※ これからお話しすることは科学データに基づいた根拠はありません。
ただ、私自身の実体験が根拠となっています。

生きていると、何をしたら運気が上がり、
反対にどんなことをしていると、
運気があまりあがっていないなあと感じるか。

そのお話をしていきます。

運気UP やりたいことをやる

ナマケモノ君

運気が上がるには心からやりたいことをします。
(犯罪は例外)

ただ、そこをやらずに他の作業をやる傾向があります。
(もちろん、全員ではありませんけれど)

運気を上げようとするのでなく、
自ら上げるのを拒んでしまうのです。
これに気付くのが第一のポイント。

 

運気UP 自分自身を静かにさせる

夢の中

自分の中にいる自分自身の言葉がうるさく、
そこに従うと、運気が下がりがちになってしまいます。

うるさい場合、大体頭から語りかけてきます。

反対に運気が上がるとき、心臓あたりから言葉が出てきます。
特に丹田が温かくなる場合、それをやるといいことが( ^ω^ )

ただ、丹田が温かくなっても、
その言葉に従って行動しないと、運気は上がりません。
私はすぐさま行動するようにしていますが、
中には怖くて断念し、後悔したことがあります。

 

運気UP 相手に負けない

オバマとプーチン

相手はこの場合、人や仕事、己自身の未来を意味します。
相手が大物だとびびってしまい、言葉が出ない。
また、委縮してストレスがたまる……。

そこで相手に負けないために、常に自分で自分を支えます。
コツとして、拳を握りしめること。

相手が人間なら「そこらにいる人と大した変わらない」と思うこと。
相手が自分自身なら「所詮、たいしたことない」と自分に言い聞かせる。
ビビらないことが大切です♪

 

運気UP できないことを見つける

akaritan

できることではなく、できないことです。

絵を例に出しますと、
「自分はどこまで描け、どこから先は無理か?」
を問いかけ、無理な部分は他人に任せます。

できる部分をまずやります。
また、ちょっと手を伸ばせばできそうな部分もやってみます。

最初は色々試してみることが大切です。
その時、本気で出来ないものはありません。

しかし、時間で見た際、
「これができるようになるまで、何日、何か月かかるかしら」
と計算した際、できるかどうかが分かれます。

できないというより、時間がなくて他人に任せた方がいい。
と思ったものはすぐに任せましょう。

 

運気Down:棚から牡丹餅を期待しない

棚から

反対に運気が下がるコツ、考え方が一つあります。
棚から牡丹餅を期待すること。

すなわち「こうなればいいなあ」「ああなればいいなあ」
自分がやりたいことに関して、期待をかけ過ぎると体が止まります。

運気を上げるには棚から牡丹餅でなく、
自分でぼたもちを作ることです。

目指す方向に命と覚悟をかけて突っ走る。
すると、誰かが救いの手やアイディアを差し伸べてくれます。

反対に「こうなればいいなあ」「自分はこうなりたいのに」
思いながら何もしない状態だと、運気を落とします。

棚にはなにもないという前提で現実問題に取り組むこと。

 

終わりに

運気を上げるためにすることは少ないです。
だからこそ、しっかりやること。
それが一番、心理側面から見るとストレスがかかり、
難しいんですよねえ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket