おはよう、しゃしゃ。
ここ数日、自分の中でピンチがあった。

書きたい記事も特にない。
あったとしても「ああ、ダメだこれ」消してしまう。
ぼーっとして何をしたらよいかわからない。

無気力感に襲われると、突如体のあちこちが痛み始めた。
10分前まで体をかいていたんだ。

「体力が落ちた」感じた。そこで気づかされた話を一つ。

 

免疫は薬でなく脳みそから

受験生頑張れ

無気力に襲われ、何かをやろうとすると、
「やっても無駄」という心の声に従い、
無駄な時間ばかりが過ぎて焦っていく。

すると体もいろいろ反応し始めて、
気が付いたら爪を立ててガリガリかいていた。

「なんですぐ体力・免疫が落ちたのだろう?」
思ったので、ノートを用意して自問自答した。

ぼーっとすると頭が回らない
→すると体の働きも鈍っていく
→本来「やるべき作業」を体が怠り、
内側に潜むウイルスが元気に暴れまわる
→湿疹の発生

頭がぼーっとしている時、
首から上半身は汗の出ない程度の暑さで、
体がちくちくと、静電気を直に味わう痛さを覚えた。
体や手足はものすごく冷えている。

冬は静電気のようなチクチクした痛みを紛らわすため、
かゆみを通して痛みと痛む「気持ち」を発散する。

結果、傷口は広がってばいきんが入りやすい。

運動を積極的に行った後、
「思考停止」に陥ると免疫力も下がると、私は仮説を立ててみた。

すると「免疫を高めるなら薬でなく、脳みそへ制限をかけない」と悟った。

思考停止に陥っている原因は単純。
自分のしたいことにおいて「あれもだめ、これもだめ」
自分を縛っている(いじめている)からだ。

だから縛りを解除してあげればよい。
私は未来を考えすぎてしまう。

「そんな記事を書いても、誰も読まないよ」だの、
「記事を書いてもむなしくなるだけだし、
知らない連中から批判されるの面倒くさいから、
今のうちにけしたほうがいいよ」

とにかく「負の側面」ばかりしか考えないと、
思考停止状態に陥り、体の機能も思考停止に応じてさぼる。
結果、かゆみといった症状に襲われる。

様々な神経も「脳」の働きとつながっている。
今、一心不乱に記事を書いている時も、
顔に刺激は走っても、ひっかくほどのものでない。

 

思考停止という恐怖

顔がかゆい

考えが止まり続けると、脳の働きも鈍る。
たくさんの神経とつながっている脳が混乱し、
人体にも異常を与え、かゆみを引き起こす。

私の行動を観察した結果、気づいた。
しゃしゃにあてはまるかどうかわからない。

「誰からも指令を与えられず、受け身な姿勢をとった生き方」を選ぶと、
自分から何かをしたいとき、思考停止→体の異常へとつながる。

どうすれば試行を停止せずに済むのか。
今すぐ計画を練り、行動する。
計画も立てられなかったら、とりあえずやりたいことをやる。

そのとき、未来に得るであろう「負の側面」を無視。
(負の側面:やっても無駄、意味がないという考え)
無視を決め込むと、未来はどうなるかわからない。

少しでも「よい」方向を得ると考えたうえで、今できる行動をとるとよい。

私がこの方法をとった結果、かゆみが引っ込んだし、
免疫力の低下から来る「体をひっかきたい衝動」も、
勝手に収まっていったよ。

体は心の「現状」をある程度、教えてくれているのね。
免疫力を高めるなら薬を飲むのもよいけれど、
「内側」こと「脳みそ」の働きにも注目しよう。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket