革命のファンファーレ現代のお金と広告(西野亮廣)からつかむ信用

ども、しゃしゃ。
昨日、書店でキングコングの西野亮廣さんが書いた本を読んだ。
本で述べる内容は、お金の時代でなく「信用」の時代だ。

信用をいかに築くかについて書いてある。
それよりひかれたのが本の表紙だ。

 

どんな生き方をしているの?

本の表紙を見ると、ギラギラで光のない目、
あたかも底辺でさまよっていそうな「野生の男」が、
紅い背景に赤い服(赤は色彩でいうと興奮)を着て、立っているだけ。

西野さんの「ギラギラした目」に惹かれた。
うつになっているような、野望を秘めている瞳。

本を出すまでにどんな生き方をしていたのか。
私は西野さんについてほとんど知らぬ。

時々ネットで話題になっていたけれど、
彼について詳しく知りたいなあとはちっとも思わない。

アマゾン:えんとつ町のプペル

楽天:えんとつ町のプペル [ 西野亮廣 ]

 

信用を重点的に

株価上げ

私は記事で「信用は見えない株価」書いた。
しゃしゃや私、国や企業など、すべての存在に対し「株価」がある。

信用は「みんなのために」仕事をすると上がり、
「自己優先で他は考えない」保身だと下がりやすい。

西野さんは「今後はお金でなく信用が第一」述べている。
どうやって信用を一つずつ築いたのか。

信用を築くのは簡単すぎるが大変だ。
簡単だからこそ「手を抜いて、自分に甘えてしまい」、
信用を落とす行為を平気でやってしまいがち。

築くのは簡単だが、常に育てていくのが難しい。
しかも信用は「目に見えない数値」となって現れる。

テクニックのみならず、
西野さんの体験が信用を築き上げる本質だ。

信用を高めれば、お金への悩みも消える。
お金を得る考えより「信用を高める」方に集中すればよいからだ。

過去記事:目に見えない信用株価

 

どんな時に読み、人へ伝えるか?

キングコング対ゴジラ 小田原城大決戦 | yasu [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=63173165

キングコング対ゴジラ 小田原城大決戦 | yasu [pixiv]

西野さんの本を読んで終わりだといけない。
彼の主張を必ず、ノートにメモしておく。

言葉を覚えるためではない。
しゃしゃの「潜在意識」に主張を叩きこませるためだ。

学校の勉強でもただ黙読するより、
手を動かして言葉を書いた方が覚えやすい。

「潜在意識」に言葉が届き、覚えるのよ。
だから主張をノートに書いて、潜在意識に叩き込ませる。

商売や仕事をしていると、いろんな選択が現れる。
選択基準の一つに、西野さんの考え方が浮かんでくる。

信用を得るために、この取引をした方がいいか、やめるべきか。
仕事中の判断として、西野さんの意見が出てくれば、
本をきちんと読んでいる証だ。

しゃしゃが「西野さんの本を部下や仲間、友達に伝えたい」
思った場合、西野さんの書いている事柄をきちんと実践する。

それで部下に「こういう考えに至った要因として、
西野さんの本を読んで、信用の大切さに気付いた」

以下、西野さんの考え方を自分なりに解釈し、
「伸びてもらいたいなあ~」思わせる人へ伝える。

相手も同じ考えを分かち合うと、
仕事の効率がさらに上がるだろう。

本をあげてしまうのもいい。
自分だけの成長でなく、仲間の成長を分かち合う。
すると、互いの信用度も高まり、分業もしやすくなるね。

 

お金/生き方につかれているなら

「お金がない、お金が欲しいけれどない。
でもお金を追いかける自分が疲れる。
もっと楽しく生きたい、どうして苦しんでいるのだろう」

「仕事をやっていてもつまらない。
どうやったら仕事が楽しくなるかなんて考えられない。
自分の人生、こんなはずじゃなかったのになあ……どうしたらいい」

今の生き方に悩んでいるなら西野さんの本を読んでみよう。
信用部分を重点的に読んで、体に叩き込ませよう。

今は「信用」でお金も人も動く時代だ。
有言実行だけが信用を上げる方法ではない。

世の中の全体像を見渡したうえで「今したいこと」に対し、
有言実行かつ責任を受け入れると、信用が上がる。

西野さんの本は「あり方」が問われている。
少しでもあり方が変われば、考えや生き方も変わる。

自分の在り方を変えたい。
自分の部下や仲間とあり方を共に変え、
より簡単に仕事ができたらいいなあ~
考えているなら、
今すぐ手に取って、ノートに主張を書いていこう。

アマゾン:革命のファンファーレ 現代のお金と広告

楽天:革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]

改めて読むと、針を突き刺すような書き方だけど、痛みはない。
厳しい中にある優しさを文体から味わってみよう。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。