Pocket

おはよう、しゃしゃ。
東京新聞記者の望月衣塑子さんツイッターが、
ネットまとめサイトで盛り上がっていた。

エボラ出血熱(MERS)を火星(MARS)と書き間違えている

多くの人は突っ込んだ。
「エボラ出血熱はMERSでなくEVD、MERSは中東呼吸器症候群だよ」
私は別な視点から「大丈夫か」と思ったよ。

 

中黒・をどう解釈した?

資料

資料文:人獣共通感染症(エボラ出血熱・MARS等)の発生、国境を越えた流行

望月記者は「エボラ出血熱、すなわちMARS」等しい関係で扱った。
私は「エボラ出血熱MARS等」並立(and)と受け取った。

「・(ナカグロ)」をどう解釈したか?
調べると「関連する言葉を区切る」ために使うよ。

その後、彼女は訂正したけれど、中黒を「等しい関係」考えている。

符号は日本語文法で習わない。
自分で調べたり、人さまの使い方を見たりで、
「ああ、こうやって使うのか」知る。

参照:表記符号の使い方

資料:獣医師養成系大学・学部の新設について

 

はじめからある思い込み

なぜ彼女はエボラ出血熱=MERSと間違えたのか?
ツイートする前に調べていれば、恥をかかずに済んだのではないか?

ツイートの主目的は「加戸前知事のスペルミスを発見した」だ。
主目的を目を向けすぎて、些細なミスに気づかなかった。

「つぶやきたい主張」が強すぎると、他は気にしない。
私も急いでツイートするとき、よく漢字変換の間違いをするからね。

 

言葉に対する思い込み

員スタストーリー

※ インスタで上げているイラスト。ストーリーを付けると、いいねをたくさんもらった。

日本に生まれると基本、日本語を自由に扱える。
英語をしゃべる国に生まれると、英語を使いこなせる。

日本に生まれて英語を使うと、難しく感じる。
だからこそ「盲点」がある。

相手の主張を聞き取れても、真意をくみ取るとは限らない
自分が書いた文書は相手に「正しく」通じて当たり前でない

読解力と相手へ主張を正しく伝える能力は、
ともに毎日鍛えていかねば身につかぬ。

言葉は相手の感情に影響を与え、
ビジネスでは成約・契約につながる重要な道具だ。

「知らない間に扱えている道具」ほど振り返ると、
「あれ、全然うまく使えていないじゃないか」驚くんだ。

 

読解力を付けないとだまされる

読解力があるかないかのテストに「詐欺メール」がある。
例えばしゃしゃがえっちいサイトを見ていたとする。

翌日、警察?からメールが届いた。

「あなたは昨日、いかがわしいサイトを見ていましたね。
そこからあなたの個人情報がすべて洩れました。
個人情報:ネットバンクやブログのログイン・パスワードも含みます。
防ぎたければ、こちらのメールを返信してください」

読解力のない人はそのまま信じるが、ある人は「一度疑って」文章を読む。

「疑う力」を身に着けている人は読解力がある。

「いかがわしいサイトを確かに見ていたが、どうやって個人情報が洩れるのか?」
「警察って親切にこんなメールを送るのかな?」

「やばいなあ、自分はすぐメールを開くかもしれない。
どうしたら読解力を付けられるのだろう?」

思ったら、現代文の勉強をもう一度やろう。
受験に関係なく現代文の勉強をすれば、疑問を付ける力がわくよ。
(もちろん、すぐにつくわけでない、日々の勉強で自然とつく)

記事:現代文読解は社会に出ても役に立つ

 

文章をもう一度鍛え直したい

「新聞記者のようなプロですら、文法・論理を間違える。
自分はなるべくこういうの防ぎたいなあ~どうしたらいい?」

文章は社会に出たら、業種に関わらずもう一度勉強すべきだ。
今まで使っていた言葉を「いい加減」から、
「単語や文法を意識して」使いこなすレベルへ変えねばならぬ

大学生までは「いい加減」で通用しても、
社会に出ると契約や人付き合いに影響を与える。

裏を返すと、意識して言葉を使えば、
契約や人付き合いにおいて、良い流れを作れる。

文章の鍛え方についてはこちらを読んでほしい。

記事:文章を書くとき、なんでも「〇〇」で済ませるな

 

相手をどう見るか?

人付き合いは「相手への気遣い」がポイントだ。
相手を見下す態度をとると、必ずどこかでぼろを出し、
「下っ端」と扱う連中から見下される。

相手への気遣いはネットでも同じ。
特に「自分と相手は違う」考えないと、足元をすくわれるよ。

普段から人さまをどう見ているか?
姿勢はそのままネットに現れるので気を付けてね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約 powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket