Pocket

ひさびさ | ただのうん子 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=59877060

ひさびさ | ただのうん子 [pixiv] 長崎といえば「ばらかもん」でしょ

おはよう、しゃしゃ。
テレ朝の報道ステーションサンデーで、
寒波に見舞われた日本列島の様子を映す際、
「長崎県」だけが消えていたよ。

長崎県がない状態の地図を使い、
後で謝罪して長崎県がある地図に切り替えたのだけど、
何を意味するのだろうか?

 

天気予報とプロパガンダ

テレビが「誤って」長崎を抜かすとは考えられない。
(本当に誤って長崎を抜かしたら、作った側も載せた側も、
愚かとしか言いようがない)
何かしらの狙いをもって外したと私は考えているよ。

そのとき、一つの話を思い出した。
虎ノ門ニュースにて「どうして尖閣諸島や北方領土、
沖ノ鳥島などの天気予報をやらないのか?

過去、議題に上がった。
チャイナでは尖閣諸島に「天気予報」を行っているそうだ。
私はチャイナで直接、天気予報を見たことがないが、
時事通信できちんと報じられている。

情報元:中国が尖閣諸島の天気予報開始

天気予報はバカにできない。
天気予報を見る→日本の領土や領海はここまで

一種の情報戦としてみれば、
チャイナが尖閣諸島(魚釣島)を天気予報表示
→チャイナは魚釣島をチャイナの領土と捉えている

ひとつの「教育」として成り立つよ。

 

文章以外でも行われる情報工作

現代は情報に価値を持っている。
情報は9割正しくても残り1割だけ「嘘」が混じっていると、
「すべてが正しい」と誤認してしまう。

問題はどうやって残り1割を見極めるかだが……
たいていメディアで「見通し」「らしい」といった、
「正確な表現」でないものは、素直に信じてはいけない。

いったん信じても、同時に疑いの目を持っておくべき。
他に「知識」があるかで引っかかりを防げる。

今回の長崎県が「ない」わかる人は、
日本地図をしっかり記憶している人だ。

学校で習った知識があるだけでも、
相手が仕掛けるわなから逃れられる。

大人になると、今まで学んだものが身を助けるから、
今からでも勉強しておいた方がいいね。

 

おまけ:知識があると引っ掛かりを覚える

イラスト

現在、イラストをインスタグラムにてあげています。
今、キンドル向けに原稿を編集しております。

当初60ページ程度だったのですが、
編集するたびにページ数が増えて、80ページを超えようとしています。

本の中身は「価値観を今すぐ変えてチャンスをものにする」方法です。
私にとって一つの作品―小説や紙芝居―です。

手直しするたびに緊張も高まります。

ところで、イラストや今書いている記事も、
毎日訂正や編集を加えつつ、
様々な本を通して情報を仕入れると、気づくことがあります。

見上げる者

例えばイラストを描いている時、
「あれ、なんかおかしいような気がする」

描き続けていると、何かを間違えたとき、
「あれ、これってなんかおかしいような気がする」

「気がする」が働く。
引っかかった部分をそのままにしないで、
あの手この手で追及していくと、おかしさを感じるよ。

ざばざば

違和感を大切にする。
社会に出るとわずかな情報にも「チャンス」があり、
特に心に引っかかる言葉や事件は追及したほうがいいです。

今回、長崎県が地図から消えた情報も、
「情報教育」の一環として気になったから書きました。

しゃしゃはぜひ、勉強して変な情報から身を守っていきましょう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket