ども、しゃしゃ。
朝日新聞記者(論説委員)の谷津憲郎さんが、
上記のツイートを行い、維新の足立さんが呆れていた。

鉄腕DASHで福島県に対する風評被害を少しでも減らそうと、
頑張る企画を見ているせいか、怒りを抱いたよ。

とはいえ、怒りのママ記事を書かない。
一度わきに置いて、谷津さんのツイッター他を見直し、
気づいたことを書いていくよ。

 

福島と普天間への風評被害

ある地名のカタカナ表記、きっかけは広島だ。

広島といえば「日本にある広島県」だけど、
ヒロシマと書けば「原爆を落とされた広島市」と、
表記を書き換えるだけで、時代と場所を特定させる効果がある。

一部の人がカタカナ表記で使うフクシマは
「原発事故が起きた」福島県原子力発電所付近を示す

フテンマも「米軍基地」がある普天間の一部分を示している。

地名だけではない。
安倍晋三総理大臣ですら一部のメディアにカタカナ表記される。

一部では有名な「アベ政治を許さない」は、
なぜ「安倍」政治を許さない、ではないのか?

アベのほうが「ヒロシマ、ナガサキ」に近い印象を、
初めて見る人に与えるからだ。

谷津記者によると、フテンマとフクシマは類似性がある。
以下、根拠のツイートを載せていくのだけど……

読む限りでは類似性があるというよりは、
「強引に結び付けている」感じだね。

記事を書いている立場としてはわかるところもあるよ。

まったく関係のない二つ以上の事柄を、
「強引に」結び付けたら、意外な共通点や関係性に気づいた

記事を書いていると、そう思う時があるよ。

長門(くしゃみ丸)さんのツイートを読んでいると、
記者の何気ない発言で新聞を配る人に余計なストレスを与える。

「仕事だから仕方ないだろ」ではなく、
余計なことを言わなければ、無駄に叩かれ、
いらぬストレスを抱えることもなかったと思うと、
記者の発言は結構大きな影響を与える。

(私も部下をたくさん抱えたら気をつけなくちゃ)

 

朝日新聞とアサヒシンブン

朝日新聞記者を含め、朝日新聞読者にとって、
例えば産〇新聞が「朝日新聞」と漢字で書かず、
「アサヒシンブン」カタカナ表記をしたら、よい思いをするだろうか?

朝日新聞は東京に本社を構える一つの新聞社だけど、
「アサヒシンブン」書いた場合、私はこう特定するよ。

「慰安婦問題をはじめ、KYサンゴ事件や吉田調書のウソなど、
嘘とねつ造に苦しむ日本人、騙されて余計な行動をとる外国人、
国益を損ない、原爆と違った精神被ばくを起こす新聞社」

こう書いたら、朝日にかかわる人々は嫌だと思うし、
「朝日に風評被害を与えるな」クレームを入れると思うよ。

ネットを見ると、アサヒシンブンとカタカナ表記をしなくても、
別な言葉に置き換えているので、使う必要がないのかもしれぬ。

「アサヒとアベは同じ」って書いたら、
朝日新聞をはじめ、安倍晋三総理大臣、
安倍首相に期待する人々にとって「やめろ」思うのだが……

違うって? そりゃそーだ。どちらにも失礼だしね。

 

放射線について少しおさらい

東電の原子力発電所から、人体に悪影響を及ぼす一部の放射性物質漏れから、
「福島県でつくられた食料に手を付けると、被爆にあう」

よく調べないまま、今でも恐怖を抱きかたくなに信じるばかりか、
「福島は今も危険だ、食べてはいけない」
有難迷惑で警告してくれる人もいる。

復興庁をはじめ、鉄腕DASHほかでも風評被害を取り除くよう、
いろいろ頑張っているんだけどね……

放射性物質に関する知識は高校物理で基本を学べる。

まずウランなど質量数の大きい原子核はすぐ放射線を出し、
自然界でも存在できるよう、安定物質へ変わる。

放射線はアルファ(ヘリウム)、ベータ(電子)、ガンマ(電磁波)を出し、
大きな原子核を崩壊させる。

パソコンやスマホ、蛍光灯から生じる光(電磁波)も、
放射線を出しているといえる。

山本太郎議員が「ベクレル」という言葉を出して一時、話題になった。
ベクレルは「1秒間につき、崩壊する放射能の強さ」だ。

人間も細かく見れば原子や分子の塊だ。

質量数の大きな原子核が安定化を目指し、
人間の体内にあるいろんな原子や分子を反応するうち、
体調を壊して人体機能に障害を与え、死に至る。

死に至る時間は一定でなく、個人差がある
人体機能は内臓をはじめ、皮膚にも影響を与えるが、
影響度合いも個人差があるよ。

妊婦の場合、赤ん坊にまで影響を与えるという事例は今のところない。
(影響があっても、要員はいろいろあるからね)

 

新たなビジネスでも作るつもり?

福島と普天間は似ている――

この考えを野党の誰かが取り入れ、国会で述べたうえ、
マスコミが大騒ぎ(演出)を行えば、新たなビジネス
ができる。

メディアは今まで通り騒げば視聴率をとれるし、
新しいネタを仕入れるまでもない。

何人かは科学を学ばずに風評を事実と捉え、
意味のない、新たな差別を生む行動を起こす。

結果、福島県の価値が落ちてしまう。
(加えて普天間の価値も落ちる)

福島県は原発事故があってからいろいろ努力をし、
西欧に輸入できるまで回復した。

来年3月11日の社説で、
福島県と普天間は似ているという記事を出すのだろうか?

そうならぬよう、望むよ。

 

おまけ:人様の絵を描く恐ろしさ

ばかあ

インスタグラムでイラストを描いています。
ある人に贈るために描いたイラストで、
エヴァンゲリオンのアスカを書いたのですが……

アスカ一人でもいろんな書き方があり、
いろんな解釈があり、面白いなあと思ったのです。

今回の福島県と普天間が似ている。
しかも漢字でなくカタカナ表記するところも、
一つの解釈から面白さを抱き、やったのでしょうか。

カタカナ表記ってところに政治意図が見え見えなので、
風評被害を含めて気に入りません。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎
ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。 雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。 0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい 3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる 8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。 12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。 18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった) 21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける 27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。 28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。 29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。 自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。
Pocket