LINEで送る
Pocket

先日、私より10歳年上の女性と、お話をしました。
ある講演会に行った帰り、私が講演者の感想を述べたところ、

「よく観ているねえ、感性豊かなのねえ~」
と、褒められました。

褒められる。これは何を意味するのでしょう。

 

天命

神社

人から褒められた部分は天から与えられた才能。
私は確信持って主張します。

褒められた部分を出し惜しみせず、使うことによって、
「なぜこの人はここまで観ることができるの?」
「なぜ彼はここまで深く描けるの?」
「どうして彼女は○○がとても上手なの?」

と、必ず誰かの発展に役立ちます。
裏返すと、悩んでいる人がいるということ。

悩む人に対し、解決策を提供することで、対価を頂く。
これは商売の基本です。
商売は価値のあるもの同士を交換します。

相手がお金や人脈だとすると、
自分は褒められた部分がもたらす解決策になります。

そして、解決策はあなただからこそできる部分であり、
生まれたときからすでに持っていた才能。

才能って英語で言うとギフト。
Giftは与えられたものという意味を持ちますね。
(Giveの名詞系がGift)

対価を得て、より発展していくために、
褒められた部分は徹底的に伸ばしていくべきです。

 

なぜ褒められる?

笑顔の姪っ子

まず、あなたが他人を褒めるときはどんな時でしょう。
私なら感心したときす。
(褒めるを調べると、よくやったことに対し、たたえると書いています)

反対に、相手にとって感心したことがあると、褒めます。
褒める心理としてあげられるのがこちら。

 

1 「へえ、この子いつの間に……」

自分が気づかない間、相手が成長している場合に使います。
知り合いの子(6歳)は知らないところで、色々知識を吸収し、ひけらかします。
そのたびに「すごいねえ、どこで覚えてきたの」
と言って、子供をほめます。

すると、彼は( ̄ー ̄)ニヤリとしながら、色々教えてくれるのです。
(ほとんど、私が知っていることでも、
初めて聞いたこととして、どんどん彼に尋ねると、
相手はどんどんしゃべってくれるようになりますよ)

 

2 「自分にないものをもっているなあ」

人間、得手不得手があります。
絵をあまり描いたことがない人にとって、
芸術家の絵を見ると、「すごい」と感心してしまうのです。

反対に芸術家は彼の特技を見ると
「俺にはできん、すごいわ」となるでしょう。

これはチャンス。
確かに「そんなの大したことないだろ」「へたくそ」という人がいます。
でも、同時に「すごい」と言ってくれる人もいるのです。

あなたがどっちに焦点を合わせるか。
(なお、私はへたくそといわれると、その人に認められるまで
頑張ってしまうタイプです。
もちろん、すごいと言ってくれる方がうれしいんですけれどね……)

あなたはどうでしょう?

 

どうすればいいの?

は?

私自身を例にとりますと、私は感性がほめられました。

「よく観ているねえ」
「賢ちゃんって感性が豊かなんだね」

(その後、欠点もいろいろ言われました。゚(゚^Д^゚)゚。)

ここで、二つのキーワードが出ます。
「感性が豊か」
「よく観る」

まずは褒められた部分をきちんと押さえます

次に、「自分の感性をどう社会に貢献していくか」問いかけます

「誰のために貢献したいか」でもいいでしょう
(むしろこっちの方がいいかも)

絶対、口に出しつつ、紙に書くようにしてくださいね。
でないと、ぶれてしまい、褒められた部分がいつの間にか、
どーでもいいことになってしまうので。

きちんと声にだし、紙に書くことで、身近な対策が浮かんできます。

例えば今、こうして記事としてあなたにお伝えする。
私自身、社会に貢献するために何ができるか?
それを考えた結果です。

他に、作品を書いてそこに「感性が豊かになるテクニックやコツ」を入れる。
更に人とお会いして、感じたことを正直に伝える。
やっていることは、自分が褒められた部分をただ、出し惜しみせずに使っているだけです。

それが一番人の役に立つので、まずは褒められた部分に対し、
どうやって社会貢献していきたいか。
自分に問いかけてみるように。

 

終わりに

始めの部分でお話しましたが、
私は周りから褒められたことを、必死に否定していました。
恥ずかしいし、そんなことで褒められていいの?
そう感じたからです。

しかし、否定して得たものは地獄でした。
多くの人に損害と迷惑を与え、いいことなんてほとんどありません。
だから、褒められた部分は素直に受け入れ、伸ばしていきましょう。

私自身、それをすると、気分がうきうきになって、
もっとそこについて追及したくなってしまうので^^

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

LINEで送る
Pocket