コンビニでナンパされました。

私は30代のおっさんです。子供と一緒にコンビニエンスストアに立ち寄り、
お菓子を買っていたところ、50歳のおじさんから声をかけられました。

 

兄ちゃんかっこいいね

おじさんがナンパ

「兄ちゃんの服、かっこいいね」

いきなり言われました。
おっさんですが「お兄ちゃん」といわれると気分は良い。
そこで「ありがとうございます」言うと、「顔綺麗だろ」と。

おじさんの話が面白そうさなあ。
と思ったので、話を聞くことにしました。

おじさんは石鹸の話をしました。
「俺さ、年50なんだけど顔がきれいなのは……
石炭でできた石鹸を使っているんだ。もうすべすべでよ」

私「へえ、石炭で綺麗になるんですか」
おじさん「そうよ、1日おきにお風呂に入って使っているけれど、
使うたびにすべすべを感じてよ、手放せないんでよ。
大型ショッピングモールじゃないとおいてないんだ。
兄ちゃんの肌はざらざらしているね。なんでさ」

その後おじさんの自慢話を聞いて、自然と会話が途切れ終わりました。

子:「あの人誰?」
私:「知らない」

 

おじさんでもナンパされる

この年で同性の方から声を掛けられてびっくりしました。
見方を変えるとナンパとなります。
ナンパで最も大変なことは「いかにして声をかけるか」

声さえかけてしまえば、後は普通に会話する。
会話といってもあの手この手で根掘り葉掘り聞きだせばよいのです。

おじさんは「兄ちゃんの服、かっこいいね」と述べた。
まず「褒める」ことを始める。

褒められると「うれしい」という気分になります。
すると心理的障壁が取れやすくなり、話を持っていかれやすくなる。

ナンパのプロは私のように少しでも「ほめられた、うれしい」
という気持ちになると、すぐに違う場所に連れていかれます。
あ、もちろん違う場所とは「喫茶店」などです。

 

知らない異性と話すのは楽しい

私はナンパをしたことがありません。
が、初対面の女性とお話をするときは必ず意識することがあります。

「この女性をホテルにつれて××する」
(ただし、20未満の女性は別、私から見て20歳未満は子供)

「目の前にいる女性は美しい」
という前提のもと、あの手この手で話のネタを作ります。
ネタを作りながら、相手を気遣う努力をする。

その後ホテルに行くかどうかは別問題です。
ただ、ホテルに連れて××するという気持ちを持つと、
女性に楽しんでもらうことに全力を注ぎます。

 

話かけられたときに注意すべきこと

ナンパする人はとにかく、相手の心にある壁を取っ払ってきます。
壁は相手がかっこよかったり、面白かったりすると、簡単になくなりやすい。

ナンパは下手すると変なところに連れていかれ、
いたずらをされるかもしれません。

引っかからないようにするには「無視」が一番でしょう。
相手に反応する時点で「持っていかれている」のです。

 

結び:いやあ、面白かった

ティラミス

しゃしゃ(あなた)は知らない人から声をかけられたことはあります?
声をかけられると、驚いて身構えてしまいます。
ナンパする人は少しでも「褒め」ます。

プロは褒めることで相手の壁を取っ払い、
ベッドで楽しい時間を過ごすのですって。

男からするとナンパが成功するって楽しいらしいですよ。
私もパーティーなどで知り合った第三者の女性に対し、
妻子がいようと「目の前の女性をホテルに持ち帰る」
気合でやると、いろいろ話のネタを考えるようになりますからねえ。

まさか男が男に口説かれるとは……貴重な体験でした。

 

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket