集会で騒いだ後に『共産党に騙された』って、人のせいにしないの

共産党

おはようございます、しゃしゃ。
今日、朝こんなニュースがありました。

無邪気に顔晒して反政府運動してる子達がこれから体験すること。 
公務員はじめとする政府系機関やまともに身辺調査する企業へ
絶対入社できない

誰かが述べたツイートに対し、
デモに参加している学生が焦っているとのこと。

公安のブラックリストに乗るからです。
日本は監視社会でもあり、
その時点ですでにどこかのリストに乗っています。

たとえ違っていても、生きる上ではある程度監視されることも必要です。
なんでも自由にやらせたら、歯止めが効かなくなり、暴走する恐れがあります。
ある程度監視することで、やっていい分野といけないものがわかるようになる。

監視をやり過ぎると、人間壊れます。中庸が良いわけです。

 

ところで、デモに参加する学生が果たして、就職試験やその後の将来について、
不安定な立場に置かれるのだろうか? これは会社によると思っています。

雇う側としては、戦略もわからずに「あれが気に入らない」「これがダメだ」
といって、デモされたら嫌だから、慎重になります。
これは自分が人を雇う立場になったらわかると思います。

どんなに表面で綺麗事を述べても、
人間は私やしゃしゃを含め、何を考えているかわかりません。
思想だってあることがきっかけで簡単に変わるし、
行動だって焦るようなことがあれば、簡単に危ないことをします。

 

知恵袋において、共産党関連を調べてみました。
まず、共産党はインテリが多いとのこと。
インテリで現実をわかっているようで苦労を知らない。

次に共産党に惹かれる若者が多い理由。
理想が大いに詰まっているからです。
みんな平等、不公平がなく平和を積極的に歩んでいく。

現実はどうだ。不平等だし、平和どころか戦争じゃないか。
現実の先にある裏側を知ると、共産主義から自然と離れて行きます。

裏を知ると、強欲なことを考えている人たちに
飲み込まれてしまい、自分がなくなってしまうからです。

私から見る日本共産党は
「何を言っているのか訳がわからない」部分があります。

志井さん
※ 共産党代表の志位さん

例えば、5月に開かれた労働者の決起集会。
そこで代表の志位さんがスピーチを行ったのです。
彼は労働者に対する改善を述べたのでなく

「今の憲法じゃ危ない」

と、労働者へ対する気配りを述べていなかったこと。
「え、憲法反対集会だったの?」突っ込んでしまいました。

また、外国特派員に向けた記者会見でも、
アメリカの記者から問われた「現実」に対して、
あたふたする様子があったんですよね。

理想を語るのは良いことなんです。
ただ、現実もきちんと踏まえて語れば良いんじゃないかと。

彼は話し合いで外交を解決するそうです。
民主党時代がまさにそうでしたよね。
結果は相手側の言いなりになっただけ……

世界は共産党の考えと反対で、
ドロドロしているんだよな。

デモに参加するならしても良いですが、
した後に生じることはきちんと責任を持ちましょう。
 

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

未分類

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。