Pocket

初日の出

おはよう、しゃしゃ。
新年あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ところで、あけましておめでとうございますという言葉に対し、
「どこが明けましておめでとうだ、ちっともめでたくない!」
書いているコメントをちらほら見かけたんだ。

トルコではサンタクロースに扮したテロリストが、
深夜のナイトクラブを襲撃した。

「おめでたいこと」に対して、
「おめでとう」と言えない状況に対し、思ったことを述べる。

 

おめでとうは願掛け

私は「おめでたい」ことならすべて祝うべきだとは思っていない。
だから「あけましておめでとうはちっともおめでたくない」
という意見もありだ。

何しろ「おめでたい」ものの中には
「プロパガンダ」という名目で人を一定思想へ植え付ける効果がある。
見た目は「独立を勝ち取った、主権を回復した

でも裏を見ると「戦争に勝った、勝利を収めた」が隠れている。
日本は「戦争に負けた」日を記念日にしているね。

でも、私はおめでたい日なら「乗っかる」べきと考えている。

おめでたいと人が言っているなら、
「おめでたい」と自分も言葉に出せば、
脳みそが勝手に「おめでたい」理由を探す。

おめでたくないと考えている事柄についても、
「おめでたい、ピンチが続いておめでたい。
だってチャンスがこれでもかとあふれているんだもの」
といえば、何かしらのチャンスを意識するよ。

だから、おめでたい日におめでたくないという言葉より、m
「おめでたい」といって、来年の自分が喜ぶことを、
次々とやったほうがいいんじゃないかと思ったよ。

今年もよろしくお願いします。

 

おまけ:2017年はどうなっていくのだろう?

記事:地政学や世界政経を学ぶ理由って、2016年は日本が荒れるから

2016年の正月に書いた記事を読み直しています。

予想?通り、荒れましたね。
武力による戦争は私の耳に入っていませんが、
情報やあと一歩で大きな争いになる出来事は耳に入っています。

日本では災害レベルも上がっており、
地震や火事といった「内側からの攻撃」がやってきました。

2017年の日本も新たな局面へ差し掛かる。

世の中は「楽しい・面白い」ほうへ流れ
つまらない方には向かわない。

楽しい・面白いは必ずしも私たちが想定する面白さでなく、
ピンチも多いがチャンスもある「ギャンブル」だ。

しゃしゃにとって、今「ピンチ」と思うものはすべて、
裏を返すと「しゃしゃの価値観を変えるチャンス」へ変わる。

価値観が変わる自分を拒んではならぬ。
むしろ受け入れたうえで、改めて今までの世界を見ていく。
すると、何かを得ると思うよ。

 

2017年における私の課題

2016年を振り返ると、
「人が何を欲しているか」が大体わかってきた。
その考えに沿って仕事をすれば、
当たるときもあれば外れるときもあった。

2017年における私の目標は「編集力をつける」
編集力とは何か。

私が書いた文章を改めて読み直し、
「狙った通り」に編集して、読者の悩みに答えられるサイトへ変える。

クリエイターが作ったものを多くの人へ「わかりやすく」伝え、
「欲しい」と思ってもらうために編集する力。

小説家になろうやイラストを描いている時、
クリエイターの発想より「相手が求める情報」を提供する、
編集する力が必要と感じたよ。

今年もいろいろなことができればよいなあ。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket