新聞のテレビ欄

※ 私がとっている北海道新聞から

おはよう、しゃしゃ。
いつもとっている新聞のテレビ欄を見たとき、
ワイドショーがほぼ「森友学園」だった。

「テレビだからこんなもんか……」
思って、先ほどはてぶのページを見たら、
政治・経済の話題が森友学園ばかりだった。
(稲田防衛大臣や籠池元理事長の金銭疑惑など)

話題

取り上げる話題は悪くないんだけど、
さすがに関心が森友学園関連「のみ」は、
「統一した情報洗脳」と、危機意識を抱くわけ。

大手メディアはもちろん、ネットにも。

 

他のニュースがどうでもよくなる

私に取って森友学園の話題はあくまでも国有地の「買い取り」だ。

安倍総理が述べた「自分がこの疑惑に関わっていたら、
内閣総理大臣を含め、議員を辞める」が、
あっちこっちへ飛んでいくとは思わなかった。

ニコ生の国会中継でも、
「稲田氏追及」予算委員会と書いていた日があってびっくり。

予算委員会は稲田氏以外の話題も取り上げていた。
稲田さんの追求「だけ」に予算委員会を設けているわけではないだろ?

目を引くタイトルに嫌悪感を抱いたね。

ところで、テレビ欄やはてぶのブクマエントリーが森友関連のみで、
「本当は重大だけど、表に出てこない情報は何か」考えたよ。

ただ一つの情報「のみ」に集中させる時ほど、
「別な見方」に意識を向けさせず、
日本の問題は「これしか」ない状態にさせる。

もちろん、メディアは森友だけに時間を費やしているのでなく、
北朝鮮のミサイルや人間関係(主にTBS)、東京都政についても触れてはいるよ。

※ 今日の虎ノ門ニュースにて、
小池百合子都知事が豊洲への移転延期を決めたおかげで、
補償費50億が都民の税金から払われるそうだ。

多くの「今すぐ報じて考える素材」があるけれど、
森友関連「のみ」に集中すると、
他のニュースが心底どうでもよくなる。

 

一つの「洗脳教育」だよね

他にも流すべき重大な情報よりも、
ただ一つの重大にすべてが集中する状態。

「洗脳教育」を受けている感じだ。
洗脳は一つの考えに集中させ、ほかの考えを抱かせない。

うんざりするほど同じ・関連情報を流すうちに、
私たちはだんだんと「他の考え」に目を向けるのでなく、
「与えられたこと」のみ関心を向ける。

依存型で面倒くさいことはしたくないのが人間だ。
(面倒は他人にやってもらう)

ひとつの情報のみ与える結果、
他に目を向ける「習慣」をおろそかにし、
「目先の情報」に引っ張られやすくなる。

ひとつの議題「のみ」に関心を向けさせ、
他の議題を拾っていかないところに危機を感じるよ。

 

関連:産経を締め出した李克強首相記者会見

全人代閉幕後の記者会見で、李克強首相が産経新聞を締め出した。
アメリカでもトランプ大統領がCNNを「フェイクニュース」と断じ、
取材をさせなかったね。

トランプ大統領はメディア各局が話題にしたが、
李克強首相の締め出しは他のメディア、話題にしていない。

「チャイナだからな」私は思っているけれど、
仮に日本で「参詣を締め出すチャイナはアメリカを言えない」
大きく報じていたら、どうなっていたのだろう。

やっぱり「お前ら日本メディアは文句を言うから、
今後一切、チャイナ国内の取材禁止な」
取材許可を与えないだろう。

アメリカは批判しても「取材していいよ」自由がある。
チャイナは批判したら取材許可を取り上げられる。

メディアにとって「取材させない」ことほど、弱いものはないね。

 

重大な情報を自分で探す癖を

今の私にも言える言葉だ。
メディアが思う重大な情報と、私やしゃしゃが思うそれは違う。

メディアにとって「視聴者」が多い情報ほど重大だ。
数字は取れるし広告の売り上げも高く、利益をとれる。

私たちは視聴率や情報を買う(新聞紙を買うなど)立場でない。
だから別な関心を持っても、全くおかしくない。

メディアが載せる関心事は必ずしも、私たちは「関心」を抱いていない。
今回のように各局やネットの話題でも「集中」して流す時ほど、
私たちは「積極的に別な情報」へ目をやるべき。

そこに大きなチャンスがあるよ。
もちろん、別な情報は自分で調べなければならぬ。
他人から与えられる情報でないから面倒くさい。

時間も取るけれど、目にした情報は何かしらの価値を生むよ。

 

違う情報を得るなら書店へGO

「いろんな情報を手に取りたい」思ったら、
手始めに書店へ行き、立ち読みしよう。

書店は興味あるコーナーはもちろんだけど、
たまに興味のない分野へ寄って、パラパラ本をめくる。

それだけでも別な情報へ目を向ける訓練につながるよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket