やっとこさ、立ち絵の縁取りをうまくする方法ができた。
自分はSAIを使っているのだが、

画像を持ってこれないのが残念である。
さて、それは置いといて
立ち絵の縁取り、ぎざぎざなくしの場合、

まず、立ち絵は例えば吉里吉里の範囲が640×480なら
その2倍の1290×960で作る

そして完成したらSAI保存し、同時に今度はそれをPNGで保存する。
2つファイルができるはずだ(SAIファイルとPNGファイルね)

そして出来上がったら一度、閉じて、改めてSAIでPNGファイルを開く。
そしたらPNGファイルはレイヤーが統合されているはずだ。

ちなみにこれは絶対にし解かなければならない。
PNG保存形式は 不透明度あり と描かれている方で必ず保存だ。

これをしないと、透明化できない。

要は10枚近く区分けされていたレイヤーが一枚になっているはず。

これでキャンバスの解像度で640×480にしよう。
そしたら今度は 短形選択(四角い点線)をクリックして
立ち絵の周りを囲み、囲んだら、囲んだ部分だけ点線になるはずだ。

そしたら今度は立ち絵を動かしてみよう。
そしたら立ち絵部分だけ選択されるので、

それで Ctrl+R(囲んだ部分の領域で切り取る)をすると
見事に立ち絵通りに切れる。

そして保存は再び 不透明度あり と描かれている方で保存する。
そうすると、見事に立ち絵の縁取りができて、気持ちいいくらいに切れている。
ちなみに線の太さは自分、0.7にしているが、できれば1や2のほうがいいかもしれない。
ちょいとぎざぎざが目立つような感じでね。

まあ、結果は自分の目で見てみよう
縁取り(ぎざぎざ)には苦労したけれど、結局SAI一つでできると言うことだ。
ちなみに画像フォーマットコンバーターを使うとき、
マスクでやるほうがファイル分量は2割程度、小さくなる。

けれども、その分ファイル名が増えるので、自分はPNGのαチャネルだけで済ませている
αチャネルつきPNGで済ませている。

まあ、アニメファイルなど膨大ならマスクがいいと思うけれど
あまりアニメを使わない自分としたら、PNGで十分だ。
おそらく完成したら100MBで済むと思う。
1024MBで1GBだから、昔のロリポップサーバーくらいですむものだ。

※ 追伸

他のソフトで作る場合は、絵を塗る前に必ず透明化させよう。
Pixiaなら新規作成した白紙を消しゴムで全部消す。
Pictbearも同じやり方、あるいは最初から透明を選ぶ。
そうすることで、透明度を保ったまま、奇麗な立ち絵ができるはず。

 

画像にシャープをかけてみた

PIXIAのフィルタの中に 標準-シャープと言う効果があります
それをかける前とかけた後
※ ちなみに領域を1だけ外側に太くしている

描ける前

かけた後

いやあ、どうしても線画が解決できなくて色々と探し……チアが
びっくりした。

ということで、これもテスト

 

まあ、立ち絵が違うから何とも言えないけれど
うん、シャープかけたほうがきれいだね

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket