LINEで送る
Pocket

08 | ルーの素 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55531610
※ 08 | ルーの素 [pixiv] 抽象画の一つ。なかなかのセンスだ

おはよう、しゃしゃ。朝日新聞の政治部次長の高橋純子記者が、
黙ってトイレを詰まらせろ(記事全文)」というタイトルで記事を載せた。
(次長:一般記者の取材や出稿を指揮する立場)

それに対して古森義久ジャーナリストが呆れている。
朝日新聞、本当になりふり構わなくなってきたなあ。

でもって、テロリストと同じ考えを持っていると気づかされたよ。
今回は情報において自分の身を守る話をするよ。

 

テロリストの目的

テロリストは自分の主張を通すために、人を無差別に殺害するのだろうか?

テロリストの目的は「社会を不安定にさせる」ことだ。
不安定にさせると多くの人が不安になる。
すると不安を利用して付け入る隙ができる。

結果、人の心を支配して上に立てる。
上に立つとある程度までやりたい放題だ。
そこから権力を握って(裸の)王様になれる。

でも平穏な状態だと誰も従ってくれない。
すぐに従ってくれる手段として「不安に陥れる」行為は必要だ。
だから多くの人が「不安」と感じることを刺せる。その一つが無差別殺傷だ。

 

メディアの共通点

メディアもやっていることはぢ商社に不安を与える。
希望を抱くニュースよりも不安に陥れる情報が多いよね。

流れる情報なんてすべて中立であり、
不安と感じるかどうかは読者に委ねられる。

例えばドイツで集団暴行があったとする。
ドイツから遠い日本では「たいした不安に感じない」と思う人もいれば、
「日本でも難民が入ったらこうなる」危機感を抱く人もいる。

不安を抱く・抱かない割合が3:7だとする。
メディアの背後に「売り手」「官邸筋」「他国の思惑」がある。

彼らは自分の商品を購入してもらいたい。
あるいは国民を「こうじゃなければだめだ」という方向に誘導させたい。

そこで単なる事件に対し、「大規模なテロが日本でも予想されます」
記事に「願望」をサラッと入れる。そこに不安を覚える人もいるわけだ。

不安を感じることで、心に穴が開いて忍び込める機会を得る。
やっていることはテロリストと変わらないんだ。
ただ武力で来るか、情報で裏から操作するかの違いだ。

 

休憩:ガムから魚を作る

ガムと魚

私が良く購入するブルーベリーガムを通し、子供が魚の絵を描いた。

私には浮かばない発想なので、子供はなんて自由なんだ。
この発想を大切に育てていきたいものだと痛感したよ。

 

潜在意識(内なる子供)が狙われる

不安はどんな情報からも自分を縛る呪いとなる。
奴は私たちの潜在意識(インナーチャイルド)に入り込み、縛ろうとする。

情報を受け取る行為は大切だが、
「どこで何があったか」だけの把握にとどめよう。

潜在意識に不安が入り込むと、
私たちが何かをするときも「でも恐れていたことがおきたら?」
という形で疑念を与え、ついには行動しなくなってしまうんだ。

潜在意識はどんな手法によろうとも、
しゃしゃが「不安」を感じたら、不安を達成するために情報を探す。
そしてしゃしゃの前に「不安な現実・未来」を持ってくるんだよ。

 

不安に縛られないよう

※ 抱く気持ちは不安でなく危機意識。

自分の心と言葉は常に監視をしておくといいよ。後、無知が不安を招く。
世の中の裏事情を知っておくと、騙されにくくなるよ。

「マスコミ含む周りの洗脳に引っかからず、自分の視点で世の中を見て活動する」

強く考えているなら「世界の裏」で起きていることを、
4人の識者が語っているのでぜひ見るといいよ。

【緊急公開】「見えざる支配者」が動かす政治と戦争の真実

彼らの話が体で理解できると、メディアの仕掛ける世論誘導文章に対し、
疑った目線を持つようになる。
その視線をもって世の中を見渡すといいよ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket