Pocket

おはよう、しゃしゃ。さっき母親が面白い話をしてくれた。

母親の近所に母より10歳ほど年上のおばあさんがいる。
彼女は夫に先立たれ、一人暮らしだ。
そこに定期的に女性がやってくるんだけど……

なんとその女性、おばあさんの息子の元嫁、すなわち離婚した奥様なんだ。

びっくりしない?
本来は「関係ない」はずの奥様が彼女の様子をみているんだ。
ちょっと裏があってねえ。

 

離婚原因は障害

おばあさんの息子と嫁さんはある事情で離婚した。
息子さんが障害を持っているという事実が明らかになり、
まともに夫婦生活が送れなくなったとのことだ。

それで離婚せざるを得なかった。
離婚後、奥様はおばあさんの娘でもないので、赤の他人だ。
しかし赤の他人にもかかわらず、奥様はおばあさんの様子をうかがっている。

なぜそんなことをするのだろう?
私の母が次のように分析していた。

「そのおばあさんは嫁いびりを決してしなかった。
情けは人の為ならずとはまさにこのこと」

 

情けは人の為ならず

makoaka
※ 赤ちゃんとまこ | ねこぷち [pixiv]

「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、
親切にしておこうね」
これが情けは人の為ならずという意味だ。

人のためにならないから情けなんてかけてはいけない。
という意味ではない。

まあ、情けをあだで返す人間も中に入るんだけど……
あだで返した人間はほかの人がきちんと見ている。
結果として、あだで返した人間は後に大きな代償を支払うことになる。

恐ろしいのは「今」代償を支払うのでなく、
「いざ」というとき、「その人が弱った」ときにやってくるんだ。

老人が基本、一人暮らしで寂しいまま人生を終える理由も、
弱っていないときに普段から何をしていたか?
特に嫁いびりばかりしていると、心底嫌われる。

私の知り合いのおばあさんは嫁いびりをしていたせいで、
とうとう家庭から追い出されてしまった。

人間、後で支払う人生の代償は「今」やってこない。
「弱ったとき・いざというとき」にやってくる。
だからこそ、情けは人の為ならずを心に抱えておくべきだ。

 

結びに:情けは自分のためにあり

世の中は自分がどんな行為を行ったのか、きちんと跳ね返ってくるという事実をつかんだ。
必ず自分の行為は跳ね返る。

だからこそ、自分を律して生きてほしいな。しゃしゃならできる。確信持っていうよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約 powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket