Pocket

交流会

私が生息する釧路にて、ベトナム人との交流会に誘われて参加。
私はベトナムの言語を話すことができない。

彼らは踊って歌って交流会を終えた。
途中、子供たちとお話をしたり、獅子舞をみたり……
交流会が終わった後、ロシア人の青年が話しかけてきました。

 

異文化を知る

ロシア人の青年

※ 記憶に残っていたロシア人の青年顔画像

日本語と英語を使いながら話をしました。ロシア人の青年、名前は聞かなかった。
彼は将来ロシアに帰国して、日本語などの教育をしたいとのこと。

日本語教育を通し、いろいろ教えてもらいました。
ロシア人から見て日本語のどこが難しいか?

主語の省略

日本語は主語を省略しても話が通じます。
古文は「敬語」を見ることによって、主語を省略しても、
誰が誰に向けて話をしているかがわかるのです。

英語は反対に主語をきちんと入れないと、
誰がどのようなお話をしているかわかりません。
日本語を英語に直すとき、一番嫌だと感じる部分がここ。

「英語ってわざわざ主語を入れるのかよ、面倒くさいなあ」
反対に私がロシア語でびっくりしたのはここ。

文法がめちゃくちゃでも通じる

日本語とある意味似ている部分なんだけど、
日本語は主語の後に適当な文章があって、最後に述語となります。

ロシア語は並べ方が適当と述べていました。
主語の後に述語が来てもいいし、副詞などが入った後に述語でもよい。

例;
日本語:太郎が花子に話しかけた
ロシア語:太郎が話しかけた花子に、話しかけた花子に太郎が

文章って受験勉強のせいか、きちんとやらねばならん。
考えてしまいますが、実際使うときはジェスチャーがあるので、
とにかくわかっている範囲で伝えようと思えばよい。

しかし、最低限の中学英語は身に着けておくとよい。
何しろ会話のほとんどは中学英語なので。
高校英語は論文を読むときに必要とされますね。

 

源氏物語より竹取物語がおすすめ

かぐや姫

日本語を学ぶ際、古典は読んでいますか?
私はこう質問しました。

すると彼は「読んでいる」述べたので、
「源氏物語はどうです?」尋ねると「源氏?」

別に源氏物語を知らなくてもいいんだけど、
枕草子と源氏物語を読んでおくと、表現力が上達する。
日本語の難しさと特徴はあの作品に現れているといってもよい。

二つの物語のうち、枕草子のほうが読みやすい。
源氏物語は何度も読まないと面白さがわからない。
なお、紫式部なら彼女が書いた日記のほうが勉強になります。

でも、古典の中で最もお勧めしたい本として、
ロシア人の青年に竹取物語を薦めました。

竹取物語はかぐや姫の意地悪さだけでなく、
日本語としての難しさ、敬語、そして言葉オチがあり、
結構楽しいつくりになっている。

五人の貴公子は当時の藤原政権下を一部反映したものであり、
帝に対してもすぐに心を開かないところは、
当時の常識から言って炎上騒ぎになる状態。

現在の日本にも通じる面白さや常識はずれの部分があります。
なお、こちらで竹取物語について書いているので、ぜひ読んでみてね。

過去記事:竹取物語には風刺テクニックが詰まっている

 

別れの後はカニのUFOキャッチャー

UFOカニキャッチャー

別れた後はカニのUFOキャッチャーがありました。
釧路にこんなものがあるとはびっくり。そのあと魚市場にいくと、カニが多い。
なお、見つけた場所はMooという施設。釧路川を見渡せます。

noo

実に面白い1日でした。普段、あまり外に出ないので、
外出するといたるところに面白さが潜んでいるのですね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket