喧嘩稼業する男

ニュースを読んでいたら、
漫画家の木多康昭さんが作画中に足を骨折し、
現在書いている漫画、「喧嘩稼業」休載とのこと。

ニュース元:
漫画家・木多康昭氏 作画中に足骨折…「喧嘩稼業」休載へ

気づいたことを書きます。

 

幕張と泣くようぐいす

makuhari

木多康昭さんといえば、幕張です。
初めてジャンプを読んだ時、パロディがありすぎて焦りました。
面白くて腹抱えましたが、「いいのか(汗

「あ、この人テレビで見たことある」
人を平気で描き、
「ああ、この人なら言っても不思議じゃないわw」
期待通り、それ以上のギャグをかましてくれます。
(田原さんとか面白かったw)

喧嘩稼業は中身が格闘技で真面目な話題を追求しているだけに、
時折入る「風刺」に心が癒されます。

 

なぜ足の骨折で休載?

ヤフーニュースで流れておりました。
ヤフコメを見ていくと

「実写に近い動きを再現するなら、まずやってみた。
結果骨折したってこと?」

「足を骨折したら、なんで描けなくなるんだ?」

「(ある選手が)足を折られる所をリアル描写しようとして骨折したの?」

色々推測が飛んでいます。木多康昭さんの絵柄は写実です。
しかも実写は現実の動きを参考にしないと取りにくい。

足を折られる描写をするとしたら、実際に折れたらどうなるのか?
本来は折れる寸前で辞めたかったけれど、やっちまった。

足を骨折すると、足に意識が集中します。
すると、漫画を書いているよりも自分の足が気になってしまう。
それで休載したと推測しています。お大事にしてください。

※ 追記

フェイスブックのコメント見ると

「ずる休みしたいだけだろ?
適当な理由で休載を繰り返しているから
本当に骨折したかどうかすら怪しい」

辛辣なコメントが多かったです。

 

体験と想像力

鬼を追い払う女の子

※ 「氷鬼を追い払う女の子」

何気ないニュースですが、
創作する側からすると考えてしまいます。

木多康昭さんがもし、自分の体験を漫画にするとしたら、
事実、リアリティーを重視してすごいと考えています。
リアリティーがあって初めて、想像力も細かく膨らむからです。

想像力を養う際、本を読み、資料を調べるだけでもいいのです。
これも立派な体験ですから。
でも、それ以上にわからない場合は実際にやってみます。

私も文章を書くとき、なるべく実体験をするようにしています。
(当たり前なんだけど、ついさぼりがちにもなる)

初めは資料を使って調べるのです。
それでも足りなくなると、実際に購入して調べる。

ただ、小説を書く場合は現実を知っていながら、
あえてそこを無視し、ありえないことを書いてもいい。

小説を書く際、嘘を書いてもいいと思っています。
ただ、小説の中身によりけりです。

中身が「ドキュメンタリー」ものなら、嘘は書かないほうが良いです。
中身が「完全なる空想物」なら、嘘は平気で書いてもよいです。
ただ、その嘘も単なる嘘でなく「説得力ある」嘘を持たせる。

私はどちらも難しいと考えています。
嘘をつくる場合もある程度「説得力」を考えないといけないからです。

読み手が「ああ、これは明らかな嘘だ。でも信じてしまうかも」
そう思ってもらうといいと考えております。

※ 命に関わる嘘は必ずギャグ調にすること。
例えば火の中に飛び込む場合、飛び込んだ描写を完全なギャグにして、
「明らかな嘘、ギャグ」と認識させる。

 

終わりに

木多康昭さんが描く「喧嘩稼業」は実写を追求し、
史上最強の「格闘技」を追い求めている漫画です。

人によってはグロテスクなシーンもありますが、
それも全て実写を意識しているためです。
ご活躍をお祈りします。

※ 追記:喧嘩よりも泣くようぐいす

泣くようぐいす

喧嘩稼業は目潰しなど、あまり見たくないシーンが多い。
泣くようぐいすはきちんと野球やり、
他校との喧嘩ありでごっちゃになってて面白かった。

個人的に蘇我との決着をつけて欲しかったけどなあ。

 


喧嘩稼業(1)

作者はパロディにも全力を入れるから面白い。
真面目とパロディ、銀魂のような感じです。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket