無題 | R!2 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=61843435

無題 | R!2 [pixiv]

おはよう、しゃしゃ。
しゃしゃは体が痒くて悩んでいる?
アトピー皮膚炎で悩んでいる?

私は何が原因かわからないけれど、
アトピーがぶり返して、辛い日々を送っている。
少しずつ回復に向かっているのだけど、
体をひっかく寸前の「自分」に気づいたんだ。

医療でなく哲学の話だよ。

 

自分の体が「許せない」

「ありのままの自分を愛する」ほど大変なものはない。
口では簡単に言える。「自分が大好き」って。

しかし行動となると、とても難しい。
自分のある行動が、まさか自己否定につながっているとは……

私の頭はどういうわけか、
「体をひっかいたら、そのうちきれいな肌が生まれる。
かゆいときに塗り薬をつけたら、そのうち肌が回復する」

変な想いこみ、先入観にとらわれている。

塗り薬を付けたものの、時間がたつとひっかいてしまう。
そのとき、自分の心理に気づかされた。

「もしかして、私は自分の肌を許せていないのでは?」

自分の肌を鏡で見る、思い浮かべると、
かさぶたや皮膚がめくれて粉がふいている状態で、
湿疹に煩わされない人に比べると、とても汚く醜い。

汚くて醜い「自分の肌」が許せない。
「自分の肌を拒む」ために、肌を気にしていじってしまう。

気にする→刺激が落ちてひっかきたくなる→
かいた後、薬を塗る→時間がたつとまた気になる……

 

汚い・醜い部分を愛してみた

「ひっかいて傷だらけの首や顔よ、ありがとう」と。
忌避するものに「愛」を注いでみた。

たいてい悪いものは「早くいなくなれ」思うのだが、
避けるのでなく「受け入れ、愛して」みる。
すると体へのひっかきを自力で押さえられた。

たいてい体がかゆいとき、思考は停止状態へ陥り、
体が言うことを聞かなくなる。

かゆいときは環境(強風だと、肌にピリピリと刺激が走る)、
免疫低下(先日、病院で白血球数が足りないと言われた)、
他にもいろんな要因がある。

私の場合、ひっかく場所が気になり、
手でいじるうちに刺激が走り、ひっかいてしまう。

自分の「醜く汚い」肌を拒んでいるためと考えたとき、
汚くても醜くてもいい自分を自分で愛してみた。
すると「かきたくなる心境」を自分で押さえられたよ。

 

「今の自分」を受け入れると免疫が上がる

私は医者の友達がいない。医者に述べても笑われるだろう。
生物学に基づいた「科学」の話でない。
「今の(醜く、汚い)自分」を愛する「哲学」の話だ。

精神世界系の本にも「ありのままの自分を愛する」書いてある。
「ありのままの自分」はいろんな形で現れる。

私のように体をひっかきそうな状態にも、
「かさぶたまみれの肌を受け入れつつ、許して愛せるか」

愛する言葉として、
「いいんだよ、かさぶただらけの肌でも」
「かゆくてもいいんだよ。愛しているから」

言葉に出さなくても「心の中」で言えるのか。

たいてい「ああ、かゆい、かゆい、早く治まれよ」
「うわあ、血だらけでもう、嫌になってくる」

「ありのまま」の自分を拒んでいるんだよね。

特に「なりたくない自分」になっている。
「なりたくない自分」に対して叱るのでなく、
「いいんだよ、その自分でも」許してしまう

堕落した息子を叱るのでなく、
「堕落してもいいんだよ、お前がいるだけで愛している」
言っているようで、変な違和感を抱く。

でも、言われる側はほっとするんだよね。
堕落だって好きでやっているわけではない。

堕落していると「決めつけた側」が判断しており、
「決めつけられた側(堕落している立場)」はそうでない。

「かゆかったら、かいていいんだよ」
自分に言うと、かえってかゆみが引っ込むんだよね。
不思議だねえ……。

 

理想でない自分を愛する試練

世の中、勉強や仕事、恋愛よりも……
「今」の自分がどんな状況であろうとも、
「いいんだよ、愛しているよ」愛することが、
一番難しいのではないかと、考えている。

他人との関係もニュースもすべては、
「自分を振り返るためのチャンス」にほかならぬ。

「そのままでいいんだよ、ありがとう」という言葉。
どこかで聞いたことがあるなと思ったら……
夜回り先生こと水谷修氏が不良青年らに伝える言葉だった。

本:夜回り先生 (小学館文庫)

「自分はこうでなければ嫌だ」理想通りに生きていないと嫌だ
理想を否定するのではないか?
恐れを受け入れてしまい、堕落しちゃうのではないか?

かえってかゆみが広がるのではないか?
不安を招きかねない言葉だけど……

現実を拒むから、より「拒みたくなる未来」がやってくる。
本当に嫌な未来を拒むなら反対の考え、
「拒みたい今を受け入れ、愛する」覚悟を持とう。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket