向井さんと西嶋さん

 

俳優の向井理さんと西島秀俊さんだ。結婚おめでとうございます。
さて、この二人はあるサイトなどで調べると、結婚したい男ランキングで1位と2位に輝いています。
で、なんで彼らと結婚したいのかを調べると、性格がともにマイペースで
どちらも俺についてこいタイプだからだそうで。

 

こういうのは裏側を見たくなりますよね。
そういう人にひかれているというのは自分がそこをもっていない。
私自身も昔はいろんな人に対して羨望と自分に対する怒りを持っていたのですが、
その対象になる相手がすべて、自分にないものを持っているのでなく、
自分にもあるんだけど、自分はそれを使っていない。
しかし羨望する相手はそれを使っているという単純なこと。

 

この事実に気付くまで時間がかかったのですが、
気が付いたときは自分もそれを手に入れようということになり、
試行錯誤するとその羨望の気持ちは消えてしまいました。面白いものです。

嫉妬で苦しいなら嫉妬している人を攻撃するのでなく、
嫉妬している人のどこに具体的に嫉妬しているのか。
羨望の目を向けているのかをはっきりしたら、
自分もそれをすることで解決します。

ただし、その時一番自分の発展を邪魔するのはほかの誰でもない、
己自身でございます。今度は自分が自分に嫉妬するという
不思議な現象が起きてしまうのです。

それは自分が自分に嫉妬するといってもおかしいので
他人の言動を借りて己が己を蹴落とそうとします。
そういうのに負けないから輝くわけです。

 

ということで、こういった俳優と結婚したい女性の裏側にあるもの。
勝手に推測すると男に依存したい、男に黙ってついていきたい。
というのが見え隠れします。

マイペースで俺についてこいというやつに惹かれる女は
たいてい、自分というものを持っているように見えて回りに左右されがちです。
周り、特に旦那に左右されがちです。

解決策はいろんな人を見て自己判断していくこと。
そうすると今度は旦那の方が振り回される立場になっていくでしょう。
と、えらそうに書いたのですが、こういうところは作家のネタになりそうだな。

ああ、女って結局自立以上に依存と楽を求めているのかな。
もちろん大部分の女性がそうでしょう。それに女性だけでなく男だってそうです。
やっぱり嫁にしたい人は料理うまくて美人で優しくて俺についてこいと言ったら
ついていきますといってくれるタイプでしょう。

何かやらかした時は叱ってくれるかそれでいいんだよというか。
そこまではわかりません。

 

オバマとプーチン

 

で、今度はこれを海外に向けて目を移すとオバマ大統領とプーチン大統領がいます。
この二人も今対照的な存在として日本ではよき比較材料として見られていますが、
オバマは今やっていることは不法移民の選挙権を獲得するために企んでいるそうです。

一方プーチンはそういった者はNOと突きつけて、しかも顔を見ると怖さが一目瞭然です。
プーチンは典型的な俺についてこい、オバマはなあなあな人間として見られています。
大統領である前に一人の男として見る場合、女はどちらに惹かれるのでしょう。

オバマだったら女性の方が主導権を握る確率は高いでしょう。
ただこういう男性ほど弱いものには威張り散らす傾向ありますからね。

かといってプーチンもその傾向がないとは言えません。
書いていてだんだんと訳が分からなくなってきましたが、
今ここで活躍している人、失望させられている人たちの裏側を読み取る。

 

こういった読み取りは現代文の訓練でできます。
今現在ティラノスクリプト制作中ですが、
現代文の評論や小説を解くような感覚で、ちょっと裏側にある文章を読んでみると
そこからあなた自身にとって大切なことに気が付き、そこに向かって突き進んでいくと私は思っています。

 

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket