Pocket

おはよう、しゃしゃ。
今日は経済と潜在意識に関わる話を一つ。

フォロワーひらぎさんのツイートをはじめ、
自分のパソコンがいきなりぶっこわれた後、
インスタグラムを投稿している時、ひらめきが降りてきた。

その際「ゴールドラッシュにおける、つるはし」がいきなり浮かび、
「そうか、つるはしってこういう意味か」分かったんだ。

商売人だったらおそらく当たり前の考えだが、
改めて書いてみると気づかされることがあるだろう。

 

ゴールドラッシュとつるはし

1848年(日本は江戸時代)アメリカで起きたゴールドラッシュ
カリフォルニアのある場所で大きな金塊を見つけた知らせを受け、
多くの白人がある場所に殺到、みんなで金塊を掘り当てたブームだ。

金塊を掘るための道具や作業着、
金塊を運ぶための輸送を作った人が大もうけした。

つるはしビジネスって一部では言われている。
でも自分にとって「何が」つるはしにあたるのか?
もしかして自分はつるはしでなく「金塊」を掘っているのではないか?

自分なりの「金塊とつるはしの境目」がわからなかったんだ。

金塊はみんながこぞって集まり、何かをする場所
つるはしは集まる場所にて「必要な道具」を提供する行為

参照:カリフォルニアの近郊発見から始まったアメリカ人口の西方大移動

 

パソコンがぶっこわれた

今日の朝、デスクトップ型のパソコンをいつも通り起動していたとき、
いきなりパソコンがシャットダウンをはじめ、
「ブブッ」ファンがいつもと違う音を立てた。

電源ボタンを押しても起動しない……
重要なファイルはすべて外付けHDにいれているからいいものの、
昨日まで問題なく使えていたパソコンがいきなり壊れる

「自分はもう終わりだ」とも思わず口から出そうになった。
けれど、心は全く焦っていない

むしろ「新しいパソコンが入るチャンス♪」喜んで声に出した。
今までいろんな事件が自分にあった。

お金が全くなくて、貧困生活を送っていた。
そのとき死ななかった、助けられた。

それに比べるとたいしたことないか。
大きなピンチだけど「すごいチャンス」と捉えている

ピンチ→チャンスと、気持ちの変化がまず一つ。

※ パソコンはFRONTIER [ フロンティア ] デスクトップPC単体 FRS2871/M Celeron G41 250GB HDD 2GB RAM DVDスーパーマルチドライブ ホワイト

 

日本の強み

金曜日、虎ノ門ニュースを見ていたとき、気になった発言があった。
「今後の日本が世界を相手に商売をする」際の戦略だ。

日本は他国(少なくともアジア)に比べたら信用されているらしい。
(日本にいるから実感をわかないのよ)

日本は「より高品質」を目指し、他国に比べて高い対価を示し、
全世界にいる「一般より上」レベルの消費者を相手にする。

農業はもちろん、工業でも他の分野でも……
「私が関わっている分野」にも言えるのではないか

商売、日本の「価値」について考える機会が二つ。

 

インスタグラムにあげるイラスト

インスタグラムイラスト

インスタグラムにイラストを上げている。
イラストを描く際「何を描こうか……」疑問を立てても全くでない
「これを描こう」思っても、気に食わないから消す。

ところが人さまのイラストや写真、
日記を読んでいるとき、突然ひらめきが降りる

ひらめきが頭の中から消えないうちにイラストを描く。
どれだけうんうん唸っても、イラストが浮かんでこないが、
人さまのイラストに触れたとき、突然閃いてイラストを描く。

「なぜひらめきが降りるのか、どんな時に降りるのか?」
ひらめきのありかを訪ねた経緯が三つ。

 

自分にとってのつるはし

※ 久しぶりにニコ生一挙でぬーべーを見た。
最終回はバトルと思っていたら、そうじゃなくてびっくりした。
ぬーべーは今、グランドジャンプで「その後(NEO)」を描いている。

人さまが描いた物語・作品・イラスト・記事・ニュースに触れた際、
「その後」を描いてみたいなあ……考えたとき、ひらめきが降りる。

「その後」は「その後のストーリー」をはじめ、
「その後、何が起きそうか? 今やれば何を防げるか?」
「その後、どんな流れになりそうか、今わかっている事実は何か?」

私にとってのつるはしは「その後、起きる何か」にあった。
久しぶりにわくわくしたね。

自分に降りかかった事故や事件を振り返り、初めて気が付いた。
明らかにしていないだけで、なんとなくやっていた。

明らかにすると、今後自分として何をしたいのか?
ゴール(目指したいもの)までの道がより近くなる。

私にとっての「つるはし」は、
多くの人々がすでに掘り起こした・創作した「何か(金塊)」を、
「その後(つるはし)」を考えて、新しい価値を創りあげる。

しゃしゃはこの話から何に気づいたのだろう?
何も気づかなければ、まずは問いかけてみよう。

またしゃしゃにとって「気になるその後」はないだろうか?
あるなら追い求めてみよう。

 

不幸はビックチャンスの始まり

今日、パソコンが壊れなければビックチャンスへ気づかなかっただろう。
パソコンが壊れてショックを受けたが、大きく焦らなかった。
むしろ「新しいチャンスが舞い込んだ」うれしさすら抱いた。

自分にとって不幸と感じ、自分で解決できる手段がなく焦った場合
「もう駄目だ~」弱気になるのでなく、
「よっしゃ、新しいチャンスが舞い込むで」喜んで迎え入れよう。

予想もしない何かを手に入れるよ。

記事:オポノポノは悪書だけど読んでおくといい理由

記事:心屋仁之助さんのお金に対する考えで価値観が変わる

記事:神様と顧問契約を結ぶ方法は覚悟がないなら読まないほうがいい

記事:この素晴らしき「気」の世界に関して

どうしても焦る場合は、以下の記事を読んでみてね。
焦り→チャンス思考へ変わるから。

気持ちの上なら一番下、「この素晴らしき~」を読むといいかな。
矢沢永吉さんの事例を読めば、役に立つと思うよ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket