日経平均株価大下落など世界同時株安が起きたら見るべきもの

おはよう、しゃしゃ。
昨日のNYダウ800ドル下落に始まり、
今日はすべての株式相場で株安となった。

もちろん、日本の株式相場も円安となったよ。
株安になったから「世界同時不況だあ」と思わない。

もっとも増税延期の理由としてはいいタイミングだけど……

日経平均株価を含む、世界同時株安になったとき
私はこういう作業を行ったよ。

 

世界同時株安のデータを取る

株価

まずは世界の株価というサイトから、
世界中の株式取引をキャプチャーに取り、画像保存したよ。

これらの画像は2018年10月11日木曜日、
20時50分から21時くらいの時間を保存した。

仮想通貨

一応仮想通貨やバルチック海運指数も保存してある。
データをすべて見ると、ゴールドが上がっているね。

不安になればゴールドの価値が上がると、
金融やゴールド投資をすすめる本に書いてあったのだけど、
恐怖指数も5割を超えて、これから何か来るのかねえ。

ゴールド

世界を見渡すと、米中貿易戦争が起きており、
現時点ではどう見ても修復不可能な状況にあるからね。

 

株価の下落(上昇)量だけでなく率も観よ

円ドル

多くのメディアは「日経平均株価が1000円も減った」と、
通貨の量を乱しにしている。

さて世界の株価より「通貨の率」でなく、
「前日との比較による下落/上昇率」で見ると、-3.89%となっている。

比較として上海総合は通貨量で見ると、
142元ほどしか落ちていないけれど、
率で見ると-5.22%と日経平均より上回っている

NYダウも800ドルほど落ちたのだけど、
率で見れば-3.15%と日本よりも落ちていない。

バルチック

率ことパーセント%は単位がない。
なので統一したデータとして大いに参考
となる。

通貨量だけで見たら上海総合はそれほど落ちていないが、
率で見たら日経やNYダウより落ちているのね。

 

今回の世界経済を見るうえで抑えるべき場所

今回の出来事によって、日本を含む経済はどうなるか?
少なくとも三か所のサイトを見ておくといいよ。

 

外務省

外務省

外務省https://www.mofa.go.jp/mofaj/

外務省は基本、トップページに主要トピックがあり、
外務大臣や総理大臣他がいつどの国で何をしたか?
見ておくと、世界で何が起きそうかを考えられるよ。

 

財務省

財務

財務省https://www.mof.go.jp/

財務省は「週刊アクセスランキング」と、
財務大臣の記者会見から、大臣の話を読むのがポイントだ。
わからない単語はネットで調べておくように。

 

統計局

統計局

統計局http://www.stat.go.jp/

統計局は日本の今が詰まっているので、
最低でも基礎知識として知っておくべき部分を載せている。

毎日でなくてもいいが、3カ所のサイトを抑えておくといいだろう。
私は高橋洋一さんの本にある「信頼できるサイト」を基に、
政府が出している情報を読むようになった。

アマゾン:なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか メディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ

高橋さんは「go.jp(政府系)」と「ac.jp(学問系)」のみ信じろと述べている。
会社や新聞が出す統計は少し偏りがあるからだと。

今後の流れをつかむならぜひ、抑えておこう。

 

今回のNYダウ下落率をみて

Nyダウ下落

日経平均株価を含む世界同時株安の原因となった、
NYダウの下落率を見ると……

アップルとボーイングに何があったんだ?

アップルといえばiPhoneだ。

ボーイングは宇宙や飛行機の開発に力を注ぐ会社だ。
これらの下落はいったい何があったのだろう?

米中貿易戦争の一環で落ちたのだろうか?

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。