LINEで送る
Pocket

青山さん

虎ノ門ニュース8時入りにおいて、大人気な青山繁晴さん。
彼は午後4時から行われるザ・ボイスそこまで言うかを含め、セットで聞いています。

特徴として、熱い。日本の民や国を真剣に考えている。
優しさの中に怖さが潜んでいる。

今回、彼のお話を思い出しながら、
地政学や青山繁晴語録について語っていきたいなと思います。

 

ニュースはつながっている

3次元

※ 軸は原点で全てつながっている。

彼はいつも述べています。
「ニュースは全てつながっている」

1つのニュースから世の中の流れ、
リーダー(日本だと主に内閣総理大臣)の感情や決断、
他国が狙っている戦略
などが見えると。

彼の話を消化し、飲み込むためには勉強しなければなりません。
地理、歴史、公民の3つは最低でも必要です。

特に観るべきものは「地政学」
すなわち、地理の勉強を基本として政治の動きを見ていきます。
地図帳と統計表があれば、
ある程度世の中が見えてくると思われます。

ここで、青山さんがかつておっしゃった地政学について、
ギリシャに忍び寄るロシアや中国が1つ。
南シナ海が日本に与える影響についてお話をします。

 

ギリシャに入ろうとするロシアと中国

ギリシャ中国ロシアの関係

ギリシャ問題において、
ロシアと中国がそれぞれ狙っていることを説明していました。

ギリシャの基本事項として

・北大西洋条約機構(NATO)加盟国であり、
社会主義化してしまうと、安全が脅かされる
(ギリシャ含むヨーロッパの土地はバルカン半島であり、
第一次大戦時、「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれていた)

・チプラス首相がなかなかのやり手(詐欺師と青山さんが褒めていたw)
アメリカやEUに耳を傾けながら、
ロシアや中国にも耳を傾け、ギリシャの利益を最大限得ようと頑張っている。
だから、あっちこっちふらふらな意見が多い。

・ロシアは黒海に面するウクライナを制圧中。

・中国はAIIBを設立し、アメリカから覇権を奪おうと画策中
アメリカとの関係が悪くなっている

これらをざっと掴んだ上で、
・ロシアが天然ガスをトルコ経由のパイプラインで欧州に運ぼうとしている
(ロシアは地中海への進出を目的にしている)

・中国国有の海運最大手はギリシャの港自体の買収を検討。
中国の軍港がやってきた後、李克強首相、集金Pay(習近平)国家主席が、
ギリシャに訪れ、ラブコールを送る

・中国とロシアは、地中海で合同軍事演習を実施

参考URL:中ロがギリシャ接近「地中海の要衝」 米欧は進出を警戒
 

 

解説

ギリシャ中国ロシアの関係

もう一度地図を見てもらうと、ロシアはウクライナをほぼ制圧した後、
黒海経由からガスを送り込むことで、利益を手に入れます。
より大きな利益は地中海に手が伸びることです。

地中海に手が伸びたら、アフリカやトルコなど、
直接商売ができるようになります(ガス供給など)

続いて中国。ギリシャにある港を買収し、一部を手に入れたとします。
そこに人民を送り込み、ヨーロッパの一部を中国化することで、
中国は「基地」を手に入れます。

すると、人民の多さを武器にしながらヨーロッパを徐々に手に入れ、
日本に対して影響をもたらすでしょう。

誰かが怒る

1つはEUとして、日本の決断に横槍を入れてくること。
(中国があれこれ言ってきて、ヨーロッパが従う可能性あり)

2つ目は日本は世界各国と貿易を結んでおり、
ギリシャを中国あるいはロシアが取ってしまったら、
ギリシャと貿易する際、彼らのルールに従って動いてしまうのです。

(統計の貿易データを見ると、
日本は色々輸出したり輸入したりで、外貨や技術、資源を得ています。
中国との交易関係もその1つです)

 

南シナ海を観る

南シナ海

日本の石油輸入ルートは日本海LNGも参考
 

日本が石油を中東から持ってくる道を、赤い矢印で引っ張っています。
仮に南シナ海を中国に取られた場合、
通るときは必ず中国の許可がないと入れません。

もし中国が日本を潰したいとき、
「お前ら通ったらダメ、ここもあそこもな」
結果として、日本は中東と貿易しにくくなります。

あるいは、中国に多額の金を払わないと入れない仕組みになります。
そのお金は日本の税金になり、税率が上がってしまうでしょう。
かくして、我々の生活を圧迫する羽目になるのです。

(ただ、可能性として低いと私は考えています。
・日本が中国の動きを止めるため、同盟や安保法案を作っていること。
・中国から一方的に取引支障をきたされた場合、
中東側が怒ると思うのです。良き買い手を邪魔しやがって。
怒るんじゃないかと考えているのです。考え方が甘いかな?)

反対地図

さっきの画像を反対側にして載せてみました。
2つの写真を見比べてみてください。

中国が南シナ海を手に入れたら?
沖縄を手に入れたら?

一気に領海が広がり、自由なルールを築けます。

(データブック オブ・ザワールドによれば、
日本が中東から石油を輸入してもらっている割合は全国の85%。
必ず南シナ海ルートを通るため、封鎖されたら石油が入ってこないか、
入ってきてもガソリン代がめっちゃ高くなるか……)

地図を見る際、視点を変えるだけでモノの見方が変わるのです。
同じ視点だけで見ると、なかなか見えてきません。

※ 追記

地球儀

※ 引用サイトにあった地形図

 

仮定話ですが、中国が尖閣や沖縄を欲する理由の1つとして
南沙諸島に中国の潜水艦が存在し、仮にそこから米国にミサイルを放つ。

緑色の線はミサイルの最短距離(南沙⇒米国)を示しています。

地球儀を使って南沙諸島と米国の最短距離を結ぶと、緑色の矢印になります。
日本海を通り、北海道上空を通り、カムチャッカ半島を超える。

世界地図
※世界地図で表すと、よりはっきり分かるかも?

この時点で北海道にも大きく影響を与えるのです。
沖縄に中国のミサイル基地を置くことで、ここからアメリカに向けて放つ。
すると、中国本土に影響を与えないので、沖縄がどうなろうと関係ない。

本当にそうなるかどうかは、未来にならないとわかりません。
ただ、こうならないようにすでにトップは動いているでしょう。

大切なのは、地図も平らなものだけでなく地球儀を使うことで、
また違った方向から物事が見えてくるのです。

参照:中国が南シナ海を軍事拠点にする理由

 

補足:中国の世界観

中国国旗

中国の考え方、世界史から観る彼らの外交としての基本は1つ。
「支配するか、されるか」

現在、株価があっちこっち揺れています。
すると、彼らに浮かぶ考えは1つ。
「他国に支配され、共産党が潰れてしまう」
だから「される前に自分らからする」わけです。

中国の歴史を学ぶと、
周りは外敵で、何度も王様が入れ替わっていると、
恐怖が遺伝子に情報として入ります。

もしかしたら中国は覇権主義を行うだけでなく、
中国が他国(ちいさな国含め)に奪われるかも……
恐怖を抱いているのではないでしょうか?

参考:中国の沖縄に対する領土的野心はガチ
 

事実に「賛成・反対」は存在しない

左脳右脳テスト

こんな状態を防ぐため、日本は安保法案を作っています。
政府が決める法案に対して賛否あると思います。

ただ、賛成も反対もその場ですぐ決めるのでなく、
一度状況を整理した上で、改めて決めたほうが良いです。

というより、「賛成」も「反対」もないのです。
(マスコミ中心に、賛成か反対のみを考えさせること自体が罠)

相手が攻めてくる「伏線」を立ててきたら、
わかっているうちに対策を取らないと、
伏線が回収された時に行動しても、手遅れになります。

目の前にスズメバチがいて、自分を刺してこようとした時、
「スズメバチに攻撃を加えるの賛成・反対」
言っている間に蜂は刺してきますよね^^

だから事実が起きた時、「賛成・反対」は存在しません。
何でもかんでも「賛成か、反対か」
二択で質問するメディアには注意です。

心理視点から見ると、賛成・反対の二択を迫ることは、
メディアが国民一人に対し「脅す」ようなもの。

「わかっているんだろ? 賛成と反対のどっちを選ぶべきか?」

質問も限定させることによって、
メディアが願望する展開を持ってこさせるのです。

(ここを掴むと、逆に利用できます。
相手に情報を与えず、有利になることができるでしょう)

 

青山さんが言う「つながり」って?

おっさんかっこいい

もう一度書きますが、青山さんはよく言います。
「ニュースはつながりがある」

つながりを聞いてみると、ほとんどはリーダーの行動に関わってきます。
官房長官や外務大臣じゃないのです。

リーダーです。リーダーがどう行動するかによって、
国自体が徐々に傾いていったり、立て直していったり……

すなわち、ニュースにおいて我々が観るべき部分はリーダーです。
リーダーが行った決断や感情。決断後の世界における動きです。
支持率にも関わってくるでしょう……。

リーダーの動きは少なからず、国民の動きになります。
多数の国民は現代社会に対して、どのくらい知っているのか。
あるいは危機感を持っているのか?

 

リーダーの責任は我々の責任でもある

オスプレイ

例えば沖縄問題について
「現在の沖縄があっちこっちふらふらなのも、
知事一人の責任ではない。我々国民一人一人の責任なのだ

国民一人一人と言われ、こう思う方もいるでしょう。
「ふざけるな、俺は知らん、なんで俺の責任にもなるんだよ」と。

この考えに対して繰り返しになりますが、
今の日本がこれからどのような方向に向かうかは、
6割の人がどのような考えに支配されているかによって、
動く方向が決まっていくのです。

6割が現状を何も知らず、
ただ「安保は徴兵制になるから反対だ」という方向に流されると……

安保法案は即刻廃案となり、
敵国の脅威に対して何も出来ない状態が続くでしょう。
(小笠原諸島のサンゴ強奪が良い例)

サンゴ沖縄でなく小笠原

日本はよくも悪くも国民の考えが未来を決める国です。
だから、我々が目先の言葉やイメージに対し、
軽く騙されるような状態だと、国が一気に傾きやすくなります。

傾きそうになった代表例が民主党時の日本でしょうか?
(今の自民党もそうかな?)

民主党だって、馬鹿にするところもあるでしょうが、
あれも我々国民の考えがまとまっているんです。

民主含む野党があまりにもお粗末なことしかしないと、
仮に自民党がとんでもなく危険な法案を出そうとする時、
全く役に立たず、我々が焦る結果となります。

個人的に、民主党含む野党はもうちょっとしっかりして欲しい。
プラカードをもって、メディア戦略している暇があるなら、
「本質をついた」質問をしていただきたい。

 

リーダーが役割と責任を放棄すると争いが起きる

世界大統領

世界大統領が「国連は中立でない」
オバマ米国大統領が「アメリカは世界の警察でない」

過去に発言したことで、争いや世界情勢が変化しています。
人に「立場」を与えられると、「役割と責任」が生まれます。

「役割と責任」から逃れる言動をしてしまうと、
「あ、国連は中立じゃないから日本も中立とらなくてよいんだ」

解釈されてしまい、ある国にとっては有利・不利な状況を作ります。
(後で世界大統領が「そういう意味でいったのではない」と述べても、
後の祭りとなってしまう……トップほど言動一つで未来が変わるのだ)

「有利だな」と判断した国が他国にいざこざを起こし、争いの火種となる。

リーダーが行うべき「責任と役割」を放棄すると、
敵に付け込まれる隙を作ってしまうのです。

原因はリーダーに従うフォロワーが無知や無関心だから。
リーダーが備える知、政治家の態度は私たちの考えが形になっています。
彼らが部下に対して愚かな行動をとるとき、私たちを馬鹿にしてみているわけです。

だからこそ、リーダー(政治家などのトップ)の質を上げるなら、
フォロワー(国民や部下など)が賢くなること。

リーダーも賢くならないと、その場から引きずり降ろされてしまうのです。

こういう意味で、トップの判断は私たちの生活や知に直結するのです。

 

地政学勉強のためにすべきこと

シーレーン

地政学勉強のために、どんなことをすれば良いのでしょう?
大切なことは地政学の定義を初めに知ることです。

地政学は地理的な状況が、
国家に与える政治経済などの影響を知ることです。

すなわち、地理歴史公民はある程度知っておかないと行けません。
ほとんどはインターネットで検索すると、情報入手できます。
ただ、手に入るだけでは意味がありません。

きちんとノートやメモ帳を使い、自分の手で概要をまとめること。
目標は頭の中に地理的状況を入れて、
いつどこでも引き出しができるようにしておくことです。

インターネットはあくまでも調べる手段です。
調べたものをきちんと書き、理解して説明できることが大切。

私は学研の「地理・歴史」参考書をもち、
清水書院の「政治経済・倫理」用語集を持っています。
戦略を考えるなら、カードバトルなどをするといいでしょう。
私の場合は小説を書いて、いろんな立場から人を描いています。

自分以外の立場や考え方も書くため、勉強になりますよ。

 

青山繁晴さんによる忠告集

祖国

ここからは虎ノ門ニュース8時入りやザ・ボイスなど、
青山繁晴さんがおっしゃった名言や注意事について解説します。

 

「らしい」「そうだ」「ようだ」は歪めている証拠

 

現役閣僚らを前にした講演は中国を刺激しそうだ。
共同通信:李登輝氏、安保法制評価 「アジアの平和に寄与」より
 

青山さんが新聞含むメディアに対する見方について、
「願望」が出たら注意です。

願望の助動詞「そうだ」「ようだ」「らしい」
といった、期待を込めた願望記事は記者の願う展開につながり、

「中国さん、李登輝の親父になんか言ってやってくださいよ」
プロレスにおけるマイクを渡しているようなものです。

こういう書き方が国民にとって、怒りや悲しみといった感情を呼び、
揺さぶられ、メディアの思うがままの展開に向かうので注意してください。

事実を書くと「した」「だ」といった形で、断定助動詞になります。
メディアを観る際はなるべく一次資源を当たること。

 

重大な情報は「何気ない一文」にある

インテリジェンスとしてお仕事をしている人でも見抜きにくい情報。
それは「何気ない一文」にあるとのこと。

ただし何気ない一文の価値に気づくには、背景知識を知っておかねばなりません。
物理の知識がない人に原子爆弾を作る基礎「E=Mc^2」を聞かれても

「それのどこがすごいの?」首をかしげるのです。

※ E=Mc^2の意味
「物質をエネルギーに転換できれば、どでかい何かを作れる」
それが原子爆弾だったわけで……

この式について詳しく知りたい方はこちら
→ E=MC^2を和訳するとこうなる

 

権威ある人にも動じないコツ

安倍首相

ザ・ボイスで安倍首相がゲストとして、青山さんとお話をしました。
この時、私は以下のツイートを発しました。

民主党がほとんどしてこなかった質問を、青山さんが行う。
二人のお話を聞いていると、青山さんは相手が総理大臣だからといって、
ビビる姿が全くないんですよね。

権威ある人になると、声が震えて何もしゃべることができず、
気持ちの時点で負けてしまう人もいる中、彼は立ち向かっていきます。

これってどこから来るのでしょう?
私自身も体験していますが、相手が誰であろうと次のように思うことです。

「相手も私と同じ人間だ」

相手を神様や死神、怖い何かと置き換えるからビクビクします。
だからこそ、相手が誰だろうと「自分と同じ人間」とおくことで、
気持ちが動じなくなるのですね。

青山×安倍

この回のザ・ボイスは次のリンクから視聴できます。
安倍首相が民主党を挑発した部分があり、めっちゃ面白かったw

ザ・ボイス そこまで言うか!H27/07/23【安倍総理・生出演SP!】

 

※ 追記

このお話には続きがあり、
安保法案の必要性を訴える際、中国が脅威ということをきっちり述べました。
参照:国会審議の場で避けてきた中国を敢えて持ち出す

この時、安倍首相が中国を持ちだしたのはザ・ボイスがきっかけだ。
ザ・ボイスの公正中立で真実を求めるリスナーがたくさんいるから、
彼も覚悟を決めたということを、青山さんが分析していました。

ラジオを聞いてよかったな♪  思いましたよ。
 

自分の発言に責任をもて

青山さんが7月30日付、虎ノ門ニュースで述べていた言葉です。

「あなた」というのは「自分の発言に責任をもたず、他人を攻撃する人」です。
自分の発言に責任を持つ。言葉で言うのは簡単だし、
人を責める際に言うのも簡単です。

国会中継を見ると、よく民主党が言います。
総理、自分の発言に責任をもってください。そして……(要求)」

発言に責任を持て! という言葉は他人に罪悪感を植え付けるなら、
これほど適切な言葉はありません。
また、自分に対しても「逃げるなよ、お前」という意味では、
束縛感を与える言葉はありません。

しかし、責任を持った後にどんな行動を取るべきか?
自分が発言したことで他人から責められた時、
堂々と自分がつぶやいた意見に向き合えるか?

自分で自分の発言に責任を取るというのは大変なことです。
人によっては今の役職が負われること。
すなわち、生活が激変することも覚悟しなければなりません。

謝るだけなら簡単です。
しかし、人は謝るだけで済むものでなく、信頼を失います。
すると、今までファンだった人が一気にアンチに変わり、
場合によっては仕事の邪魔をするかも知れません。

また、自分の発言は場合によって未来の自分を束縛します。
うつになりやすい特徴の1つに、過去の自分の態度や発言に縛られ、
やりたいことがあっても、なかなか出来ないのです。

特にプライドが高く、いいことばかりいう人ほど、
自分の情けない姿を見て、外にでることが出来ない。
やることは他人を誹謗中傷するだけ……まんま昔の私です(反省

呪縛から逃れる方法は、過去の自分を受け入れ
情けない自分も受け入れ、未来に生きることに覚悟を持つだけ。

覚悟、すなわち生きるか死ぬかを自覚することです。

 

議論をするならまずはすべての事実をテーブルに掲げよ

しかし、問題は事実関係を見抜く力です。
事実関係は私たちが見抜かなければならないのです。
事実ってどうやれば見抜けるのでしょう?

まずは資料の比較です。文章を読むときは様々な雑誌やニュースを読み、
共通・相違部分をはっきりすること。

一部のメディアは思いっきりうそをついてきます。
有名な例が「吉田調書」に関する朝日新聞の対応。

朝日の捻じ曲げ文章をここでまとめています

テーブル

うそを見抜くには、きちんと時系列を読むこと。
それでも騙される場合があります。その時は自分の感情を分析します。
嘘に騙されるとき、自分はどんな気持ちで情報にあたっていたのか

自分の気持ちを知らなければ、相手にそそのかされるだけです。
ぜひ情報をもとに自己分析を行うこと。

 

参院選出馬するって(16/6/20)

2016年6月20日にえらいニュースが流れた。
参議院選挙に出馬擁立、立候補するのだと。

議員になって、虎ノ門ニュースやザ・ボイスに出演できなくなるなら、
落選してほしい
と心から願っている。

議員になっても、上記番組に出れるなら当選してほしいと考えている。

仮に当選しても、議員の世界は罠だらけだと思う。 油断したら「冤罪」として、
ハニトラや金銭問題でひっかけられるので、ぜひ注意をしてもらいたい。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket