仕事にしくじった

おはよう、しゃしゃ。
ある仕事の依頼が届いた。

私にとって正直「やりたくない」仕事だ。
なのですぐにこなした。5日かかった。

途中、ほかの仕事を投げ出すほど熱中した。
熱中する自分に嫌気を覚えた。

他がおざなりになるからだ。
でもやりたくない仕事を行いながら訪ねた。

しゃしゃも今、やりたくない仕事をしているなあ。
感じているなら、すぐに質問をしてみよう。

 

自分の成長にどんな意味があるか?

otukare

仕事はすべて「自分が成長する」ためにある。
嫌な仕事でも引き受けた以上、

「自分の成長にどうつながっていくのか」
考えなければならない。

何も考えないで引き受けるから、
「ただのお金を得る、ストレスのたまる作業」になる。

私にとって嫌な仕事の一つが、ブログのカスタマイズ。
ある人からお金をもらって頼まれたのだけど、
カスタマイズする時間で他の作業ができるから嫌だった。

でも引き受けてしまった以上、やらねばいかん。
やるうちに他の作業がどうでもよくなってきた。

そこで自分に問いかけてみたんだ。
「今している作業にどんな狙いがあるのか」

「指導する存在」がいるとして、
彼が何かを通して私に気づかせようとしている。

その「何か」を自分で見つけなければならない。
見つけたら、すぐさま自分の仕事に応用する。
すると、仕事の成果も変わってくるわけだ。

なので、自分にとって嫌な仕事を引き受けた場合、
単に嘆くよりも「自分の成長にどんな意味をもたらすか?」
問いかけてみよう。何かに気づかされるよ。

 

どうして私がこんな仕事を?

ウェディングドレス

この質問を思い浮かべているなら、
「仕事における全体像・役割」が見えてない。

例えばアフィリエイト、私もアマゾンや楽天など、
このブログで堂々とアフィリエイトしている。

ブログアフィリエイトを行う場合、

・ブログ
・書き手
・アマゾンなどの商品サイト

最低でも3つの条件を満たさねばならぬ。

「俺のところから紹介して儲かるといいなあ」
という考えだと「自分」しか見ていない

「読者が今後、成長していただくために商品を伝える」
という考えをもって「周り」を見渡している。

関連:すぎやまこういちさんの言葉より未来に気づく

しゃしゃに質問だ。

ブログ、書き手、商品サイトのうち、
ひとつでもかけていたらどうなると思う?

ブログアフィリエイトなんてできないよ。
ブログがなければ、いくら良い商品があっても、
紹介する人がいない。

書き手がいなければ、誰も記事をかけないから、
アフィリエイトする機会すらない。

商品を紹介するサイトがなければ、
たとえ商品の名前を紹介しても報酬が入らない。

ひとつでも欠けてしまうと崩れてしまう
大工が家を創るとき、柱が一つでもないと不安定になり、
家が崩れて人が死ぬかもしれない。

「柱を立てる意味」をきちんと理解している人と、
そうでない人は「生きる責任」が大きく違う。

「何のために仕事をしているのだろう」
思った場合、仕事における全体図をつかもう。

 

おまけ:激務と時間の流れ

otouto

ここ最近、仕事が立て込んでいた。
でもインスタグラムにイラストを上げるほど時間はあった。

また小説家になろうで小説を書く時間すらあった。

激務だと思っていたけれど、そうでもなかった。
なんというか、時間は平等に流れていない。

今、しゃしゃが記事を読んでいる時間が3分だとする。
カップラーメンが出来上がる時間を待っているとする。
仕事に追われて3分以内に片づけなければならないとする。

これらは同じ3分だけど、
最も時間を感じないのが、仕事に追われている状態だ。

早く何とかしなければならん。と考えている時に使う時間は、
いつもよりも早く消費している。

向こうを見つめて

でも、一番時間が余っているなあという印象を与える。

なんと言ったらいいのだろうか。
時間は平等に見えて実は不平等に流れているんじゃないか。
水の流れと同じように、1秒の間に何をしているかで、
「暇な時間」の量に差が生じるのではないか?

変なことを考えていたよ。
意味不明な文章だと思うので、あまり気にしないでね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket