Pocket

新田美波 | ぽてきち [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55341864

※ 新田美波 | ぽてきち [pixiv]

おはよう、しゃしゃ。
アイドルマスターシンデレラガールズに出るキャラ、
新田美波さんが日商簿記の広告を担っているよ。

まさか二次元アイドルを使うなんて、
10年前と比べると、本当に時代は変わっているなあ。

 

新田さんが採用された理由

※ 私の中でOLかつ静かな印象があるせいか、声の若さに違和感がある

新田さんは資格取得が趣味らしい。
その中に簿記があって、彼女が簿記を宣伝すれば、
受験者数が増えるのではないかと踏んでいる。

まとめサイトも話題にしているのだ。
少なくとも見た人の1%は簿記に興味を持つようになるだろう。

まとめサイトの一つ:日商簿記、おかしくなるw

 

新田美波さんとは?

ラブライカ | yuuha [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=54743733

※ ラブライカ | yuuha [pixiv] 右隣の女性はアナスタシア

現役大学生、勉強熱心で優等生。
かつてミスコンで優勝経験があり、高校時代は生徒会に所属。
ラクロスと資格取得を趣味としながらも、
本当は自分が何をやりたいのか、よくわかっていない。

彼女のプロフィールを見るまで、詳しい人物像はわからなかった。
少なくとも一流企業に勤めるOLだろう。
と考えていたら「まだ」大学生でびっくりした。

デレマスのキャラクターも適当に作っているのでなく、
知的・可愛いなど、統計を取ったうえで人物を描いているね。
キャラを作る際の勉強になった。

参照:日商簿記HP

参照:PIXIV(新田美波)

 

アイドルとして仕事をしているよなあ

※ 現実アイドルのお仕事:彼らは音楽が趣味で本業は運送らしい。

今回はデレマスから資格講座を趣味とする、
新田美波さんが商工会議所(簿記)の広告と応援をしてくれた。

アニメとはいえ「アイドル」として仕事をしているなあ。
コラボとはまた違うんだよ。

コラボは単にほかの企業やゲームとデレマスキャラが出ますよ~であり、
こちらは「アイドル」として、商工会議所(現実)から依頼を受け
簿記受験者を増やす応援を行っているのだ。

デレマス(アイマス)もアイドルとして、企業から仕事依頼を受けた際、
精一杯頑張っている姿を、アニメで描写している。
だから単なるコラボよりいいなあと私は考えている。

しゃしゃはどう思う? 

 

簿記の勉強も受験と同じ

フリーランスや自営業、確定申告を記帳するなら、
やったほうがとっつきやすいだろうね。

簿記も基本、受験勉強と同じ要領でやるといい。
・キーワードが何を意味するか、すらすらいえるか?
・仕分けのルールを理解しているか

練習問題を2冊ほど、参考書を一冊用意する。
練習問題は練習問題と過去問を一冊ずつ集め、
キーワードや原理を調べるための参考書を一冊用意する。
後は試験が2月6月11月にある。

今は3月だから……毎日3時間以上つぎ込むなら6月でも間に合うだろう。
ただ、余裕を持つなら11月に受けたほうが良いかな。

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '16年6月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

 

自分でできるなら独学、無理なら塾

簿記を勉強する際、講師がいるそばでやらないと勉強できぬ。
考えているなら、専門学校や塾を探してみるといいよ。

独学で大丈夫なら今すぐ本屋に行き、
簿記の過去問と参考書、練習問題集を一冊ずつ購入しよう。

商工会議所のHPから電話しないと、受験できないからね。
練習問題は補助として使うから、
自信があるなら過去問と参考書だけでも十分だろう。

試験当日は焦らないよう、普段からきっちり勉強しておこうね。

 

簿記雑記:費用と負債

貸借対照表

簿記を学ぶと何がわかるのだろう?
堀江貴文さんは「お金の流れがわかるようになった」述べている。

画像を見てほしい。
貸借対照表は資産と負債+資本に分かれている。

損益計算書は費用と収益に分かれている。
キャッシュフローを学ぶと、流動資産と固定資産に分かれる。

さて、費用とは事業に必要な経費だ。
例えばしゃしゃがイラストを描いたとしよう。
イラストを描く際「何かしらの道具」がないと描けない。

色

上記イラストは私が書いたもの。
色鉛筆+ボールペン+画用紙+鉛筆を用いているよ。
4つの道具がないと商品価値を生み出せぬ。

4つの道具を用いるために、お金と交換する。
お金を払うという表現でなく交換がポイントだ。

お金と道具を交換し、道具を用いて価値になる何かを創る。
創った商品を他人に見せて、何かと交換する。

何かはお金だったり、人を紹介してもらったり……
私は別の人と「お互いが価値だと思う何か」を交換していく。

道具とお金を交換し、お金を得た人は収益に変わり、
収益を用いてさらに道具を作りながら、改良していく。

無駄な費用を削るという言葉から、費用に負の感情を抱く人がいる。
費用はしゃしゃが価値を生み出すのに必要な道具であり、
良い・悪い印象は一切ない。そう思っている人がいるだけだ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket