Pocket

本の中身

おはよう、しゃしゃ。しゃしゃが受験生なら、勉強に励んでほしい。
勉強以外だと部活や日々の生活をみっちり堪能してほしい。
社会人ならジャンジャン仕事をこなし、輝いてほしい。

ところで、私はここ最近大きな悩みを持っている。
「今、何をすべきかわからない」

この悩みはどこから来るのだろう?
考えると、意外なことに気づいたんだ。

 

「最適解」を探す

悩みの原因は「最適解」を持ってしまうことだ。
「何をするか浮かばない、何をしたら自分のためになるのか」
疑心暗鬼にとらわれているんだ。

深く見ると、自分が「目指す方向」と間違っていたらどうしよう。
そこにたどり着いてしまうんだ。

そこで私は考えた。
「最適解を今から外して、適当なことをやってみよう」
その一つが今、しゃしゃが読んでいる記事を書いている。

この記事、私にとって熱を込めていないほど適当な内容だ。
でもこの記事で自分やしゃしゃの今後につながる、
何かが見えてくればいいなあと考えた。

 

あれこれ束縛する

私が悩んでいるもう一つの理由は「束縛」だ。
「あれをしなければならない」
「ここに広告を入れて稼がねばならない」

こういった気持が大きくなると、とたんに何をしてもだめだ。
何かをしても無駄だろうという考えしか出てこない。

そこで余計な考えを捨ててみた。
すると気楽な記事を書いている自分に気づいた。何にも縛られない自分の記事。

しゃしゃにとって「読むに値するか」全く考えていない。
ただひたすら私が今後何をしていくのか?
自分の脳が固まっているからこそ書いてみたよ。

 

気づいたらやることは多い

振り返ってみると、やるべきことって多い。
でもそれらを今やりたいとは考えていない。
自分の中で「この時間はこれをする」「あの時間はあれをする」

頑固なんだなあと気づかされた。
だからこの後いったん、自分の部屋を掃除しようと考えた。
その後、自分の作品に目線を向けてみようとも考えた。

ルーチンワークを壊す。結果どうなるのだろうか?

 

結びに:超適当な記事

この記事を上げていいかどうか、書いた後でも迷っている。
それほど自分の中で熱もない超適当な記事だからだ。
暇つぶしのために書いているとしか、考えられないもの。

ただ、「何をしたらいいんだろう」「うーん」
うなって考える時間が減った。

自分の中にある「束縛」「最適解」がもたらす苦痛を減らすなら、
反対側「超適当」に目を向ける行為もいいなと考えた。

読んでいただき、誠にありがとう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket