万年筆とメモ

ども、しゃしゃ。勉強するとき、どんなペンを使っている?
私は万年筆だ。ペンの費用は7000円ほどでインクは月額400円。

決して安い買い物ではない。でも一度使うと絶対にやめられない。
ボールペンや鉛筆に切り替えにくくなる(例外はデッサン、シャープペンを使う)

検索を通して私のサイトに訪れる際、
「万年筆 もうボールペンが使えない」という言葉に吹いた。

わかるよその気持ち。

私が10年以上、パイロットから出ているカスタム74を使って、
今でも愛用している感想を述べるよ。

 

勉強中毒になれる

勉強ペンギン
勉強ペンギン | S [pixiv]

万年筆は高価なものほど手になじみ、全く疲れない。
勉強する際、手の疲れも重要になる。

気づいたことを紙に書きとる際、手が疲れると『休みたい』気持ちが先に働いてしまう。
結果、内容を忘れてしまうんだ。

万年筆はランナーズ・ハイと同じようにライターズ・ハイになる。
書いても止まらない状態になりやすい。
だから思ったことをすぐに紙に書きとり、客観視できるわけ。

大人になってアイディアが人生を分ける状態になると、
疲れが出るかどうかは運命を分ける要素だと私は考えている。

しゃしゃはどうだい?

 

コピー用紙を使い、アウトプット

ノートはA4などのコピー用紙に書くといいね。白紙だと何を書いても自由だし。

勉強する際、1週間おきに自分が学んだ項目を書いていくんだ。
白紙にどんどんキーワードを書き込み、説明していく。

書いているうちにわからない項目が出てくると思う。
「?」をつけて放置し、どんどん書いていくんだ。

「もうなにも浮かんでこないや……」
思ったら筆を止めて、書き込んだメモを振り返ってみよう。

「?」とつけた部分やうまく説明できない箇所は、
今度の勉強において課題となるから、補強しておいたほうがいいよ。

一枚のメモ用紙から記憶に残っている項目をどんどん書き込む行為は、
改訂版 E判定からの大逆転勉強法(高校学参)から学んだ。

アウトプットを通して自分の弱点もわかるため、逃げずに立ち向かってほしい。

 

万年筆に宿る力

万年筆は一生の付き合いと考えるなら、安いものを選んではいけない。

安いものは手になじみにくいんだ。
高いものを購入すると、手になじんでいくのがわかる。
「高い万年筆を購入した」という気持ちも働いているのだろう。

私は高価な万年筆を購入した後、1000円ほどの万年筆も購入した。
すると使いにくいんだ。筆は細いしきちんとインクが紙ににじまないし……

値段が高い理由はあるんだなと気づかされた。
購入して1か月ほど使い続けると、理解できると思いますよ。

 

結びに:書くって気持ちいい

高価な万年筆を購入し、使うことで得る感想だと思う。
しゃしゃが使ってみたいなあと思ったら、手にするといいよ。

ただし、安物は絶対にダメ。高価なものがいい(最低5000円以上)
紛失や壊れない限り、一生付き合う相棒になるからね。

私はパイロットカスタム74を愛用しているけれど、
ほかの種類を探すなら、以下のサイトでペンを探してみるといいよ。

万年筆を探す:ペンを大切にする人に選ばれる『大人のロールペンケース』

一部の万年筆は扱っていないのだけど、アマゾンよりも安いよ。
いろんな万年筆があるから見てごらん。じゃあまたね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket