ダヴィンチあじみ

※ プリパラより狂った美術教師、黄木あじみ。語尾がワーグナー。

おはよう、しゃしゃ。芸術に関する記事として、
「絵師で彩る世界の名画」について書いた後、
書店にて「齋藤孝の天才伝7 レオナルド・ダ・ヴィンチ」を見つけた。

面白いだけでなく、芸術とは何かについて書いているので、
思った感想をここで述べていきたい。

 

ゴールデン・サークルとつながる

斎藤孝先生によると、
レオナルド・ダ・ヴィンチは「宇宙の探求」を人生の目的とした。
手法としてデッサンを人体解剖などを行った。
他にも科学や歴史などを勉強した。

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う
におけるWhy-How-Whatがダヴィンチにもみられたのだ。

WHY:宇宙(人間含む)の探求
HOW:自然観察
WHAT:デッサン他
価値:芸術

彼は絵を描くのも仕事のみならず、宇宙の真理を追究するためだった。
斎藤孝氏を仲介し、レオナルド・ダ・ヴィンチに出会えてよかったよ。
(精神的な意味で)

参照本:WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う

過去記事:Why-How-Whatジョブズの戦略ってすごかった

 

内包するエネルギーを描く

アインシュタインの公式「E=mc^2」を知っている?
量子力学分野において、エネルギーは質量×光速の2乗
質量によってエネルギーは変わる。
大きく見ると、私たちはすでにエネルギーを持っている。

エネルギー:仕事しうる能力、
物理でいう仕事:力と距離の掛け算(ベクトル内積)であり、
力の向きと進む距離が一致したら強いエネルギーを。
直角になったら0となる(内積の定義より)

レオナルド・ダ・ヴィンチは物体の中にあるエネルギーに注目した。
水一つをデッサンするにしても、コップの中にたまる水と、
上から下に落ちる滝とでは、描写が全く違う。

違いはエネルギー(コップの中にある水は仕事をしない。
しかし滝は位置エネルギーが働き、仕事をしている)
そこから「運動は生命の源」と述べている。

斎藤氏は「運動するから、宇宙を一つの生命体として認識できる」
(文章を私が一部編集した)述べているよ。

結果、見える存在から見えない『幽霊』を描く。
目視できる存在の背後に隠れた『見えないもの』を描く。

伝記本:レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)

自著:レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 上 (岩波文庫 青 550-1)

 

最後の晩餐は人間より宇宙

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた作品として有名な「最後の晩餐」
斎藤氏によれば「最後の晩餐は人間の心理を描いている」そうだ。

登場人物に「ストーリー」をつけ、
「Aさんが明るい衣装を着て、顔が暗い理由は……」
設定を一つずつつけているのだ。

「人物を描きたければ、人物が抱く心理を考え、
きちんと表現するだけの動作をせねばならない」

私はとても勉強になった。人間が抱く心理は顔に現れる。
一つの例として、舛添都知事の金銭問題において、
彼の表情や顔色などを観察してみてほしい。

ばれる前に比べ、顔色がどんどん黒くなりつつある
私も大変甘かった。そこまで考えなければならぬのか。

しゃしゃはどうだろう?

 

絵師が名画を描かなければ

出会いもなかっただろう。
絵師が描いた世界を見ると「名画はすごい」述べる人が多かった。

とあるスレッドで話題になったため、
改めて昔の絵を勉強する人も多かったんじゃないかな?

私にとって古典名画を勉強させる機会を得ただけでも、
絵師で彩る世界の名画」の価値はある。

本当に良い本を作ってくれてありがとう。

話題本:絵師で彩る世界の名画 ([実用品])

過去記事:絵師で彩る世界の名画が薄っぺらい?

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ解説を読むべき?

レオナルド・ダ・ヴィンチについて、斎藤孝氏が解説した本を読むべきか?
彼は芸術家ではない。学者だ。しかし共通する部分はある。
また彼なりの視点がわかりやすいので、原著を読むきっかけにもなる。

齋藤孝の天才伝7 レオナルド・ダ・ヴィンチ

中でも「斎藤孝と鑑賞する」「斎藤孝が読み解く」
部分はメモを取り、声に出して読むべきだ。
体にしみこませると、名画を描く際、ポイントを意識するよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket