otukare

おはよう、しゃしゃ。
私は「感性」を重要視している。
特に「丹田」が温かくなる場合、必ずやれという知らせが届く。

「本業」に対し「趣味や学業」をどう合わせるのか
生きているうえで一つの課題だと捉えている。

本業と趣味が分かれると、私の場合は体が重たくなる。
そうでない場合、体が軽くなり、調子もよくなっていくよ。

 

本業のおさらい

本業とは何かについて確認しておきたい。
本業は「形のないもの」だ。

例えば私は作家として原稿用紙に文字を埋めているが、
これは「本業を形にした手段」であり、本業ではない。

私の本業は「今ある視点や立場を別なものからとらえ直し、
チャンスに気づいて行動してもらう」
ことだ。

スーパーマーケットで正社員として働いている人は、
正社員が「本業」ではない。

「形のないもの」として、
「人に様々なモノを届ける人間」が本業だ。

本業を達成する手段として、
スーパーマーケットで正社員として働いている。

しゃしゃが副業をしている場合、
本業の理念と合致するなら副業も「本業」になる。

関連:本業からそれてほしくもないものを

 

本業と趣味を合わせる

さて私にとっての課題は、
「本業と趣味(副業その他でもかまわない)」に対し、
どうやって合わせていくのかだ。

私にとって、
「今ある立場において、別な視点からとらえ直し、
チャンスに気づいて行動してもらう」
ことが本業だ。

すると作品も「別な視点から捉え直す」を、
主題に置かなければならないのだけど……
「ほとんど関係のない」行為をやっている。

私の中で「身近な接点」として捉えられない……

だめだとは思っていないけれど、
身近な接点としてつなげられたらよいなあ。

※ 「だめだ」という考えは自分に負荷をかけ、ストレスへつながります。

しゃしゃも「やりたいこと」があるのに、
どうも「仕事・趣味」と結びつかないなあ……。

 

お小遣いよりも本業の追求を

本業に自分が飽きない限り、ずっと続く。
本業を軸にして手段が増える。

私は知人と話をしている時、本業の定義が不安定になると、
収入や活動に悪影響が出る
と気づいた。

どんな仕事についていようが、
人間は必ず「本業」について考えねばならぬ。

本業を追求した結果、お小遣い稼ぎに注目すると、
「それは自分にとって必要なのか」が浮かぶ。

お金を今すぐ得るためにやるのもいいのだけど、
私は「みんなのために頭を使う」を重視しているから、
頭を使う時間に比重を置いている。

お小遣い稼ぎは基本、単純作業だ。
頭を使う時間は基本、世の中の流れ・悩みを読んで、
次なる道を踏めるように色々調べる。

単純作業と調べる「時間」は同じだ。
時間をどう使うかで、成果も分かれる。

しゃしゃとしては「どちらか」というと、
単純作業をしている方が良いか、
誰かのために頭・体・を使った方が良いか。

どちらが良いなあ~と思う?
良かったら下記コメントに書き込んでみてね。

 

おまけ レストランの面白さ

オムライス

姉夫婦がレストランで食べたものを私に送ってくれました。
今度、シトロンというお店に行きたいから情報が欲しい。
(サイトを見たら、昔、自分が作ったHPを思い出す)

姉が写真を送ってくれました。
インスタグラムでも乗せております。

ビーフシチュー

最も目に入るビーフシチュー。
ビーフに厚切りと言ったら、うちでは食べられません。

お子様ランチ

後はお子様ランチ。
お子様ランチ、私が子供のころは好き嫌いがあまりにも激しく、
食べたいと全く思いませんでした。

特に食わず嫌いで、プリンなんてまずい。
今では普通に食べられるものも、
思い込みひとつで食べませんでしたからねえ……

大人になって、好き嫌いがなくなってよかったと思います。
大人になっても好き嫌いはあります。

今まで好きだったものが嫌いになり、
嫌いだった食べ物を普通に食べられるようになりました。

人生ってのは面白いですね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket