つまらないから面白いへ気持ちが変わる心理分岐点の考察

戦い

おはよう、しゃしゃ。

「インスタグラム、めっちゃつまらねえ。これのどこが楽しい?」

ある人のツイートにあった言葉だ。
私はインスタグラムを使っている。

イラストを載せたらきちんと反応がかえってきて面白い。

一方でピクシブはあまり面白くない(R-18は除く)。

ツイッターはよく使うけど、
フェイスブックやグーグル+はあまり使っていない。

使用頻度にかかわる「面白い」と「つまらない」はどこから生じ、
どうなったら「つまらない⇔面白い」に変わるのだろう?

 

面白いとつまらないの境目は定義にある

定義とは「ある言葉をはっきり定める」ことだ。

インスタグラムなど道具を使う際、
「自分にとってどんな意味、目的があるか」と、
定義をしないうちはつまらない。

インスタグラムは「画像版ツイッター」の働きを取っており、
どういう仕組みか具体的にわからないけれど、
画像を載せたら最低でも80いいねをもらえる。

でも「いいねの数」は絵(写真)を載せた結果であって、
当初の行動目的を見失うと、面白くなくなるよ。

自分の中で「どういうときにそれを使うのか?」

使うとは道具としてでなく妄想の手段としても利用する。
狭い意味でなく広い意味でとらえてもらいたい。

 

はじめはでたらめでOK

インスタでもツイッターでも何でもかんでも、最初は道具の使い方に集中する。

どんな機能があるか?

人様のブログをはじめ、色々あるのだけど……よくわからぬ。
そこで毎日向き合っていくうち、だんだんコツに気づく。

頭で気づくのでなく、体で理解できる状態となる。

体で理解できるようになったら、
「何のために使うといいか?」考えるようになる。

 

何のためにソレを使うの?

「何のために使うか?」を定義しておかないと、
つまらない状態で終わってしまう。

「自分はそれ(インスタやツイッター他)をどんな意味や目的で使っている?」

私にとってインスタグラムは「自分の絵の向上を知る」手段であり、
ピクシブは現時点で何も定義をしていない。

R-18系ならインスタグラムは禁止だけど、
ピクシブは年齢制限があるのでやっているよ。
しかもCGイラストと画用紙に描く絵は微妙に違う。

なので

  • 画用紙で描いた一般系イラスト→インスタ
  • CGで描いた一般系-R-18系イラスト→ピクシブ

自分の中で一つの場合分けができる。

くわえてインスタならではの機能(個性や弱み)や、
インスタに会ってピクシブにはない機能(差別化)を肌で知ると、

「こういう場合はインスタ(ピクシブ)だよね」
自分の中ではっきりと使い方が見える。

ツイッターやフェイスブック他も同じだ。

自分の中で「どういうときにソレを使うのか。
どういう条件の場合はソレを使わないのか」と、
きっちり定義を行っていないと、面白くなくなるよ。

 

企業のインスタはなぜ面白くない?

面白い/つまらないの考察でためになる記事を見つけたよ。

参照元では企業のアカウントが面白くない理由として、
SNSは自分用に設定を作り替えていく行為であり、
自分用と違うものを見ると不快(ノイズ)となる。

企業側は「鑑賞者にとって見たくもないものを、
無理やり(お金の力、広告という形で)見せつける」

スマホが現れたおかげで、読者が欲するものを察知し、
提供する人が強いといわれる。

うちのブログも人気記事の大半は、
「こういうことについて読者が悩んでいるよね」
第六感で察知を行い、記事を書いているよ。

なお参照元はインスタをやる人ならヒントがあるので、
読んでおくべきと考えている。

参照:鍼灸院のインスタはなぜつまらないのか

 

自分にとって大切かどーでもいいか?

つまらないから面白いへの転換点は「意味づけ」であり、
「自分にとってソレは大切か、どーでもいいか?」でもある。

大半の人にとって、私の記事を含め「どーでもいい」話題だ。
だから読まないし読んでも「ふーん」で終わる、つまらない内容だ。

インスタグラムやピクシブをやっている場合や、
「どうやったら面白くなるのか? 人気を集めるのか?」
現実に迫った問題として悩む人がこの記事を読むと、面白い。

多くの人は「そんなのどーでもええわ」であり、
「どーでもええわ」から「これは重要!」思考転換するために、
仕掛ける側はどんな行動をとればいいのだろう?

答えはnote有料化で書く予定だ。
有料noteではこの記事で省略した部分を補いつつ、
いくつかのデータも載せていく予定
だ。

  • 相手が関心を持つための〇〇付けを与える
  • 面白さを生み出すための考察-鑑賞者の視点から-

仕掛ける側として「これを実行に移すぞ」決意を持った人だけ読んでほしい。

お金を出して行動という行為を購入し、実行へ移してほしい。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。