ガラスペンを見ると、キラキラ輝いて美しい芸術品で使いたくなる

ども、しゃしゃ。
初めは鉛筆、次はシャープ、次にボールペン……
ペンを使っていると「新しいペン」に心が移ってしまう。

使うだけに特化するならボールペンや筆で十分だが……

インスタグラムで人さまのイラストや写真を見ていると、
ガラスペンを購入し、使い心地が素晴らしいと書いてあり、
「キラキラして美しいなあ」思ったよ。

 

ガラスペンを見る喜び

ガラスペンはペンの一種。当たり前だろと言われるが大切。
ペンで見れば、ボールペンや鉛筆で十分だ。

単なるペンにはない「見ているだけで満足」な気持ちがガラスペンにある。
ただ書くだけなら、100円均一で販売しているペンを使えばよい。

ガラスペンを使っている人を見ると、文字がきれいだ。
他人はもちろん、自分にとって綺麗な文字を描きたいから、
普通のペンでは筆圧を含め、たいした満たしてくれない。
「自分の気持ちを最大限高めてくれる」
一度でも5000円以上のペンを使うとわかる。

ガラスペンは落としたら割れ、修理しないと使えなくなる。
いや、修理しても使えないかもしれぬ。

万年筆に比べ、丁寧に扱わないと壊れてしまう
だからこそ「ペンに対する気配りと愛情」を込めて、
文字やイラストを描く際に影響を与えるよ。

関連:メモ魔なら万年筆を使ってみよう

 

どのガラスペンを使う?

「いろいろあるけれど、きらきらした装飾品が気に入っている。
ガラスペンを使いたいけれど、どれがいいのだろう。ありすぎて迷う」

「様々な形」を選ぶなら、ガラスペン制作に命を懸けている職人、
松村潔さんの作品を見るといい。

初めて試すならトライアングルがいいかも……と言いたいが、
毎日使うとガラスペンの使い方に慣れるから、気に入ったものを使えばいい。

ガラスペン初心

初めは見た目で「あ、これいいな」思ったもの。
自分のラッキーカラー、好きな色、メーカーの歴史……

価格は気にしなくていい
気にしたら本当に欲しいガラスペンを使えず、後で悔やむかもしれぬ。、

誰だって1年間、毎日使っていれば嫌でもなれる
「初めて使うから~」で、標準を選ぶより、
「これがなんかよさそう」で選んだ方がいいよ。

使い方

使い方が載っている。重量やサイズもある。
購入する場合、会員登録を求められるが任意だ。

特典や違うガラスペンの購入を考えているなら登録しよう。
返品や送料(基本、全国540円)など、
きちんと条件を見落とさずに確認してから買おう。

ガラスペン:ガラスペン 松村潔・作

 

ガラスペンとインク

ガラスペンを買うだけでは使えない。インクがなければ使えない。
インクも黒だけでなく、赤や青、より細かく分けると……いろいろある。

インクもメーカーによって、多少色が異なる。
ガラスペンに付属のインクを使ってみるのもいいし、
「このメーカーがいいな」思ったものを使う

私は万年筆の件でパイロットに愛着があるので、
使うならパイロット性のインクだな。

インク:パイロット iroshizuku mini 【色彩雫】ミニ3色セット

 

何か限定で使う楽しさ

ガラスペンを使うといっても「用途」がなければ、単なる芸術品だ。

「使ってみたいけれど、何に使おうか迷うなあ……」
思った場合、一つに絞ってみるといい。

例えば「学習はガラスペンでしかやらない」
ひとつの目的を決めたら、ガラスペンを使う理由ができる。

●●だけはガラスペンでやる。
決めておかないと使う気が起きず、単なる芸術品になってしまうよ。

しゃしゃにとっての「●●」は何だろう?
特にないなら「美しい文字を描く」ためにガラスペンを使ってみよう。

本:美文字の法則 さっと書く一枚の手紙 ―ボールペン・万年筆・毛筆

テキスト:この1冊で完全マスター! 「うまい」と言われる字が書けるペン字練習帖 (MEDIA HOUSE MOOK)

テキストをなぞり、美文字を描き続けると、
文字が美しくなるだけでなく、手先も器用になる。
芸術に対する感覚も養えるよ。

関連:字が下手と言われたので、イラストを描くように文字を描いたら

私も字は下手だ。だから文字として描くのでなく、イラストとして考える。
絵を描くのが苦手でなければ、時を描く→イラストを描くもの
考えてみると、ガラスペンの使う際も気を遣うよ。

いろんなやり方で、ガラスペンを使い倒し、繊細になろう。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。