定詞」の使い分けも気になって調べたら、

不定詞=「未来」について話すときに使う

これから、何かの行動をとろう、何らかの状態になろうという意思や感情を表す動詞に付く傾向がある。

動名詞=「過去」について話すときに使う

現在または過去について何かするという動詞に付く傾向がある。

引用元:動名詞と不定詞の使い分け

細かい悩みは実際に英語を使う=作文や会話など時に悩みとして生じるよ。
和訳してる時にはあまり抱かないけど。

 

なぜ文法用語は大切なのか?

受験生の私
なんで文法用語なんて習わなきゃならないんだ?

中学校から高校において文法を習った。名詞、形容詞、副詞……
別に名詞だろうが形容詞だろうが知らなくても、普通に意思疎通できる。

社会人(今)になって再勉強した時、文法用語に助けられた。

文法用語を知っているだけではだめだ。
例えば前置詞、単語だけは知っているだろう。

しかし「意味」と「役割」そして「結果」まで知らないと、
単語を覚えただけでは全く使い物にならぬ。

前置詞:名詞の前におく単語で、副詞句となって名詞や動詞などを修飾する

例:I'm in the house.
in the houseはamを修飾する

参照:前置詞の働き

上記文章にて「副詞句」や「動詞」そして「修飾」が出てきたね。
言葉もわからなければ、私の書いた情報など全くわからぬ。

副詞:名詞以外(動詞、形容詞、節など)を修飾する
修飾:ある語句を詳しく伝えるために用いる

文法用語を学ぶと英文を書くときや読む際に役立つ
英文和訳問題は基本、単語や熟語よりも構造が複雑で手間をとる。

文法用語と構文の使い方をきっちりつかんでおけば……

in the house(名詞)はあっても、~in moveを見たとき、
「muveは動詞……だよな、なんでmovingじゃないんだ?」

文章に疑問を抱き、辞書を調べたところ……

「そうか、名詞でもmoveを使うのか。引っ越しとか転勤を示すのか。
そして前の文章にある~を説明している(修飾)んだな」

前置詞という言葉だけを覚えても意味はない。

前置詞(文法用語、名詞、副詞、形容詞など)の意味と役割、
そして結果をつかんで初めて文章を正しく読みor書きできる。

 

文法用語を用いて構文分解を行うと辞書読が面白くなる

学生時代と今の勉強法において最も大きな違いは文法用語と構文だ。

英文一つを読むとき、文法用語及び文型、構文を心がけながら学んでいる。

文法用語を使った読解術として英語リーディング教本が一番おすすめだ。

英語を読むだけでなく書くために、文法用語を用いて分解している。
一つ例を出したい、次の英文を読んでほしい。

While my brother is watching the video, I'm writing a report that I have to publish by tomorrow.

訳:弟が動画を見ている一方、僕は明日までに出さなければならない報告書を書いている。

次に私がやる作業は名詞、形容詞、副詞、動詞、前置詞を指摘しつつ、
名詞や形容詞、構文がどういう働きをとっているか見ていく

例えばWhileは「副詞」なのか「前置詞」なのか「接続」なのか?

わからないから英和辞典を読むと、

While:接続「~する間:副詞節を作る」 名詞「短い間」 動詞「他動詞:+awayでぶらぶら過ごす」

史料:weblio辞書

Whileには副詞節(主語と述語のある複文)を作るけど、前置詞の働きはしない。

上記文章の「主役」は「私」にあるため、
whileからカンマまでの間は「私の動き」を強調する役割でしかない。

「弟は遊んでるのに、俺は仕事なんだよ
→俺に同情してくれよ(読者に伝えたい想い)」

whileが接続詞と分かったので、次にmy brotherは主語、名詞。

この時「myは何か?」疑問を出したら「Iの所有格」と答える。
加えて「my」を辞書で調べたら「代名詞、間接詞(あまりない)」だった。

止ま秋になる部分について、辞書を用いて調べるんだけど、
辞書には単に意味だけを書くのでなく、
副、形、名、動……と書き、動詞の場合は自動詞と他動詞も書いていく

自動詞は基本SVCになりやすく、他動詞はSVO~になりやすい。

watchは同士だけど、自動詞だろうか、他動詞だろうか?
他動詞なら目的語がつく(主語が違う)し、自動詞は基本つかない。

※自動詞の後には基本、形容詞が来る。 

自動詞:人が集まる | 他動詞:(誰かが)人を集める

上記文章だとbrotherとvideoは違う関係なので他動詞ではないか?
(=the videoは目的語として使っている)

watchを調べると「他動詞、自動詞」両方あった。
同じくwriteも「他動詞、自動詞」両方あった。

reportと私は同じ関係でないから目的語、なので他動詞だ。
(I'm a reportとbe動詞を使うなら同じだけど、意味としておかしい)

that以下はreportを修飾しつつ、reportを先行詞にした関係代名詞だ。

と、構文や前置詞を一つずつ確認しながらやっていくと、
えらく時間がかかる一方、文章の並び方にはルール
があり、
読むだけでなく書くときの参考につながるよ。

文章を分解し、単語の使い方を学ぶうち、辞書を読むのが楽しくなった。

古文の品詞分解のごとく、英文の品詞分解をしてくれるし、
正しい英語を読みor書くのに役立つよ。

読本:基本からわかる英語リーディング教本

 

英語リスニング(書きおこし)勉強術

リスニング教材はたくさんある。
私の場合リスニングはあまり力を入れていない。

外人と英語で話す機会がないからだ。

記事を書いているとき、トランプ大統領の演説動画を聞いていた。

トランプさんの発言を通して「ピープォ(people)」と述べていた。

ピープォ→?、でなくpeopleとすぐ脳内変換できるか?
またpeopleを知ってないと、ピープォと聞いてもわからない。

きちんと単語が浮かんでくるかが問われる。

日本人が日本語で相手の話を聞くとき、
わざわざ脳内で英語やイラストに置き換えない。

今、ラジオを聴きながら記事を書いている。
化け物退治に大きな刀を使ったそうだ。

言葉を聞いているとき、イメージしようと思えばする。
たいてい脳内にイメージも思い浮かべず、ただ聞き流している。

何の話をしているの?
相手に尋ねられた時に「お化けの話をしていたんだよ」答える。

英語も同じだ。英語のまま単語や文章を聞き流す。
最後に「何についてしゃべってたの?」問われたとき、
簡潔に相手へ伝えればいいだけ。

ポイントは英語を英語のまま聞き取る姿勢だ。
私の勉強法は……

  1. 音読による直読直解
  2. 意味がわからなくても全く構わないけど単語を聞き取る
  3. youtubeを使って書きおこし

多くの教材でも述べているけど、テキストを声に出して読み、
日本語を介さずに直接読んでいく「素読」が大切だ。

素読は英語だけでなく古文や漢文、
何より日本語で書かれた文章もただ声に出して読むと身につく。

素読する際、あらかじめ大まかに日本文で内容をつかんだ後、
ひたすら英語のまま理解して、脳内に日本語を一切入れない練習が大切だ。

また文章を読むだけでなく実際に書いてみて、品詞分解も行ったうえで、
何度も「日本語を浮かべず」声に出して読んでいけば、
英語のまま要点をつかめられるようになる。

英文を読んでいるときに「people、人だったな」と、
日本語を絶対脳内に入れないで[people]のまま声に出して読むだけ。

リスニングの場合「書きおこし」も有効だ。
書きおこしの教材として書店で教材を買うのもいいけど……

YOUTUBE検索バーに「english conversation」を入れてみよう。
長時間なので3分ほどとって聞きながら、書いていくといい。

字幕は出るけど、はじめは字幕に書いた言葉を記載し、
二度目以降からだんだん字幕に背を向けて書き起こせばいい。

書きおこしの勉強は同時に英作文の勉強にもつながる。
ただし「会話」と「読み物」では言葉にも違いが生じるけどね。

 

英語のほかに別の学力を伸ばすためのyoutube

リスニングに至っては「別の教科」も同時に伸ばせる。

例えば上記動画は小学校の算数授業動画だ。
英語が聞き取れなくても分数を見て「何をしているか」はわかるだろう。

上記動画は「junior maths class」で調べた結果だ。
高校生だと「high school math」などで調べると出てくるよ。

mathは数学なので物理だとphysicsで調べると出てくる。
英語をただ聞くだけでなく数学ほかの勉強にもつながるから、
ぜひYOUTUBEにていろんな授業動画を見てほしい。

 

英作文の書き方

けーき

英語の文章を書くとき、日本語→英語に直すと……
どうしてもすべての単語をいれなければならん!

考えてしまいがちだ。

例えば「明日じいちゃんの家に行って、プロレスしてくるね」
英語に直す際

明日→tomorrow、じいちゃん→?、家→the howse
プロレスする→プロレスって英語だと、な、なんだ

「プロレスしてくるね」は英語というより日本語の問題だ。
日本語でも「イメージ」の問題だ。

私は「じいちゃんと遊んでくるね」という意味で使った。
もし「じいちゃんと×e×してくるわ」だったら意味も変わる。
もちろん「じいちゃんと戦ってくるね」でも変わる。

言葉は「想い」を形にするための道具であり、
「想い」が変わると単語も変わってくる

「遊んでくるね」だったら

「僕は明日おじいちゃんの家に行く。そして遊ぶ」
→「僕は行くじいちゃんの家に。僕は遊ぶおじいちゃんと」(英語風)

I will go to Grandpa's house tomorrow, and play with my grandpa.

※とっさの思い付きならwillを、あらかじめ決まった予定ならbe going toを使う。
もしあらかじめ行くの決まっているんだと発信者(私)が思っているなら、
willよりbe going toが適切。

※grandpaは「おじいちゃん」、grandfatherは「祖父」
レポートなどは祖父が適切、言うまでもない。

※I'll でもいい。省略形は基本、会話で使う。
正式な文章は省略形をあまり使わないんだとさ。

※最後my grandpaと書いたが、誰はすでに所有格で提示したので、
himでもいいと思うんだ。英検1級をとった友達に聞いてみようかな。

もっと削れば「主要メッセージ」は「じいちゃんの家に行く」だから、
「そして遊ぶ」すら削ったっていい

英作文を書くときは日本語に引きずられないで、
とにかく「言葉のイメージ」から最重要主張を探すのが大切だと思ってる。

現時点であまり英作文を書いていないからこそ、
書きまくって気づいた事柄があったら更新していくよ。

英会話も同じ要領だと考えているよ。
会話の場合は言葉に加えて身振り手振りができるから優しい分、
相手の発音が聞き取れない場合もあるから注意しないといけない
が。

 

正確に聞きとれなくても問題はない

正確に聞きとらなければ! 書かなければ! 読まなければ!

気持ちが生じると英語は一気に嫌いな科目へと落ちる。
正確に聞きとれなくてもいい。大まかでいい。

全くわからなくてもいい。英語をやるときは緩い気分でやるのが一番だ。

英語はもちろん数学や国語、イラストそして仕事など、
ありとあらゆる部分で苦手意識を創る一番の原因が圧力だ。

正確かつ詳細に●●しなければ批判される!
試験にも受からなくなる! 笑われる!

脅迫めいた気分があるからできなくなる。
できなくてもいいし、批判されてもいいし笑われてもいい。

だって「自分のため」にやってるんだから。

お願い

めがびちゃんからお知らせ♪

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。