東海道新幹線放火から見る、「なぜ人を巻き込むの?」

東海道の自殺

こんにちは、しゃしゃ(あなた)。

東海道新幹線の社内において、71歳の林崎春生容疑者が自殺を図りました。
彼は放火をする前に「お前たち逃げろ」と言って、火を放った。
結果、巻き添えを食らって死んだ人や、
大怪我を負うという状態になったのです。

私は一つ疑問が浮かびます。何かってね、
「なぜ、無関係の人を巻き込んで死のうとするのか」

私自身を内観してみると、思い当たることが一つあります。

うつ状態は無差別に逆恨み感情を持ちやすくなるのです。
男性は何が原因で自殺したのか、わかっていません。
ただ、将来への不安が原因だとしたら、
逆恨みは十分考えられます。

逆恨み、自分よりも少し明るく振舞っている人に対し、
「なんであいつはずるいんだ(*`Д´*)」
感情が押し寄せてくるのです。

こいつはそう簡単に離れてくれません。
たえず自分自身に語りかけ、自分の情けなさを確認すると同時に、
他者への嫉妬や逆恨み感情を増幅させるのです。

これは実際、人生で大きく躓かないとわからないかも知れません。
しゃしゃはどうですか?

一度それを味わうと、絶えず自分が自分を攻める状態になります。
詳しくはこちらの本に書かれていますので、
ぜひ読んでみてください。

hitorisann 地球が天国になる話 [CD2枚付]

彼は死ぬ前、なぜ新幹線で死んだのか。
空想だと思って此処から先はお読みください。

彼は新幹線に何らかの思い入れが合った。
新幹線に乗ってぼーっと過ごすのが趣味、ストレス解放だった。

のぞみ225号に乗った理由も考えてみましょうか。
のぞみ225号の歴史を見ていきますと、

1992年、JR東海の社内で仮称「スーパーひかり」の本採用を回避すべく、
別の名称を用意したものである。
希望を大和言葉で表したものが「のぞみ」になった。

これだけなので、のぞみじゃなくても良かったのかな?
別のブログ記事などを読むと、東海道新幹線は日本の大動脈。
そこでの火災事故事件は史上始めてとのこと

彼は死ぬ前、自分が歴史に名を刻む行為として、
ここで死を選んだのでしょう。
それが不名誉なことだったとしても。

だから、犯人はなにか目立ちたい夢を持っていた。
でもそれが叶わず絶望し、死のうと決意した。
そこでいろいろ調べ、東海道新幹線で死者は出ていない。
ここで死ぬことを決定した……。

犯人の死ぬ動機は私の妄想です。
ここをより掘り下げて言えること。

自分が目立つためなら周りのことを考える暇がない。
気をつけてくださいね。

正しく目立っていくには自分が与えられている課題を知り、
羞恥心を乗り越え、勇気を持って立ち向かっていかねばなりません。
羞恥心を乗り越えられなかった場合、

逆恨みする確率が高くなります、。
本当にこうならないよう、気をつけてください。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

未分類

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。