自民党総裁選から見えたメディアによるツイッター工作の裏側

ども、しゃしゃ。
今日はラブライブ三昧をやっており、仕事をしながら聞いている。

すると#フジ総裁選というアカウントがツイッタートレンドに上がり、
見ると「メディア側が仕掛けたらしいツイッター工作」が出ていた。

基本、ツイッターにはプロフィールなど情報がないので、
メディアが仕掛けた確実な証拠はないけれど……

後で述べる事情から「え?」思われるツイートが読まれた際、
「ああ、これが大手メディアのツイッター戦略か」思ったよ。

 

画面下にあるツイートの意味

ツイートが表示されるね。誰かのつぶやきを載せている。
昔、選挙時でテレビ番組が人様のツイートを流したところ、
ここでは書き込められない表現満載で大爆笑したよ。

メディアはツイッターを使える。
だからこそ、特定のツイッターを選び、乗せられる。

ツイッターのタイムラインのごとく、ハッシュタグを入れれば、
だれでも見られるようなものではない。

運営側(ここではフジテレビ)がツイートの取捨選択ができるのだ。

取捨選択できるので、総理に厳しいツイートが多い模様。
だけどツイッターでは「つぶやいた人」を特定し、
上記ツイートのように疑問を抱いている。

ツイートを使ったメディア側の戦略を意識しておくとよい。

 

ネットがある/ないで分かれる世論

ツイッターを見る機会がない人にとって、
ツイッターの意見にある「からくり」など知らぬ。

だから「ツイッターでは安倍批判が多いのね」認識が多い。
(もちろん、石破批判に関するツイートもあっただろう)

一方、ツイッターを使っている人はつぶやいた人を特定し、
中身–プロフィールやつぶやき数、フォロワー数など–を頼りに、

「これをつぶやいて何度も採用されているの、おかしくね?」

ネットは裏をとれるけれど、ネットがない人は裏をとれない。

なお総理を批判するなという意味ではない。総理批判のツイートを読むと、

  • 賃金が上がったと総理は述べているが、下請けは上がっていない
  • もう少し石破氏にも喋らせる時間を与えてよ(番組への批判)

ちなみに自分なら、虎ノ門ニュースの有本姉御の言葉を借りて、

「尖閣諸島に人を常駐させなよ、なんで相手に配慮しているのさ。
しかも公約からこっそり消しちゃってさ」

 

放送のアーカイブ反対も工作がばれるため?

前に放送をアーカイブ化しようと自民党が提案したところ、
毎日新聞取締役の小川一さんが反対を述べていた。

アーカイブ化のメリットは「証拠が残る」ので、
工作に関しても証拠が残りやすい。

現代は情報の洪水であり、1か月前や3か月前のスキャンダルなど、
ほとんどの人が忘れている。

スキャンダルの中でも「特に後世へ伝えたい情報」のみが、
形を変えて何度も拡散されている。

アーカイブに残さぬメリットは記録が消えるから、
第三者が検証しようにも材料が足りぬところ。

ツイッターでの裏騒動が見えると、
アーカイブ化したら、証拠として残ってしまうのが嫌なのだろうね。

彼らの立場になれば、気持ちはわかるけどね。
ほじくり返されるの、一番嫌だもの。

なお情報工作の一環としては共同通信の見抜き方を読んでほしい。
新聞はいかにして「工作」を行うか、勤めていた人が述べているよ。

 

日記:工作ってうまくやろうと思ってもできるのかな?
たたかい

インスタグラムにイラストを上げています。

現在制作中の物語、モピカブでの一枚です。
私は工作を行うのが下手で、やってもすぐばれます。

というか自分からばらします。変なところに正直なので。

私の場合は正面からぶつかって失敗していくうち、
「こうしたほうが面白いかも」といった感じで工作が浮かんでくるのです。

今の時代はばれますね。だからこそ工作しないで正面からぶつかりたいと。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。