白雪ゆかりん | ひろ [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55159252
※ 白雪ゆかりん | ひろ [pixiv]

ども、しゃしゃ。声優の田村ゆかりさんが突如、
今日の公式サイトでラジオ終了(3月26日)を発表した。

他にもライブ中止、事務所の移籍など……
彼女にとって人生を大いに揺るがす出来事が起きた。

ツイッタートレンドを見たとき、ぎょっとしたよ。
声優の松来未祐さんもトレンドで見て調べたらお亡くなりに……
田村さんが最近、鬱気味な発言を述べているから自殺でもしたの?

思ったらラジオ終了で、私の頭の中が真っ白になった。
本当に何があったんだろうね。

 

ラジオが面白いからショック

私は声優というよりラジオDJとして彼女を扱っている。
彼女のラジオは笑わせにくる。癒しでなく伊集院光さんを思わせるギャグだ。
時折仕事やいじめを受けた、現実話もしてくれる。
後は弟の子供とよく遊ぶ話やアビスパ福岡話も多い。

ライブなどでは「お姫様」だけど、ラジオでは素の彼女が出ているから面白い。
変にネコかぶらないからこそ、彼女のラジオが心底面白いと思った。

人生で何度か死を考えたときがある。その時彼女のラジオをよく聞いていたものだ。
一人暮らしで心が寂しくてたまらなかったときも聞いていた。
そのとき流れたデイジーブルーという曲を聞いて、余計寂しくなった記憶がある。

ツイッターにおいて彼女のつぶやきが最近、鬱気味ともとれる内容だ。
そのため不安視していたファンは多かった。

私は熱狂的なファンではないけれど、ラジオでよく笑わせてもらったので、不安である。
ラジオを終了しても、また別のところでラジオをしてくれるならいいんだけれど……

 

最終回、いつも通りで安心した

最終回もいつも通り、涙を流すことなく終わった。
田村さんが「仕事をする間、やりたくないなあと思った時期もある」
「嫌なこともいっぱいあったけれど、リスナーのメールなどで励まされた」

田村さんの良さは姫というより「そこらにいる姐さん」として、
良いも悪いもぶっちゃけてくれるところ。

「仕事をするのが嫌な時期もあった」なんて、人前で言えたものじゃない。
ファンやリスナーに対し、演技でない素の自分を見せる。
ライブなどでは素の自分など見せない。その差が良いと思っている。

後、ゆかりさんは最終回にもかかわらず、感動に酔いしれて泣かなかった
次もあるかのように普通にふるまい、終わったところ。

……いたずら黒うさぎが終了しても、他の番組でやってくれないかなあ。
ニコ生でもいいんですぜ。

 

路線変更か

田村ゆかり事変に関してツイッターなどを拾っていくと、
「事務所移籍」「結婚かつ引退」が上げられた。
私は「麻薬」「自殺」といった、暗い内容を真っ先に考えた。

田村さんの公式HPを見ると、
公式サイト「tamurayukari.com」リニューアルと書いているから、
路線を大幅に変更するのかなあと考えている。

事務所移籍でも元気にやってくれるなら別にいい。
路線変更でも別にいいやと思う。結婚ならむしろおめでたい。
色々あるだろうけれど、頑張ってもらいたいものだ。

ただ、引退だけはしてほしくないものだ。声がもう聴けなくなるからさ。

田村ゆかりさんの公式HP:重要なお知らせ

 

キングレコードとの契約終了(13日)

13日発表によると、キングレコードとの契約を終了し、
田村さんも自分の意志で離れることが分かった。

ラジオもキングレコードが提供しているので、契約終了に伴い終わった。
レコード会社移籍なのね。本当に彼女の体調や今後に関わることでなくてよかった。

同じトレンドにジャニーズアイドル「KAT-TUN」が活動休止する。
田村さんはこっちじゃないかという噂もあったので、
キングレコードと提携解消になっても、今後は続く見通しだ。

 

日経平均株価大幅下落

日系

田村ゆかりさんのラジオなど終了宣言をしたのか、株価が大暴落した。
ちなみに田村さん所属レーベル:キングレコードは未上場だ。
所属事務所のアイムエンタープライズも株式情報がない。

下落の原因として通信分野の株価が大幅に売られているそうだ。
でも今の自分の気持ちをまんま反映していてびっくりした。

 

SMAPよりも大事件

結局SMAPは仲直りしたんだよね。でも田村さんは確実に道が変わる。
今まで続けていたアイドル路線をやめて、堅実な道に向かうのか?
それとも独立を通して、誰もが予想できない方向に進むのか。

ラジオが終わるのは西川貴教オールナイトが終わったときのショックに近い。
なお、田村さん以外で終わるとショックを感じるラジオはロンハールームだ。
二人のおっさんが終始トークするだけの日曜深夜。
あれが終わったらもっとショックを受けるだろうなあ。

後、田村さんは1976年生まれで今年40歳になるんだね。
アイドル路線を続けるってすごいことだなあと思わされました。

どうなるかわからないけれど、いろんな現実にめげずに頑張ってほしい。

 

ラジオ番組再開(2017/7/6)

2017年7月6日に田村ゆかりさんが文化放送でやると知った。
毎週木曜日、夜9:30だ。
まじうれしいわ。彼女はツイッターをやっているけれど、
ラジオとは違う「人格」なので見ていない。

構成作家の矢野さんがツイートしている、間違いない。
ゆかりさんだけでなく、構成作家を含めたスタッフが同じだと、
「やった、やった」しか浮かばぬ。

西川貴教兄貴のラジオでも、構成作家が違うと、
「いつもの西川さんじゃない」思ってしまうが、
石川兄貴だと「いつもの西川さんだ」喜んでしまう。

ゆかりさんが番組をやる前のラジオがダイヤのAであり、
ちょうど良い時間に流れる。今はタイムフリーもある。

彼女のラジオが復活したの、なんでだろう?
要望が多かったせいかしら。

後、スポンサーはきちんとつくのかしら?

さあ、聞くとするか。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket