引き寄せの法則が持つ効果を実感するなら本を手に取ればわかる

引き寄せの法則

こんばんわ、しゃしゃ(あなた)
引き寄せの法則とは「似たようなものを引き寄せること」です。
例えば頭のいい人なら頭のいい人を、悪い人なら悪い人を。

自分の運命を変える場合、引き寄せの法則を知って扱うことで、
変わると確信を持っています。
ただし、実際に行う場合、注意が必要です。

※ 画像をクリックするとすべてアマゾンに飛びます。

理想の状態を引き寄せるには?

引き寄せの法則を働かせるにはまず自分を知ること。
自分はどんな状態を引き寄せたいのか?
引き寄せたいものがわかったら行動です。

しかし行動がなかなかできない。
やるべきものが自分にとって嫌だと感じることばかりだから。
楽して引き寄せたいけれど、そうは問屋が卸さないのですね。

 

覚悟~引き寄せ体験談~

引き寄せの法則を行う際、覚悟は必要です。
引き寄せたいものがわかると、どうでもいいことは目に入らなくなります。

目に入らないものをスパッと切ることができるか?
これが難しいのだけど、大丈夫。
本当に不要だと感じたら、自然と切れるようになります。

このとき「裏切られた」という感情が出てくるでしょう。
この感情を自覚しないと先に進めません。
目指すものを引き寄せる際に訪れる痛みです。
しかし、必ず引き寄せに向かって大きく進みます。

お金も恋愛も私の体験談として、
引き寄せるものがわかったから自然とお金が来た。
嫁がきた……ということは全くありません。

全てにおいて「何かが変わった」
覚悟を持って生きると決めたとき、
少しずつ理想の状態を引き寄せるようになりました。

ただ決めるだけではためで、
その後も覚悟に従った状態を維持するのです。

私の収入が大きく変わったのは、
私にとって師匠と呼ぶべき人に対し、宣言したときです。

「私は自分の価値を、創ってきたものを肯定する」

宣言通りに行うことで、
自分の知らないところから臨時収入が入りました。

反対に宣言と違ったことをやってしまうと、
体の調子が悪くなってしまうのです。

恋愛でも同じです。
「自分はこんな男になる」「私はこのような女性になる」
決めてその通りに生き続けると、ある日付き合うようになった。

お互い最初は付き合うつもりなんてなかったのに、
気づいたら深く付き合うようになっていったのです。

引き寄せは自覚しているときに起きるのでなく、
むしろ自覚していないとき、後で振り返ると

「ああ、これが引き寄せなのかなあ……」

悟るわけですね。
もし今自分が引き寄せの法則を実行しているのに、
まったくもって引き寄せられない場合、
引き寄せの法則自体をいったん頭から消し去ることです。

消し去って、自分がやるべきことをきちんとやる。
宣言したことをやり通す。覚悟を貫けばよいと考えています。

 

自己を見る習性を付ける

引き寄せの法則を実行しているのに一向に引き寄せられない場合、
自分自身が邪魔をしています。他人は邪魔をしません。

最も気を付けるべきは自分の考え方がだんだん冷めていくこと。

例えば彼女に振られたとします。
最初はいろんな感情が出てくるでしょう。
裏切られた、失望した、なんで別れたんだ……

でも数日たつと、だんだん分かれたことを受け入れて、
前に向かて生きるようになります。

これは平衡状態が働いているからです。
ただ、悪いことだけでなく良い事にも働くのですね。

自分はこんな状態を引き寄せるんだ。
でも日を追うごとに熱意が冷めていく……。
平衡状態が働くのです。

平衡状態を書き換える

引き寄せの法則を行う上で大切なのは、
平衡状態を書き換え、固定することです。

方法として毎日寝る前に紙を用意し、なりたい自分を書きます。

お金が20万から50万円に上げるなら、
「月収50万円稼いでいる」

現在形で書くことがコツです。
現実を振り返れば「嘘だろ」自分に言いたくなりますが、
ここだけは現実でなく未来を見るべきです。

 

終わりに

引き寄せの法則に関して、必要なのは覚悟。
引き寄せたいものに対する執着と覚悟です。

人間は理想を生きるのが一番楽しいと考えています。
楽しいからこそ、落とし穴や無理難題も多い。
でもそれらを見事乗り越えると人としてたくましい人物に育ちます。

負けずに頑張っていきましょう。
記事ですが、私はしゃしゃ(あなた)を支えたいと考えています。

なお、私がおすすめする引き寄せの法則本は
夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?

引き寄せの法則、潜在意識関係において最も難しいもの。
継続することです(冗談抜きで継続が最も大変)

本に書いていることは立ち読みでも十分ですが、
継続するならきちんと本を購入し、手元において時折読む。
やりたいことは熱が冷めることもあれば、
だんだん自信がなくなってしまい、やめてしまうこともあります。

この本は自分に自信をつけて平衡状態を書き換え、
継続するための手段としてお使いください。

夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?を購入する

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

未分類

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。