2019M-1グランプリ:かまいたちとミルクボーイの差ってコレだよね

とても熱い戦いだった。

ども、しゃしゃ。
さっきまでM-1グランプリを見ていた。

私の中では和牛と霜降り明星の戦いが鮮明に残っており、
今年は和牛が決勝ラウンドに進めず、新規三組での戦いだった。

優勝はミルクボーイだ、おめでとう。

さて今年のm-1はミルクボーイとかまいたちがほぼ似ており、
ぺこぱが新しい形の漫才をしていた。

ミルクボーイもかまいたちも私から見ると、
勢いに乗った漫才だけど、審査では大きく差がついた。

なんでだろう?

 

去年の霜降り明星にあって和牛になかった勢い

初めに去年のM-1についてはっきり覚えている範囲を書きたい。
和牛とジャルジャルと霜降り明星が戦って、霜降りが制した。

和牛はストーリーに基づいた漫才であり大変面白かった。

一方で霜降り明星はある程度強引に勢いづいた漫才を行い、
お客様の気を味方につけてしまった。

うちの姉は述べていたよ。

和牛は失敗しないからこそ安心して見られる。一方で霜降りはハラハラする

お客様が持つ気とはまさに一歩引いて漫才を楽しむか、
「ああ、がんばれ」とスポーツ選手を応援する形の楽しみ方か。

霜降り明星はスポーツ選手を応援する形の気であり、
和牛は劇場でじっくりと楽しむ雰囲気だった。

お客様を味方につけるとはスポーツ選手を応援する気持ちに近い。
霜降りは芸と勢いをつけてお客様を味方に引き込んだ。

何よりM1聴衆者はみんな和牛や霜降りを知っているわけではない。
むしろ私のように「誰も知らない」人すらいるんじゃないか。

知らない人を相手に味方へ引きずり込み、笑わせなければならないのだ。

 

かまいたちvsミルクボーイに見るわずかな「差」とは

https://twitter.com/koitann9/status/1208737810057842688

さてかまいたちとミルクボーイは私から見てほぼ同じだった。
どちらも勢いがあって早口でお客様を味方に引き込む気があった。

引き込む気は同じなのにどこで差がついたのだろう?
私はかまいたちの「最後」で差がついたのではないかと考える。

かまいたちの最後とはお客様に手を上げてもらい、
お客様も漫才にちょっと加わってもらう形だ。

見る側から一瞬だけ参加させられる側になる。

かまいたちが尋ねた言葉は「となりのトトロを見ていない人」だった。

合計6人で少し間を開けてボケを入れたのだけど、
あそこでちょっとお客様が冷めてしまったのではないか?

M-1を直接見ている聴衆者の中には「かまいたち」を知らない人もいる。

かまいたちを知っている人なら「ああ鉄板」おもうだろうけれど、
私を含めて知らない人から見ると「え」驚いてしまう。

笑いよりも「ちょっと冷めて」しまう。私はそう感じた。

一方でミルクボーイはお客様に尋ねず終始ボケとツッコミだった。
もなか一つを題材に4分間の漫才を繰り広げた

うちの妻と父と私は面白かったのだけど、母は嫌っていた

やかましすぎるわ!

母はかまいたちが優勝するとみていたよ。

私はミルクボーイの漫才を見たとき、
お客様が持つ気を覚まさず最後まで維持したから「優勝する」予想していた。

 

ぺこぱが最後の審査に上がらなかった理由って?

決勝ではミルクボーイとかまいたちとぺこぱの三組が残った。
ぺこぱは新しい若手の漫才を堪能できて面白かった。

特に10組から3組に絞られる部分では勢いがあり、
お客様を味方に引き込んでいた。和牛を落とす勢いだった
しね。

10→3組の勢いを持続させられれば優勝もありえたとみている。

決勝で冷めた部分が出てしまい(お客も大笑いしなかった)、
勢いが落ちてしまったので逃してしまった

ぺこぱはこれからも期待できるので頑張ってほしい。

ということで今回のM-1感想を軽く書いた。

かまいたち、ミルクボーイ、ぺこぱ他お笑いをありがとう。
そして次回のM-1に出るすべての芸人へ、頑張ってください。

ちょっとまって

去年のM-1について思ったことを書いたよ。

2018年M-1:和牛が霜降り明星に優勝をとられた衝撃の理由

ぜひこちらも読み比べてほしい。

あともう一つ、ぺこぱでいろいろ調べていたらこんなDVDが現れた。

楽天:カイブツ 総集編【お笑い 中古 DVD】メール便可 レンタル落ち

楽天にミルクボーイが出演していたころのDVDがあり時期が2008年だった。
今から11年前の話か……吉本プロフィールを見ると、まだ30代前半なんだね。

加えてDVDがデビューから1年後であり学生だったとはね……
はじめ30後半のおっさんだと思っていたよ。おめでとう。

お願い

めがびちゃんからお知らせ♪

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。