Pocket

おはよう、しゃしゃ。
ミニスーファミが今日から販売し、売り切れ続出だ。
スーパーファミコンを今になってまたできる。

スーファミはPS4やDS他に比べると、古い機種だけど……
古くても時間がたてば「再発見」へつながり、楽しめる。

気づいたことを書いていくよ。

 

古きモノをどう資産へもっていく?

スーファミは1990年ごろに販売された。
スーファミでやったゲームといえば、マリオワールド、
がんばれゴエモンシリーズ、ドラクエシリーズだ。

今あるものは数年たつと古くなり、だんだん廃れる
任天堂が2017年になった「ミニ(縮小化)」して再販売。

単なる再販売でなく、今の時代に即した形で販売している。
昔は一つのゲームにつき、一つのソフトが必要だったが、
ミニはたくさんのソフトがあらかじめ入っている。

時代に即したうえで、昔のソフトが生まれる。
古いモノを持てばそれでいいのでなく、
「今の時代にできること」を行ったうえで販売しているから売れる。

 

私たちが見るべきところ

古いモノは単にそのまま出しても価値がない。
「今の時代」にできる技術や知識を持って、
「古い時代の善きモノ」を再現、再演した結果、
私たちの中に様々な想いがよみがえり、欲しくなる。

古い時代に良かったものを今の時代で表すなら、
どこまで新しい技術を取り入れるか。

古く良きモノをどこまで使うのか。

創作のヒントにつながったよ。

 

雑話:TBSラジオが野球中継撤退?

スーファミの話題はここまで。

以下、ニュースで気になったところを。
しゃしゃはラジオを聴いている?
春から秋(4月~9月)は野球中継の季節だ。

今もだし、昔もだけど野球中継は嫌いだ。
聞きたい番組が伸びる、短縮される、中止になる

「早く10月にならないかなあ~」思っていた。

Newsポストセブンによると、
TBSラジオが野球中継を撤退するんじゃないか?
書いていた。事実なら個人としてうれしい。

 

おまけ:支配色を考える

色

インスタグラムでイラストを描いています。
美術系の本を読み、配色の勉強をしています。
上記イラストだと黄色-赤の暖色です。

夜空や金づちといった個所に青の寒色を混ぜています。
影が美しいと絵も美しいと、美術書に書いてありました。

今まで色なんて、適当に考えていたので、これからも深く考えるでしょう。

スーファミの色を見直す。
目立つボタンは彩色鮮やか(HSVでいうS100)
他はグレーで十字キーとスタートセレクトは黒。
今思うと、単純でわかりやすい配置になっていたんだなあ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket