大人プリパラキャラ | 田中スペシャル [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64804024

大人プリパラキャラ | 田中スペシャル [pixiv] 太陽ペッパーという子。大人Ver。子供はもう……

ども、しゃしゃ。
さっき物理学的な話題が二つ出た。

ひとつが今から伝える「太陽表面で爆発」がおき、
たくさんのプラスとマイナスが地球に飛んできて、
通信機器に悪影響を与えそうだと。

ラインやインスタグラムはもちろん、
ツイッターや電話にも悪影響を与えるかもしれない

もう一つが量子力学の見地から、熱力学第二法則を発表したと。
量子力学の視点から熱力学第二法則は後で述べるとして、
今日二つの物理話題(太陽フレアは地学の話題か)が起きた。

特に太陽フレアに近い議論として、
北朝鮮から核弾頭ミサイルを日本上空で爆発させた結果、
日本に大規模な電波・電離障害が起き、電気機器が停止するのでは?
議論が進んでいるそうだ。電子セキュリティについて考えてみよう。

 

太陽から飛んでくるイオン

太陽内でごうごうと炎や爆発が起きた際、
宇宙のあちこちに+や-の分子(イオンなど)が飛ぶ。

宇宙は基本真空で、摩擦を引き起こす要因がほとんどないから、
何かへぶつかるまでまっすぐに飛んでくる。

太陽フレアは今から11年前の2006年12月にも起きた。
2006年時、どれだけ通信機器障害が起きたのだろう。

ネットで検索してみたんだけど、
2ちゃんにスレッドが立つほどの大規模障害は起きていない。

参照サイトによると、よほど強くても人体への影響はほとんどないと。
ただ、+や-の電荷を帯びた分子が飛んでくると考えたとき、
私たちの体には多少の影響を受けるかもしれない。

なにしろ私たちも「電荷を帯びた存在」だからだ。
私たちがモノを持つとき、重力でなく静電気力が働いている。

モノを持つ→+と-がくっつく モノを放す→+と+へ変える

呼吸だって化学反応式で表せられる。
皮膚も静電気を含む摩擦を通し、かゆみを覚える。

人によってだけど、肌が敏感になるかもしれない。
ただ、太陽風(電荷を帯びたイオン群)が届いても地球は死なないよ。

参照:11年ぶり、最強クラスの太陽フレアが発生

参照:太陽フレアから発生する電磁波と地球への影響とは?

 

北による「パルス攻撃」の可能性

https://twitter.com/kakut/status/904863022727839745 https://twitter.com/kakut/status/904863022727839745 https://twitter.com/MrtotoakutsuA/status/902164531715088385 https://twitter.com/sumerokiiyasaka/status/904685528708087808

太陽風による電子機器障害を人工的に起こす武器が、
北朝鮮の核弾頭ミサイルが日本のはるか上空(宇宙空間)で爆発し、
日本国内で大規模な電離障害を引き起こす。

核は「小さな太陽」だ。
小さな太陽が爆発を通し、フレアを引き起こすと、
無数のイオンがあちこちへ飛ぶ。

本国内で済むのか。世界各地が電離障害となるのか
詳しいところはわからないが、大規模な停電をはじめ、
私たちも被爆し、体内に悪影響を残す。

……とはいえ、本当に起きるかどうかはわからないし、
起きたとしても防ぐ手立てがない。

どうしたらいいものか……

参照:北による「電磁パルス攻撃」の可能性

 

熱力学第二法則を量子力学で

話は変わる。
東大チームが量子力学の観点から、熱力学第二法則を示した。
熱力学第二法則を簡単に言えば「時間は元に戻らない」、
ドラえもんのタイムマシーンは「今後も」存在しない。

例えばコーラにオレンジジュースを混ぜると、
色や味が変わるが……元には絶対戻らない。

どれだけコーラ/オレンジジュースを多く混ぜても、
コーラに「近い」コーラ+オレンジジュースができる。

量子力学で証明して、どんな意味を持つのか?
量子力学は古典力学に存在しない虚数を使う。

(電磁気は計算を楽にする手段として虚数を用いる。
高校物理では三角関数で計算するけれど、
指数関数+虚数で計算できる方が早いんじゃないか?)

虚数を使うと、理論的にタイムマシーンもできるのではないか?
虚数同士の掛け算は実数になり、物体が存在する。

虚数だけだと物体はないものとして捉える。
東大チームの偉業は熱力学第二法則を「別なやり方」で証明したところ。

「時が戻る可能性」を持つ量子力学分野で証明したところかな。

参照:なぜ時間は一方向にしか進まないのか?

 

人間の武器

熱力学第二法則を量子力学の視点から証明した。
大規模な太陽フレアが起きて、多数の電離・電波障害を起こす。

二つの現象を通し、ある種の現実を私たちに教えてくれる。
仮に熱力学第二法則と違う現象を、
量子力学の視点から証明した場合、世界は変わる。

世界どころか、権力構図も大きく変わる。
過去へ戻る技術が生まれ、国の在り方も変わるだろう。
異世界(一瞬で別な世界へ飛ぶ)へ飛ぶ確率も減った。

一方で太陽フレアを「より身近な武器」として作れば、
わざわざ地球上空へ飛ばさなくても、
飛行機程度の高度で障害を引き起こし、電気通信系を混乱させる。

どちらも私の空想だ。空想はある程度まで形にできる。
空想に自分を含む、人間の将来がかかっている。

空想なら熱力学第二法則はもちろん、
太陽フレアにも違う考えを抱き、別な世界を表せられる

そこに人は「新たな何か」を抱くと思うんだ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket