乾燥肌と湿疹で苦しんだ私がスキンケアなしで悩まなくなった不思議な理由

そういえば最近、かかなくなった……

おはよう、しゃしゃ。

私は湿疹を患っている。

ひどく患ってから5年以上たつと、
病院の協力もあってだんだん回復傾向に向かった。

今でも風呂上りの首まわりはかゆいのだけど、
平常時はよほどのことがない限りかゆくない

何よりいつもなら真冬の寒さから生じる乾燥肌に対し、
大した悩まなくなった。湿疹もちで乾燥肌の私がだ。

いつもなら生じるピリピリした静電気もあまり感じぬ。
私の体に何があったのだろう。

くわえて現在乾燥肌で悩んでいるなら、
どうすればあまり悩まなくなるのだろう。

 

乾燥肌の定義

はじめに「乾燥肌」とはどんな状態を示すのだろう。
基本ピリピリとお肌が外の空気を察知し、

「なんかうまく言えないけれど、辛いなあ。体がうーーっと反応すするんだよ」

一応定義を調べたところ、
肌の潤いが不足してカサカサな状態を示す。

参照:乾燥肌とは何か?

 

徐々にかかなくなった理由

昔の私はことあるごとにひっかいていた。
例えばピリッと来たらすぐひっかいた。

ぴりっは季節に関係なく訪れる。例えばおでこなら前髪が当たる。

冬ならちょっとした冷たい空気や風に刺激を受ける。

夏ならじめじめした空気から汗をかき、汗を通して体がむずむずする……

ピリッと来た場合、ひっかいてから薬をつけるのだが……
数時間立つとまたピリッときてかゆくなる。

ぴりっ→ひっかく→薬をつける→ぴりっ

繰り返しで膿がでるようになり、さらにひっかいて帯状疱疹や水ぼうそうが出て、
さすがに「これ以上ひっかいたらやばい」

ぴりっ→ひっかきたい→我慢しろ、我慢

薬をつけてもかゆくなるし我慢できずに、
ちょろっとだけひっかきながらも我慢した。

我慢を重ねた結果、少しずつ肌もよくなった。
どんな薬をつけようとも一番は行動にある。

刺激→ひっかく

単純なプログラムを止めない限り永遠に続いてしまう。

ぴりっときてもすぐかかないで耐える。
はじめはとても辛いけれど少しずつ慣れてくれば、
かゆくなる回数も減っていくよ。

 

ちょっと気になるがかゆみの元

かゆみを生じる一つの条件として「気になる」がある。

今だと私は頭のてっぺんが気になる。だから触れる。
触れてから数分後、再び気になる。だから触れる……

触れていくうち、どんどんむずむずしてかゆみを覚える。

そこで気になったとしても我慢すればかゆみは収まらないし、
余計にひっかきたくなるのだけど、ひっかきたい誘惑に乗らない。

するとだんだんかゆみも収まっていくよ。
ひっかいたほうがすぐ解消できるのだけど、後がひどくなるからね

 

オリーブオイルとニンニクで作るアホエンオイルのススメ

前にやっていた健康番組「スパスパ人間学」のコーナーにて、
ニンニク油を創るコーナーがあった。

ニンニク油を使うと肌がしっとりする。
うちの母がパパパっとメモし現在も創っている。

ニンニク油を作った後、みそ汁にスプーン一杯を目安にたらす。
調べるとアホエンオイルと呼ばれている。

乾燥肌で悩むならぜひアホエンオイルを作ってほしい。
レシピは上記動画及び下記レシピサイトを調べてほしい。

レシピ参照:ニンニク油の作り方

 

メンタルの強さも影響している

オリーブオイル

乾燥肌からの湿疹に悩まなくなったもう一つの理由は精神だ。

メンタルがどうかゆみや乾燥肌に影響を与えるのか?

メンタルが弱くなると剥げ口として自傷行為に走ってしまう。
私の場合ひっかく行為は湿疹だけでなくリストカットの一種
だ。

リストカットとは手首を切って気分を紛らわせる一種のストレス解消だ。

私の場合は手首を切るのでなくひっかいて気持ちよさを得る。

ひっかきは脳にとって快楽である。
だんだん痛みが勝ってくると快楽よりも苦痛が現れる。

初めの自傷行為は脳にとって苦痛でなく快楽だ。
だんだん苦痛が勝って心も落ち込んでくるという辛さがある。

目先の快楽を得るために傷つけてしまう。
別の目線だとわけもわからずお金を使ってしまう行為に似ている。

自傷行為は種類を問わず何にでも当てはまる。

自傷行為をやめるには心を強くさせるしかない。強くさせるとは何か?

トラウマや苦しいこと辛いことと直接向き合い、直に乗り越えていく様をを示す。

例えば人からバカにされて苦しいと感じた。「辛いこと」を一番克服する方法は一つ。

バカにした人に対して「喧嘩売ってんのか」と、
大声で言って直接乗り越える方法だ。

二つ目は「大丈夫、そんな自分を愛しているよ」と、
自分で自分を抱きしめ言葉をかけてあげる。

記憶は死ぬまで(死んでからも?)何らかの形で再生し、己の心をじわじわ苦しめていく……

ように見えて実は「もう自由になってよ」と、
記憶が泣き叫んでメッセージを送っている
だけ。

だからこそ「まだこんなことで悩んでしがみついている自分、
本当にごめんね。そしてもう乗り越えたよ、ありがとう
」と、
自分をさすって声をかけてあげればいい。

三つめは被害者根性だ。

いつまでも自分はかわいそうな被害者を置く。そうじゃない、実は加害者なんだ。

加害者意識を持てば心が図太くなる
被害者だと思い込んでいたから弱っていただけ。

だからこそ反対の「加害者意識」を抱くと、
ストレス解消として肌を傷つけなくなっていくよ。

気持ちの抑圧を開放するために、かゆみを通して発散する感じ。
普段開放していれば、かゆみに向かいにくくなるよ。

ちょっとまって

ホオポノポノの好転反応とクリーニング内容が地球規模で大きすぎるのだが

心についてはこちらを読んでほしい。
かゆみを食い止めるために薬はあったほうがいいけれど、
なるべく使わず我慢して限界を重ねてから薄く遣うのがいい。

一番は薬になるべく頼らず、季節の野菜を食べて軽やかに過ごすダ。
心も含めt軽やかに生きる習慣をつけておこう。

お願い

めがびちゃんからお知らせ♪

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。