共同通信の連続ねつ造報道の裏にこんな人選があったとは!

この人選はさすがに……

おはよう、しゃしゃ。
最近ネットで共同通信のむごさを取り上げている。

共同通信が立て続けに政治関係の記事を発表した後、
政府からどんどん「その事実はない」と否定されている。

ある人は述べていた。

韓国のホワイト国除外から、
今まで以上に共同通信のねつ造記事が目立つようになった。

今日、共同通信のトップに関する情報を知った。
結果「そりゃこーなるわ」思ったよ。

 

共同通信のねつ造記事1:安倍総理の環境演説拒否

虎ノ門ニュース月曜日で安倍総理の国連での環境演説について、
事務総長から「具体的な計画を出せ」という理由から、
総理の演説が断られたという発表があった。

すると小泉環境相が「その事実はない」と否定。

虎ノ門ニュース元産経の田北さんによると、
国連側から演説依頼をしたものの、総理側は仕事の忙しさを理由に断った。

共同通信の記事だと「複数の政府関係者」と書いてあり、
政府関係者が誰なのかで決まる。

そもそも初めから存在するのか?

※ 共同通信の記事は一定時間たつと消える恐れがあるため、
URLリンクを出さないようにしている。

ソース:this.kiji.is/572891566403535969

参照:共同通信が悪意的な反安倍報道をやらかして小泉環境相が全否定

 

北方領土の呼称に関して

続いては丸山N国議員が政府に質問状を送った。

ソース元URLは東京新聞だけど、
(共同)と書いてあり共同通信がソース元だ。

共同通信によるとロシアといざこざを起こしたくないから、
ツアー参加者に「北方領土という言葉を使うな」注意した。

丸山議員が公開質問状を出したところ、政府は「そんな事実などない」と反論。

ソース:www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019111601000692.html

ソース2:共同通信が配信した「政府、ツアー参加者に北方領土と言わないでと注意喚起」記事、デマだった模様

 

韓国GSOMIA後の韓日首脳会談他

続いて韓国でGSOMIAが破棄されるかと思った前日、
破棄をやっぱやめた、だけどコマはこっちにあると、
謎の負け惜しみ(というより一人芝居)を行った。

破棄キャンセル後、共同通信は日本と韓国で会談を行う方向だと伝えた。

別のところでは米国が日韓の間を取り持つという情報もあった。

日本では経済産業省による事務局会議を開くだけであり、
お互いのトップによる首脳会談は開かれない。

仮に何かのイベントで開かれても、数分間程度の「会談?」言われる内容だ。

ちなみに共同通信のソースは複数の韓日関係筋であり、
関係筋が誰なのかわからないと、信頼性も低い。

また別のGSOMIAに関する共同通信ニュースは、
韓国国防部ですら「そんな事実はない」と否定した。

ソース:www.okinawatimes.co.jp/articles/-/501113

参照:【捏造】共同通信「GSOMIA破棄、米上院が日韓協力促す決議」→またもフェイクニュースと判明

 

在日米軍基地駐留費用を4倍以上

ワシントン支局の共同通信だ。
在日米軍負担を今より4倍負担すると書いていた。

ワシントン共同通信のソースは米外交誌フォーリン・ポリシー

共同通信が取材したのでなく、
米外交雑誌を読んで記事を書いたのね。

すると日本政府高官がボルトン米大統領補佐官と話をした際、
「そんな話は一切ないし、これから交渉する」と否定した。

日本政府高官が誰なのかは気になるね。

状況次第によって現時点でその話はなくても、
本当に4倍以上吹っかけられる恐れはある。

ソース:this.kiji.is/568254033867342945?c=39546741839462401

参照:【捏造】共同通信「在日米軍基地経費4倍要求!」→政府高官が否定

 

共同通信の理事長と副理事長がなんと

今日色々ネットを見ていた。
共同通信の2019年6月24日によると……役員人事のお知らせで、

  • 大島宇一郎=中日新聞社社長の理事会長
  • 小田敏三=新潟日報社社長の副会長
  • 水谷亨現社長

※前任の理事会長は北海道新聞の人

中日新聞と新潟日報という単語を見たとき、
「ああ、これなら仕方ない」思った。

中日新聞は愛知県に籍を置く新聞社であり、朝日新聞以上に反日傾向が強いといわれる。

また愛知県といえばトヨタといった労組であり、
トヨタは基本民主党政権(今だと立憲など)を強く推している。

正確に言うとトヨタの労働組合が立憲などを推している

基本愛知は民主系の岩盤がとても強い
民主系というより新聞の傾向としても左側の視点に立っている。

もう一つ新潟日報といえば闇のキャンディーズ事件だ。

キャンディーズ事件は後で載せるとして、
二つが上に立っているから「なるほど」と思ったよ。

参照:朝日だけじゃない「反日地方紙」の正体

参照:トヨタ票、岩盤に異変 労組出身者7連勝の11区

ソース:定時社員総会で役員人事が決定しました

 

共同通信と文大統領が握手

国家基幹ニュース会社の聯合ニュースが報じていた。
韓国の文大統領と共同通信の水谷亨社長が握手をしていた。

握手をするという姿を見ると、

「共同通信は韓国政府のニュースを事実として報道しますし、
我々は韓国側に乗っかりますよ」

まさに大きな権力とくっついた姿にしか見えないのだけど……

別のソースだと聯合ニュースと共同通信が手を組み、
ニュースの幅を広げる
と報道があった。

文大統領が手を握ったところから、韓国からも収入減が増えた前提で見ると、
ますます日本の情報業界を混乱させるニュースが出回る。

世論工作がうまく進んでいるのかといえば……?だ。

商売の観点から重要な部分がある。
文大統領が対日世論工作を強化すると決めた日付が8月終わりだ。

来年にかけて大幅な対日予算編成を行うと、zakzakに書いてある。
次に共同通信と韓国の協力が先月だ。

商売で見ると韓国の対日世論工作を通し、
韓国側が情報会社(共同や新聞、テレビなど)に多額の予算をかける。

共同通信としては更なる利益が入るチャンスとなり、
わざわざ大統領と握手し撮影させるところから、収入減を途切れさせぬ機会を得た。

変な情報を書いても改めない原因として、韓国予算から出る情報工作代金で、
共同通信は前年度よりもさらに儲けるためと私は見ている。

とはいえ、韓国に向けてもねつ造をやらかしている

ソース:jp.yna.co.kr/view/PYH20191107245900882

ソース2:jp.yna.co.kr/view/PYH20191108044700882

参照:韓国・文政権が「対日世論工作」強化画策 来年度予算3倍確保へ

 

共同通信の財務諸表を見た結果

共同通信の財務諸表

共同通信の財務諸表が気になった。

去年の決算報告を見ていくと、
流動及び固定資産および負債は前年より増えている。

損益を見ると売上高も増えた一方で、
人件費を含む販売及び一般管理費も膨らんでいる。

ほぼすべてにおいて前年よりも高くなっており
今年も上がるのではないかと考えているよ。

参照+画像:一般社団法人共同通信社 決算公告

 

信じるという無形資産が大切な時代に

虎ノ門ニュースが始まったあたりからら元共同通信社の記者、
現在は国会議員の青山繁晴おじさんも強く述べている。

とはいえ、政府の情報も本当に信頼できるのか?

どこを信じるかによって変わるというより、
全てに対して「一度は」疑う姿勢を抱かねばならぬ。

疑いすぎると疑心暗鬼になってしまい、
自分を含めてすべてが信用できなくなってしまう。

信じる場所を間違えてしまうと、恥をかくだけならまだいいけれど、
下手すると無駄なお金を払ってしまう。

「何を信じるか?」

2019年もあと1か月で終わりだ。

2020年は「誰も信じられない状況で、何を信じて動くか?」
がテーマと考えている。

今、しゃしゃが強く信じているところですら、いったん疑いを抱く癖をつける。

疑いながら現実に照らし合わせて調べつつ、
自分なりに真実を見つけ進む時代
と私は考えた。

今まで真実はメディアが提供していたので、
私たちは楽できた部分があるのだけど、すでに通用しなくなった。

ある意味、進化しているのか退歩しているのかわからないね。

 

日記:進んでいるARPGゲーム
にげる

インスタにてイラストを上げています。
最近イラストは今制作中のアクションRPGの世界観しか描けない。

他の普通のイラストを描こうとしても……浮かんでこない。

ARPGについてはインスタのストーリーを見てね。

ちょっとまって

まずは新潟日報といえばこちら。
闇のキャンディーズ事件があってから、新潟はそっち路線だと強く思っている。

キャンディーズ事件がなければ「中日新聞の親玉かあ」で終わる話だった。

後は元共同通信の記者だった青山繁晴おじさんが、
共同通信の世論誘導術について述べている。

今から4年前の記事であり、4年たった後の世論誘導術は効果が出ているのか?

最後、何を信じるかについてはこの記事が役に立つ。
人はもちろん、すべての神様ですら未来なんて予想できないしわからない。

だからこそやるべきことは一つ。

お願い

おすすめリンク

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。