パイロット万年筆の買い方:初心者から10年以上使い続けて

キムタク

おはよう、しゃしゃ。
大学時代に購入した万年筆(パイロットカスタム74)

使い始めの初心者から、10年以上たっているよ。
今のところ、金属が一部変わりつつあるものの、故障もしていない。

紛失か損壊しない限り、いつまでも相棒としてついて回るよ。
これから万年筆を使ってみたい、でも使い道があるのかな?

 

勉強のお供として

記事編集

万年筆を購入後、人によって使い方が分かれる。
ある人はインスタグラムにて万年筆を使った日記を描いている。
ある人は万年筆を遊び道具にして遊んでいるよ。

私は新しいことを学び、ノートに書く手段として使っている。
かかる費用だけで見ると、万年筆は高いかもしれぬ

ボールペンならインクだけを変えても100円程度だが、
万年筆は10本のインクを使った後、420円かけて購入する。
費用を考えたら万年筆なんて使わないほうがいい。

むしろ費用を考えさせないほど、万年筆は利点がある。
新しい言葉や数式を書きなぐっても、利き腕が疲れない。

利き腕に力を入れなくても、均一なインクが出てすらすらと描ける

100円均一や1000円程度だと、少し角度を変えないといけない。
角度を変えるってのがストレスになる。

5000円以上だと、使い慣れた角度で一定のインク量が出て、
ストレスをかけずにすらすらと文字を描けるよ。

最近は簡単なイラスト線画も描けるようになった。

 

使い続ける自分にある「物語」

万年筆を10年以上使っている。
私にとって嫌なことがあったとき、何かに気づいたとき、
後一歩で重要なことへ気づきそうになったとき、
悲しいことがあったとき……いつもそばにいた

万年筆を使って成長している。
「自分が育つ」という物語がある。

私を赤の他人と見たら、一つの物語が生まれる。
今、私は記事を書いて10年以上使っている自分を振り返っている。

お金がなくて一番苦しかったころも、
万年筆は常に自分のカオスな脳みそを紙に書いて掃き出し、
気持ちを落ち着かせ、新しいアイディアを連れてくる道具だった。

たかが万年筆、でも使っている自分を振り返ると「歴史」がある。

安物のペンには歴史があっても思い入れはあまりない。
(なくなった誰かからもらった、大切なものなら話は別だが)

 

どの万年筆が自分にとっていい?

書きなぐり万年筆

万年筆はいろんなメーカーが出している。
大きく見ればどこも大差ない。

だから日本製か海外製か。
すでに知っているメーカーかそうでないか?

万年筆に関する本も出ているから、本を読んで見つけてほしい。
といってもわからないよね。

私の場合、父親がパーティーでもらった万年筆がパイロットだった。
だからパイロット以外はほとんど使っていない。

使ったとしても安物万年筆を購入したけれど、
インクの出方が悪くて、すぐに使わなくなったよ。

私がパイロット万年筆を使ってから、
使い方や洗い方、パイロットメーカーの歴史を調べた。

私はパイロット以外しらないから、パイロットだけしかお勧めできぬ。

genkouyou

「パイロットよりこっちメーカーのほうがよさそう」
思ったら、迷わずそっちを選ぼう。

しゃしゃが持つ感性を大切にしよう。
感性を言い換えると「その万年筆に呼ばれている」証拠だ。

霊的なものを感じるけれど、
一生使い続ける相棒は第六感がとても大切だ。

ただ価格は1万円以上を目指そう。
高い値段ほど「自分という価値をさらに上げてくれる」手段だ。

筆記だけなら鉛筆やボールペンで十分。
「それ以外」のものを高額万年筆は答えてくれる。

安物(5000円未満が基準)はお勧めしないよ。

 

相手にプレゼントする場合

書く万年筆

万年筆をプレゼントする場合、どれを買えばいいのだろう?
基本、相手がどんな人間かによる。

相手がどんな文字を書くかを観察してみよう。
すると何がいいか、自然に決まっていくよ。

 

おまけ:身辺警護人が面白い

木村拓哉さん主演のBG~身辺警護人~が面白い。

キムタク演じる島崎が子育てに対して本気になれない部分を演じながら、
同時にクライアントは徹底して守っていくオン・オフ切り分けが面白い。

特に犯人との戦闘シーンはお勧め。

1話は勝地涼さんで、特撮出身者ではなかった。
2話でキムタクと戦う人、特撮出身の俳優だろうなあと思っていたら……

ガイさん(ウルトラマンオーブ:石黒英雄)、あんただったのか。
見ているとき、全く気付かなかったよ(汗

島崎(キムタク)と三上(石黒さん)の戦いを見ていたら、
コードネーム・ミラージュを思い出すよ。

し、しんちゃん……今はコスプレで身を隠しているのね。
身辺警護人はキムタクが特撮ドラマに出ていると思ってみているよ。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。