大衆が求める「商品や情報」を察知する敏感アンテナの磨き方

ボーリング

※画像元:ボーリングのピンイラスト(いらすとや)

おはよう、しゃしゃ。
斎藤一人さんという商人がいる。

彼は「ヘッドピン」に狙いを定め転がす。
結果、少ない労力でたくさんの売り上げを出す。

私は一度ブログを見直してからおよそ1000記事ほど書いている。

記事を書いているとき、めちゃくちゃ訪れる記事が10ほどしかなく、
ほかはアクセス数が10以下が200記事ほどある

残り800ほどは訪問すらされていない。
だから800記事ほどは「無駄記事」だと思っていた。

しかし最近、自分を振り返ると「必ずしも無駄ではない」と思った。

 

自分の中にある敏感アンテナの鍛え方

きよし

※画像はすべて適当、自分が描いたイラストばかり

私はもちろん、しゃしゃの中には敏感アンテナがある。
敏感アンテナの精度を高めるには鍛えていくしかない。

例えばブログ記事で爆発アクセスを呼ぶためには、
ブログ記事を書いたほうがいいのだけど……

「くるかな、こないかな」と考えてはだめであり、
「必ずくる、多くの人が訪問して当たり前」感覚でやらないと、
高確率で来ないし当てられない。

成功するかな、失敗するかな感覚はダメであり、
「成功して当たり前」感覚で挑まなければならぬ。

敏感アンテナは「成功」前提で考えるからこそ、
失敗したとしても「失意」と同時に、
「今度はきちんとあてる」と、アンテナがより鋭くなる。

「成功して当たり前」感覚でやるからこそ、
どんな仕事に対しても自分の中にある第六感が鋭くなり、
何かがきっかけで大爆発を起こす。

実際に成功しなかったとしてもいいのだ。
「成功前提」で物事をとらえるからアンテナが敏感になる。

敏感を尖らせるのが大切だ。

 

自分が大爆発を起こすタイミングは大半が

人魚姫

心身ともに忙しく、休みを取る合間に訪れる。

「疲れた、休みたい。しかしとても魅力的な情報がある」

もちろん休むという選択肢はある。
休んだらチャンスを逃す。

休みを少し後回しにしてリサーチだけでも行うと、

「お、これめっちゃくちゃチャンスじゃん♪」

後は時間と体力の勝負になる。
別のチャンスを得るために休んでもいいし、
チャンスをつかむためにムチを打って仕事をするのもいい。

 

タイミングは本当に一瞬

グレースケール

ちなみに先日ある記事を書いたところ、
1日当たりのアクセス数が18000人ほど訪れた。

グーグル様の契約上、うちの記事ではアクセス解析を載せられない。

たくさん訪れた記事を書いたきっかけが人様のツイッターであり、
ツイッター経由でいろいろ調べたところ、
そのキーワードに関して書いているサイトが3つしかなかった。

※現在はめちゃくちゃ増えたけどね。

しかも3つとも視点が同じだったり情報不足だったり、
何より「手抜き間」を感じたので「チャンス!」

2時間かけて記事を書いたところ、
グーグルで大きなキーワードで1位から2位。
現在は12位と大きく下がっているよ。

大きなチャンスを得ていた時はまさに1位だった。
そのブームは記事を書いてから48時間ほどだった。

今はもうブームが終わったので、訪問者数が減っている。

多くの人にとって「関心ある時」に、
自分の事情(疲労など)を後回しにしてすぐ作業を進めると、
大きなチャンスを得られると確信しているよ。

 

失敗はアンテナを磨くために必要

戦い

「成功するかな、失敗するかな」ではいけない。

「成功して当たり前」前提でやるからこそ、
失敗したとしても「アンテナ感度は高い」ままだ。

アフィリエイトなら「儲かって当たり前」

儲かって当たり前を分解すれば、
「うちのリンクからお買い上げされて当たり前」

当たり前感覚をスタートにするから、
たとえ当たり前とは正反対の結果が訪れても、
体内にあるアンテナはとがったままだ。

体内にあるアンテナを尖らせたままにするため、
何をやるにしても「成功して当たり前」感覚をつけてほしい。

感覚を身に着ける最適な素材としては、
こちらの本を購入し、読みながら喜びを予習するといい。

成功するかな、しないかなではなく
「成功して当たり前」感覚を持つと、何かを感じるよ。

「あ、これをやっても意味なさそうだな」って。
実際に意味が歩かないかはわからないけれど、
やったとしても決して失敗でも無駄でもない。

「アンテナ感度を高める」ためには重要だからね。

 

日記:ピクシブのあるコンテストを見て
ゲーム

「ノベルゲームコレクション」というサイトにて、
自作品のモピカブを上げております。

作品:モピカブ(ノベルゲームコレクション)

新しい話をあげるたび、審査するのです。
もう数年前に書いた話を上げているので、
いろいろ恥ずかしい気持ちがいっぱいです。

恥ずかしさを乗り越えないと、
クリエイターとして一歩前に進めません。

ところでピクシブに「百合」コンテストがあり、
何を考えたのか、応募してみようかなと思いました。

百合コンテスト

コンテスト:ピクシブ百合コンテスト

百合というのは女の子同士の恋愛です。
基本、きれいな恋愛が多いけれど怖いものもある。

何より私は男ですから、女の子の感情などわかりません。
(だからといって男の感情もわからないけれど)

わからないからこそ、面白いものを描けるのではないか?
勝手に期待しているのです。

イラストの勉強法も今、記事を書いています。
やることいっぱいあるんだね、私。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。