博多駅前の陥没事故

おはよう、しゃしゃ。
今日の朝、博多駅前で大規模な陥没事故が起きた。
道路がぽっくり穴に落ちる事故。

日本で見るとは思わなかった。
(韓国ではちょくちょく見かける)

死者はでなかった、よかった。
死者が出なかったひとつの理由に「危機感」が働いたからだ。

 

陥没事故の原因と危機意識

陥没した原因の一つに地盤がある。
博多は砂でできており、岩ではない。
粒が細かいけれど強くはない。

熊本地震や鳥取地震など、「地盤が揺れ動く」傾向はあった。

陰謀論は考えていないよ。
博多駅前にミサイルが落ちていたら、
道路はもちろん、ビルも壊れているし。

事故が起きる前、市営地下鉄の工事を行っていた。
削岩中に水が噴き出し、工事を中断。
博多署に連絡して付近を交通規制してから5分後、事故が起きた。

水が噴き出す→地盤が弱くなる
→「もしかしたら」崩れるかもしれない
→先回りして警察に連絡し、備える

昨日、記事を書いた「日本工業大学の建築火災事件」と比べ、
「自分たちの仕事で人が死ぬかもしれない」
危機意識を抱いたから、先回り対策ができた。

博多駅前の事故、今後はどうやって修復していくのだろう。
きちんと現状を見渡してうまく処理するとは思うけれど……
見事に修復したら、日本の工事業界もすごい。

頑張ってほしい。

 

普段から抱く「危機感」

今回の事件は工事を行っている人たちが、
「危機感」を抱いてすぐさま対応をとったので、
死人がたくさん出る事故に至らなかった。

「自分がかかわっているものに関し、死人が出るかもしれない」

後悔する恐怖感があるからこそ、
悔やみが現実にならぬよう、対策をとる。
「後悔する恐怖感」を鍛えねばならぬ。

 

自分の仕事に責任を抱く

「今、しゃしゃに気づいてもらった方が、
今後、起きるかもしれぬ万が一の事故に備えられるかもしれない」

記事を書く際、余計すぎるお世話を抱くからこそ、
万が一の未来を防ぐために今、記事を伝えている。

しゃしゃも今、取り組んでいる事柄に対し、
「もしかしたら、万が一こうなるかも……」抱き、
先回りして対策をとろう。

参照本:眼力 (CD付)

 

別な事例を通して現状の危機意識を養う

例えば博多駅前の事故と関係がない「国債状況」にて、
尖閣諸島がとられるかどうか?

尖閣→日本がとられるかもしれぬ。
ひとつ危機意識を抱くと、余計な不安を抱え込んでしまう。
でも「どこまでが本当の危機感」なのか、正確につかめない。

正確につかんでいる人の情報を通し、
「今起きている危機」を知って、先回り対策をとる。
対策がないなら注意深く観察する。

先回り対策のために「危機意識」を養いたいなら、
以下の本を読んでみよう。

ひとつは現時点で予約だけど、
「様々な実例」から現状と「なってほしくない未来」を想定する。

想定したものを参考に、己の未来も考えてみる。
そのうえで「最悪の未来」にならぬよう、
今できる行為をやっておくといい。

そしたら未来において、
「あの時気づいていればよかった~」
悔やまなくなるでしょ。未来の自分を救えるよね。

本:「カエルの楽園」が地獄と化す日

 

おまけ:503エラーが怖い

今日、何度か更新したのですが、
503エラーが出て、数回記事を書き直しました。

 

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket