Pocket

ましろたん | ゆんめ [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55489538
※ ましろたん | ゆんめ [pixiv] 未確認で進行形の舞台が福島県なんだと

ども、しゃしゃ。
私がテレビで真剣に見る番組の一つが「鉄腕DASH」だ。
ツイッターにてミステリ作家の藤岡真氏のツイートに批判が集まっているよ。

「福島県産」って大丈夫?不安を抱く前に調べてみたよ。

 

福島県産は人殺し

藤岡真氏のつぶやきに対し、
「過去のつぶやきを調べると、福島県への差別ぶりがひどい」
書いてあり、炎上の怖さが垣間見えるね。

全てのツイートを読まれ、恥ずかしい内容まで見られる。
Twitter(今年で10周年)を使う際、気をつけねばなりませんね。
(しゃしゃも暴言をよく吐いているなら、今のうちに改めておこうね)

「人殺し」と書かなければ、炎上はなかっただろうね。
福島県産の小麦で造ったラーメンを食べたから、
人を放射能で殺すという意味で使ったんだろうね。

何も検査しない小麦を使っているとは思えない。
テレビ局側できっちり品質検査を行い、検査に合格した小麦を使っている。

TOKIOはジャニーズの稼ぎにつながるし、
DASHが10年以上放送している番組だから、予算もおりやすい。
本当に不安だったら、テレビ局側・ジャニーズ側がストップをかけると考える。

 

ツイッター休止を発表

ライブドアニュース

ライブドアニュースによれば、ツイッターやブログを休止した。
調べるとツイッターアカウントは存在せず、ブログもプライベートモード。

ツイッターをやるなら、言葉の使い方、選び方に気を付けよう。

画像引用:作家、改めて関係者などに謝罪(ライブドアニュース)

 

福島県産は大丈夫なの?

ところで「福島県産の食品」は食べても大丈夫だろうか?
藤岡真氏のように「福島県産は放射能汚染された野菜や果物他
印象をいまだに持つ人もいるだろう。

私たちはある一定の放射能を受けて生活をしている。
放射能は紫外線や赤外線も含む波であり、
化学反応(原子を回る電子を飛ばす光電効果)を通し、
物質は何かに代わってしまう。

過去記事で放射能について書いてあるから、ぜひ読んでほしい。

[blogcard url=”https://www.megabe-0.com/archives/4392.html”] [/blogcard]

 

福島県産は安全基準にクリア

福島県産のお米・野菜などはきちんと検査をしている。
福島県内で生産されたコメの全てを袋ごとに検査する「全量全袋検査
を行い、基準にみたないお米は出荷させない。

野菜も放射能に関する決まり事に従っている。
もちろん「産地ロンダリング」という問題もあるよ。

茨木表示の野菜が実は福島産だった。
もしかすると、私が購入時に見る「○○産」も違うところかもしれない。
しかし気にしすぎると、何でもかんでも食べられなくなる。

どうしても不安なら、黙って食べなければいい。
ツイートは「その人が思った率直な感想」が表に出た際、
その人が持っている意見(信念)」として受け止められるから怖い。

参照サイトに「福島県産の汚名返上」を載せた。
ぜひ読んで、「汚染」という思い込みから逃れてほしい。

参照:福島県産の食品の安全性について

参照:福島県で農作物への放射性物質に対し、研究する人が答える

 

風評被害(名誉棄損)を防ぐ覚悟

風評(どちらかといえば良くないときに使う、世間の評価)被害は、
一種の思い込みから始まる。

本当は安全な品質も「あれは危険だ、放射能が……」
権威ある人が言うと、多くの人が調べもしないで信じる。
「感情」で物事を跳ね返し、叩いてしまう。

風評被害によって仕事をやって行けず、死んでしまった人もいる。
だからこそ、しゃしゃも批判するときは覚悟を持て。

「自分の意見は未来になると間違っている可能性もある」
そう思うと、むやみやたらに変なことをつぶやかなくなるよ。

参照:60歳を超えてなに言ってんだ、きちんと調べろ

 

作家として美味しいネタか?

私も原稿用紙他で、いろんなことを書いている。
今回、炎上対象となった藤岡真氏にとって「おいしいネタ」
が一つできたかもしれぬ。なかなか体験できないね。

原因は福島県産に対する思い込みと無知、福島県で頑張る農家などへの罵倒にある。

彼が炎上にあったことで、
「人の感情がわーっとくる状態に陥ったとき、当事者はどんな気持ち・印象を持つか?」

作家としてこの体験を文章に書くと、
ミステリー作家として、ネタの一つが出来上がる。

私は進んで炎上しようと思わない。
むしろ福島県を含め、頑張る農家の姿が目に浮かぶ。

しゃしゃもツイートなどをするとき、むやみやたら人を馬鹿にしないように。
特に「死ね」「殺せ」「人殺し」など嫌な言葉をつぶやくと、自分に跳ね返るよ。

 

言葉の力と潜在意識

言葉は「潜在意識」に入り込む。
「潜在意識」はしゃしゃの未来や思考を決める存在だ。

今回、藤岡真氏が「福島県産を食わせたのか、人殺し」
ツイートで述べたけれど、これも潜在意識の働きだ。

彼が福島県産の食品を味わうことはないだろうが、
もし彼が今食べている漁師の中に「福島県産がありますよ」
言われたら、おそらくおう吐するのではないか?

潜在意識に「公式」が出来上がってしまうと、変えにくいんだ。
変える方法は「無理やり食べ」て、体に影響ない事実を体験するか、
「福島県産の食品は美味しいし、安全だなあ」
自分に言葉を植え付けていくしかない。

私なら実際に食べてしまい、
「ああ、おいしかった」を体験するだろう。しゃしゃはどう?

死龍(藤岡真著:まともなレビューよりも風評が多い)

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket