「異次元の扉」を開いて幸せになる~を読んで、重圧から救われた

ども、しゃしゃ。
書店で異次元の扉を開いて幸せになるという本を見つけた。

表紙に惹かれたわけではないが、
異次元がなんとなく気になったので読んでみた。

結果、今後の自分に対して覚悟を教えてくれたよ。

 

どんな時に読むと栄養がつくの?

背景素材

人生において、とてつもないピンチが訪れる。
背水の陣、ここで踏ん張らないと死んでしまう。

今まではちょっとぬるいやり方で対応できた。
不安だけど、まだまだ何とかなった。
でも、何とかならない時期がやってくる。

のるかそるか。

今、しゃしゃは一本の軽いひもを握っている
ちょっとでも力を抜いて手放すと、すぐがけへ落ちる。

「やばい、もう後がない、どうしよう……」
極限状況時に読むと、後半部分に気づかされるところがたくさんある。

 

後半に危機を切り抜けるヒント

作者、日下 由紀恵さんは離婚を経験し、
様々な許せない、自分を貶める体験を通し、克服した。

異次元の扉を開いて幸せになるのすごさは後半部分にある。
極限状況痔は「天界からの教え」みたいなもので、
「喜ばしい出来事」と解釈したほうがいいと。

にっちもさっちもいかないとき、慌てるとがけへ落ちる。
だからこそ落ち着く。といっても落ち着けない。
私の場合は微笑む、わざと笑顔を作る

その際、必ず自分の脳みそが不安を作り、
こうなってしまうよ、ああなってしまうよ~」と、
罵ったうえでわめいてくる。

書く万年筆

解決法は紙に書くだけ。
紙にそのわめく言葉や気持ち、言葉がなかったら悲鳴を書く。

文字は神様からの贈り物
神様が浄化してくれるための手段。

文字について「新しい視点・定義」をしてくれた。
危機状況において「大きく自分を変えたい」考えているなら、
今すぐ手に取って後半部分を読もう。

本(アマゾン):「異次元の扉」を開いて幸せになる: 神様からの贈りものを上手に受けとる方法 (単行本)

本(楽天):「異次元の扉」を開いて幸せになる 神様からの贈りものを上手に受けとる方法 (単行本) [ 日下 由紀恵 ]

特に危機状況ほど「天界が動いているサイン」と、
ピンチな状況を「書き換える」作業が、しゃしゃの命運を分けるよ。

私は後半部分に救われた、おかげですぐさまやりたいことへ取り組んだよ。

 

うつむきそうなときは顔を天にあげよ

気が落ち込んだとき、絶えず空を見る。
昔の人はなぜ神様に救いを求める際、

「地底」でなく「天上」を見上げたのか?

空を見ると、無限に雲と青空が広がっている。
広がりから「世の中、自分を固定しなくていい」

もっと自由な気持ちを持ちなさいと感じたよ。
困ったことやどうにもならないこと、
思わず下を見そうなときは上を見る。

すると、気持ちが救われるよ。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。